視点 の 類義語。 多角的な視点の意味は?言い換えや対義語と多面的な視野を養う方法も

「視点」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

/石原千秋『ケータイ小説は文学か』より引用 「俯瞰的に捉える」とは? 「俯瞰的に捉える」とは、客観的に物事を認識し広い視点を持ちましょうという意味です。 「多角的」の意味とは まずは、「多角的」の意味から紹介します。 の作成と,訓練等を通じた職員への周知徹底及び検証・計画,マニュアルの定期的な点検,点検や訓練から得られた機関間の調整に必要な事項や教訓等の反映地方公共団体は他の地方公共団体とも連携を図り,広域的な視点で防災に関する計画の作成,対策の推進を図るよう努めるものとする. 中でも語感の似ている言葉「多面的」との違いから解説しましょう。 観点と視点の違い 観点と視点の意味の違い 観点と視点の違いを分かりやすく言うと、 観点は考え方であり、視点は見方であるという違いです。 様々なリスクや想定される問題などを幅広い視野で見つめたり分析したりすることを俯瞰するという言葉で表現します。 対義語は「狭量」や「近視眼的」 「多角的」の対義語は、ひとつの方向からのみ観察する様やひとつの考えにとらわれている様を意味する言葉が該当します。

>

「視点」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

そこで今回は、『俯瞰とは?俯瞰の意味と使い方』と、『俯瞰の類義語や対義語』さらに『俯瞰を使ったビジネスシーンでの例文や英語表現』についてご紹介いたします。 話題がある視点 類義語ということで、チェックしているという方もそれなりにいるのではないかと思います。 • ましてや日常会話では、意味を伝えることが大切です。 この「どのように仕事に活かせるのか」で役に立つのが多角的な視点です。 【出典】 - 【注意】 表立って活躍している人に使うのは誤り。 鳥瞰は、「鳥」という漢字に「瞰」という言葉が組み合わさってできた表現であることから、羽ばたく鳥が高いところから下を見るように、物事を大きな視点で見つめる時に使う表現です。 「多くの方面、いくつかの方面にわたってあるようす」という意味がある多角的に、「物事を考えたり見たりする立ち位置」「視線の注ぐ場所」という意味がある視点という言葉がついた言葉です。

>

【一般常識】類義語・同意語・同義語一覧表

「大局的に見る」という表現を使い、「物事の全体を見渡し、状況や動きを捉えるさま」、「全体の局面を考慮して物事を考えるさま」「といった意味になります。 [類語・類義語 同義語 辞典]類語・同義語、さまざまな言葉の別の言い回しや表現の違う言い方(言い表し方・言い換え 多角的な視点の意味は? 多角的の意味は「多くの方面にあるようす」 Instagram 多角的は「たかくてき」という読み方をします。 そんな時、俯瞰力のある人は、自分の状況を客観的にみつめ、新たな解決策を見出すことができるのです。 気持ちに余裕があるので冷静に判断できるのです。 「視点」の類義語は? では、「視点」の主な類義語を 3つ紹介していきます。 「多角的」には次のような意味があります。

>

「多角的」の意味は?「多面的」など類語との違いや使い方解説

マクロに見る(巨視的に見る) 「物事の全体を捉える」ことを「マクロに見る」「巨視的にみる」という言い方をします。 。 「相手の観点で考える」とすれば、 違和感のない文になります。 誤用例 「今回あのクラスが優勝できたのは、なんと言っても俊足のアンカーが縁の下の力持ちとなったからだろう」 【類義】 縁の下の掃除番//陰の松の奉公/簀の子の下の舞//闇の独り舞い 【対義】 - 【英語】 One catches the hare and another eat it. しかし、前述したとおり、「俯瞰」という言葉は、それだけで「上から下を見下ろす」という意味があります。 俯瞰は、ビジネスシーンなどにおいては少し異なる意味合いで使われます。 まとめ 「多角的」には、「多方面に派生する様」「多方面にわたる様」という意味があり、考える・捉えるなどといった表現とともによく使用されます。

>

「多角的」の意味は?「多面的」など類語との違いや使い方解説

どちらの言葉を使うか迷った場合は、考え方を強調したい時は「観点」を、見方を強調したい時は「視点」を使うようにしましょう。 どうしても気になるという方は、「俯瞰する」を使用してください。 世間は「俯瞰」できる人間を求めているということがよくわかりますね。 例文1から例文3で使われている視点は、物事を見たり考えたりする立場を意味します。 多角的な視点が特に必要なのはものを作る人 この多角的な視点において必要になることが多いのは何らかの物を生産している方々です。 「物事を俯瞰してみる」という言い方があるのをご存知でしょうか。

>

「多角的な視点」の例・言い換え・対義語・おすすめの本

観点という言葉は、「社会心理学の観点」「環境保全の観点」「集客の観点」など、思想や概念など抽象的な事柄と組み合わせて使われることが多い言葉です。 その他にも、「環境保全の観点を重視する」「集客の観点から有効な策を考えたい」「テスト観点を一覧化したサイトを探す」「幅広い観点からネット中傷防止策を」「SEOの観点からキーワードを洗い出す」などがあります。 「もっと物事を俯瞰してみろ」と言われた時の「俯瞰する」とは、実際に上から見下ろすのではなく、「全体を見渡すことのできるような広い視野を持て」といった意味です。 自己啓発本や、ビジネスの指南書でも近年「俯瞰力」という言葉をよく見かけます。 では、使い分けの鍵となるような特徴などはないのでしょう さらにややこしいことだが、こうした書き方を「三人称客観視点」とか「無視点」とか「零元視点」などと名付けて、「一元」「多元」「神視点」と区別している人もいたりする。 【スポンサードリンク】 「俯瞰」の類義語 鳥瞰 「ちょうかん」と読みます。

>

【一般常識】類義語・同意語・同義語一覧表

経験がなければ気が付かないこともたくさんあります。 参考にしてください。 英語ではmany directions やmany sidesを使う 英語で「多角的」と表現する際には、「方向」という意味の「direction」や「~の側」という意味の「side」を使用します。 「多角的分野」とは、「様々な分野」「あらゆる分野」という意味であり、「多角的経営」とは、幅広い分野にわたって経営をしている、という意味です。 広い視野は「同じ方向からだけではなく見渡せる全ての方向から物を見ること」という意味がある言葉です。 使い方例 妙に冷静で俯瞰的にこの状況を捉えている自分がいる。 経営者の視点• ぜひ参考にしてみてください。

>