東京 都 感染 防止 協力 金。 <更新>12/18受付開始予定。東京都、営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金をQ&Aにまとめました(11/28~12/17実施分)

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(第1123報)|東京都

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)に規定する一般 社団法人又は一般財団法人であって、常時使用する従業員の数が 1. ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを利用者が見やすい場所に掲示していただくことが必要です。 封筒に、「東京都感染拡大防止協力金(第2回)申請書類在中」と明記してください。 特定非営利活動法人(NPO法人)• また、持参の場合は、封筒に「東京都感染拡大防止協力金申請書類在中」と明記の上、最寄りの都税事務所・支所庁舎内に設置されている専用ボックスに投函しましょう。 専門家に書類確認をしてもらうほうがスムーズ 感染拡大防止協力金の申請は、税理士などの専門家が申請要件を満たしているか、事前の書類チェックをすることにより、スムーズな申請や支給を目指しています。 令和2年11月28日(土)から12月17日(木)までの間、特別区及び多摩地域の各市町村の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店に対し営業時間短縮を要請• 申請には、これまでの東京都の感染拡大防止協力金に提出した書類と同じ添付書類が必要ですか? これまでの東京都の感染拡大防止協力金で支給決定された店舗と本協力金で申請する店舗が同じであり、支給決定通知をお持ちの場合は、提出書類を簡素化できます。 この一覧表を見て 「うちのお店の業種は『対象外』と記載されているため、支給対象外だ!」と判断されている方が多くいらっしゃる印象です。

>

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1072報)|東京都

ご提出いただく書類は、次のとおりです。 東京都23区内または多摩地域の各市区町村に事業所を有する(島しょ部は対象外)• ただし交通費や郵送料などの実費は除きます。 また、より幅広い方々の参考となるよう、公開情報以外に、関係者へのヒヤリング等に基づく記載も行っておりますが、申請手続を行う際には、直接ご自身にて関連機関への詳細確認をお願いいたします。 (2) 未実施の対策がある場合は、追加で実施をお願いします。 今回は5回目となります。 この場合に限り、営業時間に制限はありません(夜間時間帯も営業することが可能です)。 提出方法は、WEBを通じた申請と郵送または都税事務所への持参• 令和2年11月28日からの営業時間短縮の要請に全面的にご協力いただいた中小企業・個人事業主等が対象となります。

>

9月の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金のご案内(23区内)

なお、対面での書類提出はできません。 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(8月実施分・9月実施分)で支給決定された店舗については、提出書類を簡素化する予定 6 その他 上記の他、実施に係る概要については、別紙をご覧ください。 宛先は次の通りです。 要請の開始日(令和2年9月1日)より前から営業活動を行っていることがわかる書類 ( 次の(1)及び(2)の書類が全て必要となります。 html 趣旨 5月7日から5月25日までの緊急事態措置期間において、都の要請等に応じ、施設等の休業等に全面的に協力いただける中小企業、個人事業主及びNPO法人等に支給します。 酒類を提供する場合は、営業時間を5時~22時までの間とするか、終日休業とすると対象となり得る。

>

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

【今回初めて申請する方】• 本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、保険証等)• 顧問税理士や公認会計士など、これまでに指導や相談をしている専門家がいれば依頼するとよいでしょう。 全面的な協力とは、11月28日から12月17日までの間、要請に応じて営業時間の短縮を行っていただくことが必要です。 令和2年6月17日 14時00分 令和2年5月19日に実施概要を発表した「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」について、受付を開始しますで、下記のとおり、お知らせいたします。 対象事業に該当する方はひとつひとつ取りこぼしのないよう、準備してみてください。 今回初めて申請する方など、上記以外の場合は、以下の書類を想定しています。

>

(第1072報)「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都防災ホームページ

なお、対面での受付・説明はございません。 休業等の状況が分かる書類(休業を告知するポスターやチラシ、ホームぺージ等) 申請方法は3種類から選択可能 感染拡大防止協力金の申請書類は、オンライン提出か郵送、持参の3種類の提出方法から選択できます。 対象となる専門家は下記の通りです。 2.第5弾の対象者、金額、必要書類など (1)対象者 東京都からの営業時間短縮要請に対して、 11月28日~12月17日の全期間、要請に応じている事業者です。 ご協力いただいた事業者の紹介 申請いただいた事業者として、店舗名(屋号)を都のホームページ等でご紹介させていただきます。 感染防止徹底宣言ステッカーを店舗に掲示している写真• 提出方法は、WEBを通じた申請と郵送または都税事務所への持参• 令和2年11月25日 17時00分 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間の短縮要請が行われることに伴い、要請に全面的にご協力いただける中小の飲食事業者等に対し、下記のとおり協力金を支給いたします。 jp」からのメールを受け取れるよう設定していただき、マイページログイン画面のパスワード再発行のリンクから、パスワードを発行してください。

>

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

また、ポータルサイトの開設時期や申請受付期間、申請方法等は決定次第、都ホームページにて公表する予定です 問い合わせ 東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センターにて、対応いたします。 ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを利用者が見やすい場所に掲示していただくことが必要です。 また、最寄りの都税事務所・支所および、都内区市町村など関係機関でも配布されています。 東京都感染防止協力金申請書兼事前確認書 休業や短縮状況を記入• 業種にかかる営業に必要な許可等をすべて取得していることが分かる書類の写し(飲食店営業許可、酒類販売業免許等)• 朝5時から夜22時までの間に営業時間を短縮していただく必要があります。 (3) 全ての感染防止対策が実施できたら、申請フォームから「感染防止徹底宣言ステッカー」をオンラインで取得してください。

>