リゾート みのり 引退。 ありがとう「リゾートみのり」キャンペーン、一部除き中止

「リゾートみのり」6月で引退 最終運行日には仙台〜小牛田間のツアーも

:利用者5万人を達成。 このほか、「リゾートみのり」の座席ヘッドカバー(未使用)などが当たるスタンプラリーや記念シール、記念乗車証の配布、車内でのパネル展などを行う予定です。 小牛田から陸羽東線に入り、ぐっとスピードが落ち、雪山が目に入るようになる。 一旦改札口を出て駅弁を買いに行く。 五十嵐浩仙台駅長の「出発進行」の合図でゆっくりと走りだし、鉄道ファンや、「仙台駅から11年間の感謝を込めて」などと書かれた横断幕を掲げた駅員らが見送った。 2021. 列車はほぼ停車するかの如く減速する。

>

【リゾートみのり】陸羽東線気動車JT 6/30運転終了へ・11年の活躍

記念ロゴを使用した車両ラッピング 画像:JR東日本仙台支社 また同社は「リゾートみのり」の思い出写真も募集します。 2020年3月26日、JR東日本仙台支社より東北本線、陸羽東線を走るリゾートみのりが6月28日の運行をもって引退することが発表された。 コンプリートした方には、抽選で未使用の「リゾートみのり」座席ヘッドカバーなどが当たるチャンスも。 (平成27年)・:東北本線・石巻線経由で仙台駅 - 間を臨時列車として運行。 (元年):利用者20万人を達成。

>

offhollywoodny.com : [JR]2020年6月28日に引退するリゾートみのりに乗ってきた

編集長敬白アーカイブ:(インターネットアーカイブ)• 5月:陸羽東線用新型リゾート気動車の愛称を「みのり」に決定。 nui-icon--isekm-reason-industry,. 「リゾーしらかみ(くまげら)」のように自動放送はなくて、全て車掌が肉声で放送する。 4月9日(木)にWEBで限定発売します。 nui-icon--ise-rc-dow-organization,. くれぐれも列車を止めることが無いよう気を付けたいものである。 紅葉をイメージした「深緋色」と「漆黒」ベースの車体に田園風景や鳴子峡などが満喫できる展望スペースやイベントスペースを備え、シートピッチ1,200mmというゆとりのある設計で「実りの多い旅」をサポートしてきました。

>

ありがとう「リゾートみのり」キャンペーン、一部除き中止

また、「『リゾートみのり』引退記念日帰りの旅」「ありがとう『リゾートみのり』フィナーレ号』の旅行商品の発売も中止します。 「リゾートみのり」としての活躍期間が短いような気もするが、一般的に10~13年程度使えば改造に要した費用は回収出来るため、改造車としては妥当とも言える活躍期間とも言える。 4月〜6月の運転予定 画像:JR東日本仙台支社 4月29日(水)〜6月28日(日)にかけて仙台駅、鳴子温泉駅、新庄駅を対象駅とするスタンプラリーを実施。 編集部が選ぶ関連記事• なかなかのスピードでかっ飛ばしていく。 車掌氏が乗務員窓を開けて注意を促す。 リゾートみのりは2008年10月から、週末を中心に東北線経由で陸羽東線を走り、延べ21万人が乗車した。

>

新型コロナ:JR東「リゾートみのり」6月で引退: 日本経済新聞

コンプリートした方には、抽選で未使用の「リゾートみのり」座席ヘッドカバーなどが当たるチャンスも。 2号車 キハ48 549 - 定員36人• (平成25年):利用者10万人を達成。 同支社は引退にあわせ、「ありがとう『リゾートみのり』キャンペーンを展開。 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。 堺田の分水嶺に差し掛かるとそこはもう山形県だ。 乗車記念証も渡される。 大迫力の車窓を楽しめるための工夫で、天井から座席の座面まで全てが窓!これが乗車券+指定席券530円だけで楽しめるのは、なんとも贅沢だ。

>

縲舌Λ繧ケ繝医Λ繝ウ縲代Μ繧セ繝シ繝医∩縺ョ繧翫′蠑暮縲譛邨る°陦後∈縲莉吝床�樊眠蠎�俣蠕蠕ゥ驕玖サ「

広告 JR東日本仙台支社は2020年3月26日、陸羽東線の観光列車「リゾートみのり」が2020年6月28日(日)をもって引退する事を公表した。 採用された写真は6月以降に「車内でのパネル展」「記念乗車証」「駅ポスター(沿線駅に掲示予定)」等で使用するとのこと。 車両老朽化で今年6月28日に最終運行を予定していたが、感染拡大で4月中旬から運休。 2020. 似た配色ながら異彩を放つ車両として、当時の東北地区では大きく注目された編成です。 運転席に佇むこけし。 リゾートみのりは3両で運転する事が多いが、車両検査や閑散期(主に冬季)は2両で運転する事がある。 東日本大震災から9年。

>

みのり (鉄道車両)

, 2020年7月1日閲覧。 紅葉をイメージした「深緋色」と「漆黒」ベースの車体に田園風景や鳴子峡などが満喫できる展望スペースやイベントスペースを備え、シートピッチ1,200mmというゆとりのある設計で「実りの多い旅」をサポートしてきました。 特に交換列車があるわけでも無く、お出迎えイベントがあるわけでもないのが寂しい。 関連記事はこちら. 温泉や手打ちそばが楽しめる「『リゾートみのり』引退記念日帰りの旅」は仙台駅発着の旅行商品として、5月〜6月に設定。 今後「リゾートみのり」の後継車両については特に公表していないが、下記の本文でも記すが利用者が多くて、人気な観光列車なので、「リゾートみのり」の運行終了から少し間隔が開くかもしれないが、何らかの形で新しい観光列車が登場だろう。 2回目に続く(5月27日公開). 座席は鳴子峡などの紅葉をイメージしたモケットのリクライニングシートとなり、シートピッチも1,200 mmに拡大された。

>