羽賀 ソウケン。 回復術士のやり直し(2) 角川Cエース/羽賀ソウケン(著者),月夜涙,しおこんぶ :0019117852:ブックオフ ヤフーショッピング店

回復術士のやり直し(2) 角川Cエース/羽賀ソウケン(著者),月夜涙,しおこんぶ :0019117852:ブックオフ ヤフーショッピング店

クラスは魔術師。 ケヤルが世界で最初に【回復】した相手。 2019年7月4日発売 、• 実はケヤルは、薬漬けの果てに【薬物耐性】というスキルを後天的に獲得したことによって正気を取り戻しており、フレアたちを出し抜いて「賢者の石」を手に入れるため、廃人のふりをしていたのである。 2018年9月1日発売 、• 製作 - 回復術士のやり直し製作委員会 主題歌 [ ] 「残酷な夢と眠れ」 によるオープニングテーマ。 また、割り振りをする際に能力を一定ラインより下げることはできない。 自然界の魔力を取り込み体を覆い防御できる。

>

【最新刊】回復術士のやり直し(7)

世界を【回復】させた直後は自身も記憶を失っていた が、わずかに残っていた記憶から星の精霊が降臨する湖に辿り着き、全てを見通す目・翡翠眼を手に入れた。 テレビ放送対象地域の出典:• あらすじ [ ] 裕福でない環境に生まれながらも穏やかな日々を送っていた少年・ケヤルは勇者に憧れるごく普通の少年だったが、ジオラル王国の第一王女にして【術】の勇者でもあるフレア・アールグランデ・ジオラルに【癒】の勇者である事実を明かされ、村の人たちに応援されて勇者の一人となり、輝かしい旅立ちを迎えた。 ただし種族表記が「人間(? 二周目の世界では、黒い力に魅入られたジオラル国王プロームによって黒い騎士にされてしまったが、その間際に自我を残す方法を見つける。 漫画版第7巻帯の表記より• ちなみにレベル上限突破(他)が使えるのは男の勇者のみである。 【回復】は文字通り対象の怪我や状態異常を回復させる能力。

>

回復術士のやり直し

第四章でグレンが登場した。 二周目でケヤルガに奪われる。 「一周目の復讐対象であっても、二周目で自分や自分の大切なものに危害を加えない限り手は出さない」という一定の線引きをしているが、物語が進むにつれ復讐行為自体に対するのような状態に陥り、「相手を挑発しわざと暴力や侮辱を受けることで復讐対象に仕立て上げる」「相手が元々滅ぼそうとしていた町にあえて友人を作る」などの本末転倒を引き起こしている。 トリスト・オルガン ジオラル王国内でも3本の指に入る実力者・三英傑の1人で【鷹眼】の二つ名を持つ壮年の男性。 「夢で世界を変えるなら」 によるエンディングテーマ。

>

回復術士のやり直し(2) 角川Cエース/羽賀ソウケン(著者),月夜涙,しおこんぶ :0019117852:ブックオフ ヤフーショッピング店

5メートルを超える体躯を誇る白い鷹のような姿。 グレンが持つ浄化の炎やそれを利用した攻撃ならば、再生することなく殺すことができる。 3DCG - 伴善徳• キャラクターデザイン -• 経験値を奪う場合、既にレベルアップに使用され肉体に馴染んだ分に対しては無効で、次のレベルアップのために蓄積されている分だけが対象となる。 【神装宝具】神砲タスラム ブレットが所持・使用している神装宝具。 フレアには信用されていたが、自身はフレアに対して行き過ぎた支配欲と独占欲を抱いており、彼女を組み伏せて強姦する妄想をしていた。 勇者の力を持つフレアに劣等感を抱いている一方で、フレアに認めてもらいたい一心で努力を重ね軍神と呼ばれるほどの頭脳を手に入れた。

>

回復術士のやり直し(2) 角川Cエース/羽賀ソウケン(著者),月夜涙,しおこんぶ :0019117852:ブックオフ ヤフーショッピング店

プロップデザイン - 宮豊• ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 2018年3月31日発売 、• ケヤルガのスパイとして王国に留まっていたが、ブレットから託された手紙と資料を手にケヤルガと合流。 2017年12月1日発売 、• また自らへ使用しようとしても、回復による肉体の変化から術にブレができ失敗してしまうが、熟練すればそのブレを計算に入れて術を使うことで成功させられる。 ケヤルはブレットを復讐対象であると同時に、その思慮深さから師でもあると見做している。 2018年10月24日閲覧。 一般的な魔術用の杖が得意属性と不得意属性を持つのに対し、ヴァナルガンドは全ての属性の魔法の威力・精度を向上させられる。

>

【最新刊】回復術士のやり直し(7)

金髪碧眼の引き締まった体を持つキザで派手好きな男装の麗人。 【改良】は対象を「ケヤルが望む形」に回復することで、自他の容姿や能力、記憶を自由に書き換える。 氷狼族の村では幼い頃は戦いの天才と称えられていたが、元々のレベル上限が7と致命的に低かったためすぐに同年代の子供に追いつかれ、落伍者の烙印を押されながらも訓練を繰り返していた。 亜人 人間のような肉体と獣の耳や尻尾、身体能力など獣の特徴を併せ持つ人種。 通常の自然治癒能力を活性化させる回復魔法では治せない四肢の欠損なども治せるが、完全な治療のために対象者の記憶や経験が全て頭に流れ込むという副作用があり、強靭な精神力が無ければ自我が崩壊してしまう。 血管の繋ぎ方をめちゃくちゃにしたり、細胞の分裂を強制的に引き起こして肉体が破裂するようにする、脊髄を切って相手を植物状態にするなどケヤルの必殺の一撃だが、改変する事象が大きいほど魔力の消耗が激しくなる。

>

回復術士のやり直し

その他、【模倣】で得た様々な技能を必要に応じて使い分ける。 自らの手で魔王を倒したケヤルは、賢者の石による世界征服を目論むフレアの真意に気付いており、彼女からの引き渡しの要求を拒否すると、自らの【回復】と賢者の石の両方の力を使って【時間逆行】を発動する。 ラピス 星兎族の族長の娘で魔王候補。 これを本人の口から自白させたうえで契約魔術を発動することで、契約魔術を発動した者は契約した者を意のままに操ることが可能になる。 その際、ジオラル王国から道具のように扱われていた一周目の記憶が蘇り、その知識を元に今度は自分の未来を奪った者達に復讐し、復讐を終えた後には幸せな未来を掴むべく行動を開始する。

>