万世 特攻 平和 祈念 館。 万世特攻平和祈念館|観光スポット|鹿児島県観光サイト/かごしまの旅

【戦後75年 施設アンケート】語り部の重要度増す 「万世特攻平和祈念館」

早川勉伍長(享年18歳) 荒木幸雄伍長(享年17歳) 千田孝正伍長(享年18歳) この撮影の翌日、万世飛行場から出撃しました。 ここ加世田市吹上浜の地に、戦勢転換の神機を期すべく地元民学徒ら軍民一致の協力によって、本土防衛沖縄決戦の基地萬世飛行場が建設された。 当時の軍の機密は厳重を極め、この営門には武装した衛兵が24時間立哨(りっしょう)の任務についていました。 観光列車・遊覧船など• 「知覧特攻平和館」は涙無しでは見られない。 館内には、吹上浜から引き上げられた日本に一機だけの「零式水上偵察機」や死を間近にした特攻隊員たちが肉親たちに残したメッセージや「血書」、遺品・遺影などが多数展示されている。 明日の死を覚悟しているとは思えない少年たちの笑顔です・・・。 ここで子犬と共に撮影された隊員たちと同じように、現在に伝えるものは何も残っていないそれぞれの物語が各地であったと思います。

>

万世特攻平和祈念館|鹿児島県観光サイト/かごしまの旅

彼らの最期はあまりにもはかないものでしたが、 短い生涯を一生懸命に生きぬいた彼らは遺骨のかわりに 現代を生きる我々に「生きた証」をたくさん遺してくださいました。 荒木少年が、宿舎から父親に宛てた最後のはがきがありました。 そんな、後輩の為に死んでいった特攻隊員は浮かばれない。 南洋の空に散った隊員たちの冥福と恒久平和を念じらずにはいられません。 そして、運命のいたずらとはこのことか、とてもすごい偶然が。 その他の乗り物• …とのコト。

>

【万世特攻平和祈念館】アクセス・営業時間・料金情報

急造のため、滑走路は短く、土を固めただけのものでした。 平成5年(1993年)に開館。 人もほとんどおらず、ほぼ貸し切り状態でゆっくり見れました。 当時17歳2ヶ月。 その時は、二階も見学者が多数おられて、私も初めて二階の展示も隅々まで観ることが出来ました。

>

心を清める万世特攻平和祈念館

自然・生物について学ぶ• 鹿児島の近代化産業遺産• 何も見れずに、ただ荒木君の所属していた{朗らか隊}の所だけを見て終わりました。 あどけない表情の少年たちの表情が印象的です。 知覧特攻平和会館と比べると展示物の数や来館者の数は とても少なかったですが、そのおかげでとてもゆっくりと 展示物を見ることができました。 それだけこの祈念館に来られる方がいなかったのかと。 厳しい検閲により、勇ましく書かれた隊員の方々の手紙や遺書の裏にあるものを感じていきたい。 昭和20年3月から燃料を集積、3月末から飛行第66戦隊が配置され、さらに同年4月初第6航空軍の作戦計画によって特別攻撃隊およびその掩護と防空の飛行第55戦隊も配置され特攻基地となり、沖縄作戦の最も熾烈を極めた7月下旬までに、ここ万世基地から飛行第66戦隊および特攻振武隊の諸隊、これを掩護する飛行第55戦隊の若き勇士が祖国護持の礎たらんと勇躍沖縄方面へ出撃し、南海の大空に散華したのであります。

>

知覧特攻平和館・万世特攻平和祈念館

万世飛行場だけで1ヶ月50名の特攻隊員が戻らなかった計算になるから、間際のまさしく玉砕。 「涙無しでは」と言われていたので、オレは緊張していたけど、のなどで散々見ている類のモノであったので、免疫が有り、自分でも意外なくらい、淡々と見て廻れた。 生きていることに感謝し、今後もしまねのアピールのために 全国を旅していこうと強く心に誓ったちびっこしまねっこと阿古姫。 。 第二国分基地• 観光農園・農林漁業体験• 現在は並木道の道路になっている。 旧万世陸軍航空基地の滑走路跡。 戦争は遠い昔・・・と忘れ去られないように、戦後生まれの 我々が戦争がいかに無意味なことだということを 後世に語りついでいく義務があります。

>

鹿児島県/万世特攻平和祈念館

鹿児島ならではといえば「白熊」。 そして、偵察のほか哨戒・連絡・攻撃・輸送さらには救難にまで利用され、水上機ならではの多用途機としての役割を果たし、太平洋戦争中の全期を通じて日本海軍作戦地域の全域にわたり活躍した。 そもそも、どんな戦争も、頭脳もしくは技術的に「優秀」な人は、早目に戦死するので、戦後は腰抜けか、カスしか残らない。 ここに展示してある飛行機は、当時極秘であった八木アンテナ(電探)を付けた日本に唯一現存した珍しい機体で「水偵302」の表示があることから、福岡を離水、沖縄方面の探敵から帰途中燃料切れで不時着したものである。 外観をゆっくり見学してから中に入ろうとすると 一人の男性が館内から出てきました。 この写真を撮影したのがまさにこの祈念館が建っている かつての万世陸軍飛行場でした この写真を撮影した翌日、 彼らは大空へ飛び立ちました。 今、営門は舗装された道路となり、車が行き来します。

>

万世特攻平和祈念館【2020年8月24日から改装の為休館】

西郷隆盛ゆかりの地• 征きて帰らざる者あまた。 道の駅・その他. 1機また1機と。 飛行場への出入りはすべてこの門からであり、 万世基地から沖縄戦に出撃、突入した若き特攻隊員も、ここを通った のです。 この地に、かつて大空に憧れ飛んだ懐かしい複葉練習機を型どり、全国の人びとの強力を得て建設されたこの平和祈念館に、特攻隊員の遺影や遺書を安置し、展示することは誠に有意義なことというべきである。 館内には他の見学者が誰もいなくて、ちびっこしまねっこと 阿古姫の貸切状態だったのでスタッフの方から ここでしかきくことができない貴重なお話をたくさん 伺うことができました。

>