ラブ タイツ キャンペーン イラスト。 ATSUGI(アツギ)性的搾取イラストで大炎上「ストッキングは男性の為にある」

アツギが「性的消費」と炎上。タイツを履いた女性のイラストで商品をPR【UPDATE】

アツギのタイツの件で「これからグンゼ履く」って意見見て主出したけど、就活でグンゼの試験受験したら「我が社では女性はほぼ採用しません。 次回作は、今回の否定的な意見を払拭する動画になることを期待しています」 「しっかりした想い、根拠があれば. 一方でイラスト自体が問題なのではなく、広告としてこのイラストが用いられたことに疑問を覚える声も多い。 イラスト単体では問題はない? ここで、選手交代。 先に述べてきたように、企業は社会の中に存在するものであり、広告はそのオフィシャルな発言であるからです。 アツギのラブタイツキャンペーンの炎上ではさまざまな意見が出ていますが、イラストレーターさんたちが悪いのではなく、企業としてPRを管理できていなかったことが一番の問題では?と感じます。 どこで線を引くかは個人差の世界であり、『アツギは人の魅力を引き立たせることもタイツの商品特徴だと考えています。 【訂正】2020年11月3日18:25 記事中に「タイツの購読層」との記述がありましたが、正しくは「タイツの購買層」でした。

>

アツギのタイツ広告炎上、識者に聞く 発信側に求められる「覚悟」と問うべき「本質」【後編】(2020年11月30日)|BIGLOBEニュース

なお、昨日配信いただきましたイラストの中で、イラストレーターのコメントへの監修漏れがあり、意にそぐわないコメント及び作品内容での配信となった 2 作品に関しましては、昨日のうちに削除しております。 。 かつては性的な目線も受け入れるような「男性に媚びる」姿勢が女性誌などでもあったが、今は変わってきている。 企業の公式Twitterの活用をめぐっては、タカラトミーが 「 個人情報を勝手に暴露します」のハッシュタグを付けたツイートで批判を浴び、謝罪と削除をする事態に。 他社(製菓会社)のコラボと同じような認識だった。 ATSUGI アツギ ラブタイツの件でTwitter炎上 11月2日は「タイツの日」ということで一年に一度の大イベントとして奮起していたATSUGI(アツギ)。 だが一方で、露出の度合いに関わらず、どこか性的含意のあるイラストが基本的に「萌え絵」と呼ばれる。

>

ATSUGIタイツ炎上騒動。広報とイラストレーターの騒動前のやりとりがあった

しかし、これに対し、ある僧侶はツイッターで「僧侶として申しますと、タイツのデニールがいくつだろうと全く問題ありませんのでご安心下さい」と呼びかけ。 そこはメーカー側がコントロールすべきだった。 「ターゲット層とPRの訴求方法がずれていたことが一番大きな問題だと思います。 Atsugiはこのスカートたくしあげイラストだけシレッと削除したのね。 — 倉須七瀬 kraz7se アツギの広報担当の方がどうなるのかは分かりません。 無限にあります。

>

アツギタイツで炎上したイラスト画像はどれで魚拓は?詳細まとめ!|COCOMALI

このキャンペーンにより多くの皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」 「今回の事態を重く受け止め、本キャンペーンを中止するとともに、本キャンペーンにおけるツイートは11月3日に弊社公式アカウント上より削除いたしました。 まじで最っ低だよ。 性的なものを感じないイラストもいくつかありますが、ほとんどがギリギリを攻めたイラストだったりと過激なものが多いです。 しかしアツギは女性をターゲットにしています。 苦労は多々となりますが、この基本に立って素敵なプロモーションを送り出して欲しいと切に願っています」 さらに藤島さんは「広告は弱い」とし、「不買運動を起こされたら」と委縮せず、きちんと根拠を持った主張を行わなければならない時代でもあるという。 ちゃんと届かせたかったところに届いてます。 特にタイツは防寒だけでなく、露出を減らすためにも用いられてきた背景がある。

>

アツギのタイツ企画炎上「性的で怖い」 SNSに潜む罠:朝日新聞デジタル

商品の本質的な価値に迫りながら、意表をついた表現で世間の注目を集める。 この動画は、「女性は化粧をしなければならない」というプレッシャーのようなものを感じさせるとしてSNS上を中心に批判された。 「11月2日は タイツの日 なんと…本日のために 様々なイラストレーターさんにアツギの商品を着用した女の子を描いて頂きました! タイツの日、1日を通して朝・昼・夜のシチュエーションで女性の脚もとを彩るタイツ・ストッキングのイラストをお楽しみください!」 「ラブタイツ 素敵なイラストばかりで、動悸がおさまらないアツギ中の人。 以下、覚書。 こうしてツイートを見てみるとしっかりとみなさん何が悪かったのか分析されていて興味深いです。 届くのが楽しみです。

>

「#ラブタイツ」炎上で、「女性目線あった」と反論する人たちに

プライベートでやれよ… — pear OtPn2vpSdr2gMa1 プライベートでやるべきやり取りを、アツギの広告担当者は公式Twitterでしてしまっていた。 — バズ山【女性議員を増やしたい】 bazuyama つまり、マーケティング大失敗してんじゃん — からっぽ 8Sh768sVFAvstRH マーケティング失敗ということになりますね(笑) もうさ〜…ほんと勘弁してよ キモいんだよ 防寒具として履いてるんです 偶にはオシャレ着としても履くかもね でも男に「タイツ姿いいな〜」と思われるために履いてんじゃないんですよ 本当どこ向いて商売してんだよ 女をなんだと思ってるんだよ 頭きたのでもう買いません — barefootofbearfoot barefootofbear1 確かにキモさすら感じます。 (炎上商法では?というウワサもありますが…) また、アツギさんのタイツは実際に良い商品がそろっています。 あ、今度給料はいったらタイツ買います。 僕個人の感想としてもイラストは素晴らしいと思いますが、発注元のセンスは疑いますね。 しかも一部のイラストは過度に性的な目線であると感じられた。

>

【大炎上】ATSUGI(アツギ)・ラブタイツのスカートたくし上げイラストにツイフェミ発狂!「性的搾取」「気持ち悪い」 │ 黒白ニュース

」 それでは今後、広告はどうあるべきなのだろうか。 出典: 出典: 出典: 出典: 出典: ほぼタイツの画集を出すほど、タイツ好きなイラストレーターであるよむ先生ですが、今回のキャンペーンで投稿されているイラストは爽やかな印象のものが多いですね。 男が喜ぶタイツ女子を描いている 一部の腐女子は除くが、明らかに男性がターゲットかのよな描写のシーンのイラストが多い。 今後このようなことがないように会社の体制を見直してほしいです。 ラブタイツキャンペーンの企画担当者は、あのイラストでタイツを宣伝することについて問題があると誰一人思わなかった。 例えばラブタイツにおいては、 「タイツの魅力を伝えようとすれば、どうしたって足周りの誇張の表現になります。 ATSUGIの商品に罪はありませんし、開発や研究に企業努力があったことは間違いありません。

>

老舗タイツメーカーATSUGI(アツギ)タイツの日の企画でタイツを穿く女の子のイラストが大炎上…

同社は11月2日の「タイツの日」に合わせ、「 ラブタイツ」と名付けたキャンペーンをツイッターで展開した。 アツギ株式会社の主力商品は、「ストッキング・タイツ・インナーウェア」とのこと。 いつも私の足元を守ってくれてありがとう— びーこ🎌和装 Happybeat39 確かに不適切ではあったけど、アツギさんとイラストレーターさんへの誹謗中傷が多くて心苦しかった次第です。 「趣味で見るイラストは、見る方自身が主導権を持っており、それこそ趣味の問題なので、他人がとやかく言う必要もありません。 そういったほうが親しみを持ちやすいメリットもありますが、行き過ぎるとこのように炎上してしまうデメリットもあるそうです。

>