服薬 情報 提供 料 2。 服薬情報等提供料

服薬情報等提供料の算定要件と点数|タイミングや様式、電話の可否、同意取得とかかりつけの可否など

薬総管理料の場合、その医療機関で処方された内服薬が2種類以上減少していることが必要で、その状態が4週間以上継続すると「見込まれた場合」に算定します。 この場合は在宅同様、交通費は患者負担とします。 そこで、今回は服薬情報等提供料のポイントを簡単にと整理したいと思います。 )に代わって連携する他の薬局(以下「在宅協力薬局」という。 電話での問い合わせについては以下の記事で詳しく確認しているので参照してください。 詳細は別の記事でまとめています。

>

吸入薬指導加算の算定要件|ヤクタマ

疑義照会に時間がかかり患者さんがお急ぎだった こういった理由も薬歴に残しておくのが無難です。 この算定には次に示す場合が含まれる。 入院前の服用薬• 検査値の報告 医師が知らない検査値を報告するのもよいでしょう。 Q155 服薬情報等提供料2のうち,患者や家族からの求めに応じて情報提供した場合,次回の処方箋受付時に算定することになっていますが,この「次回」とは,同一保険医療機関で交付された処方箋の受付時という意味でしょうか。 これには、保険薬局において患者の服用薬の残薬を確認し、処方箋を発行した保険医療機関に対して情報提供を行った場合が含まれる。

>

服薬情報等提供料

区分番号13の2に掲げるかかりつけ薬剤師指導料、区分番号13の3に掲げるかかりつけ薬剤師包括管理料又は区分番号15に掲げる在宅患者訪問薬剤管理指導料を算定している患者については、算定しない。 かいつまんで読むのもいいけど、勉強のためには普段は読まないジャンルの記事を率先して読むといいです。 患者又はその家族等の求めがあった場合、患者の同意を得て、次に掲げる情報等の内容について、患者又はその家族等に対して速やかに提供等し、当該情報に関する患者の状態等の確認及び必要な指導を次回以降の来局時に行った場合。 そのためどんどん薬が増えてしまって不必要な薬を飲んでしまっていることがあります。 【医師への情報提供内容】 セルベックスのようなカプセル剤は服用しにくいと悩まれているようです。

>

服薬情報等提供書(トレーシングレポート)で報告できる具体例

2 当該加算に係る指導は以下のア又はイの場合に、患者の同意を得て行うものであること。 服薬情報提供書のテンプレートのダウンロード 病院にFAXもしくは来局もしくは持参します。 新たな副作用情報等を情報提供 製薬会社から新たな副作用や相互作用、もしくは薬の自主回収連絡などが届くことはよくあると思います。 ア 保険薬局において患者の服用薬の残薬を確認し、処方せんを発行した保険医療機関に対して情報提供を行った場合 イ 「区分番号00」の調剤基本料の「注8」に掲げる分割調剤において、2回目以降の調剤時に患者の服薬状況、服薬期間中の体調の変化等について確認し、処方医に対して情報提供を行った場合 ウ 保険医療機関からの求めに応じ、入院前の患者の服用薬について確認し、依頼元の医療機関に情報提供した場合 5 2 のアの(ハ)については、処方せんの記入上の疑義照会等では算定できない。 その理由として、かかりつけ薬剤師業務の中に「調剤後も患者の服薬状況の把握、指導等を行い、その内容を、薬剤を処方した保険医に情報提供し、必要に応じて処方提案すること。 患者さんからの自覚症状を聴取して、『』と照らし合わせてください。

>

吸入薬指導加算の算定要件|ヤクタマ

薬を減らそうとする患者と医師の2つの壁を超えないといけないので、算定することがかなり難しいです。 ちなみに提供文書の様式としては、厚生労働省HPにアップされている(pdf直リンク)もしくはそれに準ずるもの、とされています。 当該患者の服用薬及び服薬状況• 副作用の報告• どちらも情報提供を評価するものですが冒頭が違いますね。 なお、保険医療機関への情報提供については、服薬状況等を示す情報を文書により提供した場合に月1回に限り算定する。 それぞれの算定内容をしっかり理解して、ノルマ達成を目指しましょう。 病院は薬局と連携するととれる点数というのがあるので、こんご薬局に情報提供をもとめることは増えてくるかもしれません。

>

服薬情報等提供料を算定しよう!【地域支援体制加算の要件】

6 4 のウについては、処方箋の記入上の疑義照会等では算定できない。 めちゃくちゃオススメです。 服薬情報等提供料2 20点 患者又はその家族等の求めがあった場合又は薬剤師がその必要性を認めた場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等、又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。 100㎎錠の2錠を200㎎錠1錠にして錠数を減らす• 地域支援体制加算の算定要件でもある 調剤基本料1を算定できていない薬局が追加で満たすべき基準の1つに 『服薬情報等提供料の算定回数 年間60回以上』という要件があります。 これらの内容等については 薬剤服用歴に記録すること。

>

服用情報提供料を算定する(地域支援体制加算取得のために)

地域支援体制加算を算定することは容易ではありません。 署名または記名押印を要する文書については自筆の署名(電子的は署名を含む)がある場合には「印」は不要である。 これには、次に掲げる場合が含まれる。 しかし、重複防止加算を算定する際、疑義紹介すれば料金が発生することをわざわざ患者さんに伝えている薬剤師がどれだけいるでしょうか? 算定してもしなくてもよいハイリスク加算をDo処方でもベタどりしてませんか? 情報提供してよいかの同意はしっかりとる。 服薬途中の体調変化や副作用などは、医師が薬を処方するときにとても役立つ情報です。 なお、患者の自覚症状の分析に当たっては、「重篤副作用疾患別対応マニュアル」(厚生労働省)等を参考とすることが望ましい。

>

服薬情報等提供料

審査支払機関は保険者にレセプトを送り、内容が確認されます。 情報提供した内容と薬剤の名称• 2 服薬情報等提供料2 20点 注1) 1については、保険医療機関の求めがあった場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も当該患者の服用薬の情報等に ついて把握し、保険医療機関に必要な情報を文書により提供等した場合に月1回 に限り算定する。 「調剤報酬点数表に関する事項」の記載をもう一度掲げます。 調剤料は、調剤する手技に対する報酬です。 答 かかりつけ薬剤師指導料等を算定している月であれば、服薬情報等提供料に相当する業務も当該指導料等の中で行うことになるので、服薬情報等提供料は算定できない その他注意• なので、消化剤や便秘の薬が提案しやすいかなと思います。 より詳しい情報はポータルサイトでも 今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。 これらの内容等については薬剤服用歴に記録すること。

>