横浜 市 国際 交流 協会。 MIA(緑国際交流協会)ホームページ

【募集開始】公益財団法人横浜市国際交流協会・地域日本語教育コーディネーター【2020年6月11日UP】 « かながわ・こみゅにてぃ・ねっとわーく・さいと

また、貧困、飢餓、環境など、地球規模の課題解決に取組む国際機関等を誘致し、支援・連携を通じて、国際協力を推進していくことをめざしています。 「課題」は一方だけに存在するわけではありません。 公序良俗に反しない限り、人道的な視点から相談に対応します。 2020. しかしながら外国人は常に支援の対象であるわけではありません。 (1)在住外国人の支援活動の推進 (2)国際交流・協力活動の推進 (3)国際交流・協力・在住外国人支援等に関する施設等の管理及び運営 (4)横浜に拠点を置く国際機関等の支援 (5)前各号に掲げるもののほか,第3条の目的を達成するため必要な事業 2 前項の事業については神奈川県横浜市において行うものとする。 ・国際交流情報提供・相談事業 YOKEの事業や外国人の生活に役立つ情報を各媒体を通して提供し、市内で活動する団体の情報の広報支援をすることで、市民の多文化共生への取り組みを支援しています。

>

横浜市港北国際交流ラウンジ

そのような中、横浜市は「横浜市中期 4 か年計画 2014-2017(原案)」において、「若い世代を対象に国際社会で活躍できるグローバル人材の育成」を 掲げています。 In return, MIA wishes to extend its assistance to foreign friends to make their stay trouble-free and enjoyable. 避難所での対応と並行し、協会職員は緊急情報の翻訳や音声録音などの訓練も行った。 同協会の北沢仁美事務局長は「今日得たヒントをいざというときに生かしたい」と話した。 住所 じゅうしょ・ 電話番号 でんわばんごう 〒222-0032 横浜市 よこはまし 港北区 こうほくく 大豆戸町 まめどちょう 316-1 TEL : 045-430-5670 FAX : 045-430-5671 e-mail : 交通機関 こうつうきかん JR 横浜線 よこはません・ 東急東横線 とうきゅうとうよこせん 菊名駅西口 きくなえきにしぐちから 徒歩 とほ8 分 ふん 東急東横線 とうきゅうとうよこせん 大倉山駅 おおくらやまえきから 徒歩 とほ10 分 ふん 横浜市営地下鉄 よこはましえいちかてつ 新横浜駅 しんよこはまえきから 徒歩 とほ15 分 ふん 開館時間 かいかんじかん 【 月 げつ~ 金 きん】 9:00~21:00 【 土 ど・ 日 にち・ 祝日 しゅくじつ・8 月 がつ】 9:00~17:00 外国語対応 がいこくごたいおう 【 英語 えいご】 毎日 まいにち 【ベトナム 語 ご】 火曜日 かようび 9:00~13:00 【 中国語 ちゅうごくご】 金曜日 きんようび9:00~13:00 【マレー 語 ご】 金曜日 きんようび 9:00~13:00 休館日 きゅうかんび 毎月 まいつき 第 だい3 月曜日 げつようび ( 第 だい3 月曜日 げつようびが 祝日 しゅくじつの 場合 ばあいは 翌日 よくじつ) 年末年始 ねんまつねんし 12月29日~1月3日 記事の一覧• 保育園の先生に伝えたいことがある。 ご相談内容はデータベース等で記録・管理を行い、相談員の間で共有し、相談対応時に参照いたします。 今回の協定締結により、グローバル人材の育成や国際交流、多文化共生の推進に寄与し、国際交流を通じた人材育成及び地域貢献事業を共同で展開していきます。 ホスト社会が自らを映し出す「鏡」として外国人を捉え、お互いが対等な関係でそれぞれの文化を認め合い、尊重し協調連帯して地域社会の担い手となったとき、地域に大きな活力が生まれ、豊かな未来が切り拓かれていきます。

>

【募集開始】公益財団法人横浜市国際交流協会・地域日本語教育コーディネーター【2020年6月11日UP】 « かながわ・こみゅにてぃ・ねっとわーく・さいと

また、研修、多言語での生活情報提供、支援者間のネットワーク構築など、日本語支援を通じて多文化共生のまちづくりに寄与します。 例えばこのような相談ができます• 職場の人間関係で悩んでいる。 ラウンジがある区 1. 留学生支援事業のほか、留学生と市民とのさまざまな交流事業も行っています。 通訳の同行が必要な場合は、通訳ボランティア制度や電話通訳等をご案内します。 帰国するので、家具や家電類を捨てたい。

>

横浜市の国際交流ラウンジを紹介します!|公益財団法人横浜市国際交流協会|note

さらに、子育て、教育等の課題であれば、関係団体はもとより、区役所のこども家庭支援課、保護課、場合によっては児童相談所との情報共有、連携も必要になってきています。 ・日本語学習支援事業 地域日本語教室等と連携しつつ、日本語を学びたい外国人に学習機会を提供します。 例えば日本語の不自由な外国人に対しては、通訳、多言語相談、日本語学習等の「言葉の支援」が必要です。 YOKE は、このように多様化するニーズに対応するため行政の各部局をはじめ市内の国際交流ラウンジ、日本語学習支援グループ、各種の専門機関、外国人コミュニティ、市民団体、学校、大学等との役割分担と連携の強化を図りながら各種の事業に取り組みます。 対応言語もベトナム語やネパール語などを追加し、11言語に広げた。 若者支援を目的とする団体、機関には外国人の若者が出入りすることも珍しくなく、課題解決のためには、包括的に課題、問題を共有し、地域の関係団体、キーパーソンが連携する必要が出てきています。

>

横浜市の国際交流ラウンジを紹介します!|公益財団法人横浜市国際交流協会|note

閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 当会館は、留学生等の母国の発展に貢献し、日本(横浜市)との懸け橋となる人材の育成を目指します。 例えば在住外国人の若者の場合、日本の学校では「学習支援」が必要なケースは少なくありませんが、一方で彼らは背景に母語と母文化をもっています。 現在特に力を入れていること (1)多文化共生のまちづくり ~お互いが対等な関係でそれぞれの文化を認め合い、 尊重し合う多文化共生社会へ、そして外国人支援から地域で活躍する人材育成へ~ 横浜在住の外国人は、国際結婚、就労、留学ほか滞在目的も様々なうえ、「オールドカマー」や「ニューカマー」など、それぞれの背景が異なり、多様で重層的です。 多言語を用いて行政情報の伝達の流れなどを確認した。 録音内容は通訳内容に過誤がないかの確認のためのみ利用し、相談内容を外部へ提供することはありません。 結果的に支援を「する側」「される側」という一方的な関係が固定化される恐れもでてきます。

>

MIA(緑国際交流協会)ホームページ

専門相談 法律相談、行政書士相談、教育相談を行います。 211• その部分は見えにくいですが、二つの文化を身に付けることで、母国と日本の架け橋となりうる「第二の留学生」であるともいえます。 さらに、2010 年度の「国際交流基金 地球市民賞」の受賞に輝いた泉区における外国人の若者による地域防災リーダーの取組は、高齢化の進む地域におけるまちづくりに大いに貢献する取組として評価されています。 ・多言語サポーター派遣事業 市内8カ所の国際交流ラウンジ等と共同実施している「横浜市通訳ボランティア派遣事業」では日本語の困難な外国人が横浜市の公共の窓口等を利用する時にボランティアの通訳を無料で派遣しています。 122• Most of the members have experiences of living and visiting abroad and being warmly welcomed. 横浜市国際学生会館は、横浜市が開設した外国人留学生・研究者等の宿泊施設で、留学生・市民を対象としたさまざまな交流事業も行っています。

>

横浜市国際学生会館

最新の情報は各ラウンジのホームページ等でご確認ください。 外国人の定住化に伴い、その課題は一過性のものから日常的、継続的になってきてます。 国際交流ラウンジに対するYOKEの役割 YOKEは、「横浜市国際交流ラウンジの設置及び運営に関する指針」に基づき、国際交流ラウンジ協議会事務局として、市内10カ所の国際交流ラウンジ・コーナーのネットワークによる情報共有や意見交換を行い、多文化共生のまちづくりを推進しています。 そこで、YOKE ではこれらの国際機関と連携し国際機関等の活動に特に青年層の市民が出会える機会の拡大を図り、グローバル人材の育成に取組んでいきます。 【2020年6月11日UP】 (公益財団法人横浜市国際交流協会からのお知らせです) 公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)では、 文化庁「地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業(プログラムB)」(横浜市委託)の実施に伴い、 地域日本語教育コーディネーター(準嘱託職員)を募集することになりました。 アクリル板などで感染対策をとった上で実施。

>

MIA(緑国際交流協会)ホームページ

市内11か所の地域拠点(国際交流ラウンジ/コーナー等)と連携し、 横浜市の多文化共生を推進しています。 ・横浜市国際学生会館運営事業 横浜市が設立した外国人留学生・研究者等のための宿泊施設で、YOKEが指定管理者として管理・運営しています。 The brochure information below is current as of March 2013. 前・YOKE 中期計画(2011~2013 年度)では、在住外国人を「支援の対象」としてだけでなく、対等なパートナーとして「地域の担い手」としての役割も想定したが、依然として在住外国人は「支援の対象」であると理解されていることが多く見受けられます。 必要な「支援」は継続的に行いながら、一方で社会に貢献しうる多文化の「人材発掘」「人材育成」に重点においた事業を意識的に進めていくことも必要と思われます。 大企業に限らず、中小企業も海外に拠点を築くために、グローバルな視野と行動力を持つ人材が求められています。

>