運行 管理 規定。 運行管理規程とは?ダウンロード先もまとめてみた!

運行管理規定が定められているかどうか

(損害賠償) 第14条 車両を所定の場所に保管せず、違法に放置し、または施錠を怠る等により、盗難または損傷を受けた場合は、車両使用者はその損害の賠償を免れない。 2 社外から借り上げた車両には、所定の手続により、会社の許可を得た個人所有の車両を含むものとする。 通達 貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について 第20 条 運行管理者の業務 1. 輸送の安全について、運行管理者に職務と権限が与えられることについては、当ブログでも何度か紹介してきました。 古い運行管理規程はゴミ箱にポイッと捨てればいいのです。 2 前項により、個人所有車両で通勤することを許可された場合、通勤途上における事故については、会社は関知しないものとする。 (3)使用を予定している車両について、次の任意保険に加入していること。

>

整備管理規程の最新版をダウンロードするには?

(個人所有車両の業務使用の届出) 第19条 前条の許可基準を満たす者が、個人所有の車両を業務に使用する場合は、損害保険の加入状況等、会社が定めた必要事項を、所属長を通じて運行管理者に届け出なければならない。 この規定の追加により、運行管理者はアルコール検知器の動作確認を1週間に1回は行うことが義務付けられました。 (運転者心得) 第8条 車両を運転する者は、道路交通法その他の交通関係法規を遵守し、人命尊重の精神で安全運転を心掛け、会社の名誉体面を傷つけることのないように努めなければならない。 法律が改正するたびに規程を変更している事業所は少ないです。 文句いっても「法律で決まっているから…。 (車両およびキーの保管) 第13条 車両は、会社の定める所定の場所に保管しなければならない。

>

運行管理規定が定められているかどうか

けれど、通常業務に追われている中、それができるかといえば難しい。 (車両台帳) 第6条 運行管理者は、車両の車種、登録番号、事故の記録、自賠責保険に関する事項および保管場所等、車両管理上必要な事項を記載した車両台帳を常備する。 だからといって、対応しなくてもいいというわけではありません。 ・ 現行法に適した内容に反映されている ・組織体制図を記載している ・表紙に事業所名を明記している ・いつから使用したのか、年月日を記載している ざっくりいうとこんな感じです。 では、もしも、行政監査や巡回指導が行われた場合、運行管理規程や整備管理規程のどこをチェックしているのでしょうか?また対策はどのようにしたらいいのでしょうか? トラック協会が公開している規程を使用している事業所が多い 大手運送会社など一部の事業者では、独自に国に問い合わせたり、勉強して運行管理規程や整備管理規程を作成しているところがあります。

>

運行管理規定が定められているかどうか

ただし、会社の許可を得て所定の手続を経た場合、および会社が業務使用を許可した個人所有車両の場合は、この限りではない。 統括運行管理者や補助者などの運行管理体制(指揮命令系統)を記載してないと補助者が点呼執行をしても認められないのでこれは忘れずに記載してくださいね。 3.所属するトラック協会のHPからダウンロードする では「どのように対策すればいいのか?」についてですが、 所属するトラック協会のホームページにある最新の管理規程をダウンロードしプリントアウトをする。 3 所属長の許可なく社有車を私用に供さないこと。 4 社有車の事故により私宛に支払われる損害保険金については、その権利を会社に譲渡します。 (罰金・科料の負担) 第22条 車両使用者の故意または過失による法令違反に対する罰金、科料については、車両使用者の負担とする。

>

会社規程(規定)・規則の書き方

貨物自動車運送事業輸送安全規則第21 条第1 項(運行管理規程) 一般貨物自動車運送事業者等は、運行管理者の職務及び権限、統括運行管理者を選任しなければならない営業所にあってはその職務及び権限並びに事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務の処理基準に関する規程(以下「運行管理規程」という。 (運用報告) 第12条 車両を使用する者は、定期的に車両の使用状況を運行管理者に報告しなければならない。 この項目でチェックされる帳票類• 記 1 交通法規を守り、所属長の指示に従い、事故防止に努めること。 (事故による賠償責任) 第21条 業務遂行中に、車両使用者が起こした事故による損害賠償の責任は、会社が負うものとする。 (車両の定義) 第2条 この規程で車両とは、道路交通法で定める自動車および原動機付自転車で、社有および社外から借り上げたものをいう。 けれど、いざ行政監査や巡回指導で 「整備管理規程を見せてください。 (個人所有車両の業務使用の許可基準) 第18条 前条ただし書きにより、個人所有の車両を業務に使用する場合は、次に掲げる許可基準に適合することを条件とする。

>

運行管理規定が定められているかどうか

統括運行管理者や補助者を選任している営業所にあっては、職務や権限などが定められているか。 したがって、 常に最新の運行管理規定を営業所に備え付けなければなりません。 たったそれだけです。 運行管理者の職務および権限(日々の運行管理、従業員に対する指導、監督、事業者への助言など)が定められているか。 その根拠となるのが、 【貨物自動車運送事業法第22 条第2 項】になります。 (個人所有車両の業務使用) 第17条 個人所有の車両を業務に使用することは、原則として認めない。

>

整備管理規程の最新版をダウンロードするには?

これだけです。 ただ、気を付けなければいけない点は、整備管理規程は最近、あまり変化はないのですが、 運行管理規程は事業法が変わるたびに中身が変わっています。 それは… 紛失しやすいということ! 整備管理規程は、事務所に保管しておかなければいけない大事な書類です。 組織体制図の「書き忘れ」に気を付ける! あと、気を付けておきたいところは 「組織体制図」。 2 整備管理者は、法令で定める資格または経験を有する者の中から選任する。 なので、その通知が来てから対策しても問題ありません。

>

会社規程(規定)・規則の書き方

(管理担当部門) 第3条 会社が業務に使用する車両については、総務部が統括管理を行い、運行および点検・整備等については、運行管理者が管理するものとする。 2 車両の整備、点検を励行すること。 ですがいまは届出の義務はないです。 2 事故が発生した場合は、その処理は会社が行う。 。

>