イラン 空爆。 イランのソレイマニ司令官がバグダッド空港空爆で死亡|ARAB NEWS

イラン、アメリカ軍駐留基地を十数発のミサイルで攻撃

1983年2月6日• 革命防衛隊は声明で、米軍が駐留する国々に対し、イランを攻撃するため米軍の施設利用を認めれば「標的となり得る」と警告。 、が598号決議を採択した。 一方、イスラエルは11月18日、シリア南部でアサド政権軍とイラン革命防衛隊の先鋭部隊「コッズ部隊」の拠点を狙って空爆を実施し、コッズ部隊のメンバー5人が犠牲になったという。 イスラエルとサウジアラビア、イランが直接的に軍事衝突する可能性は低いが、バイデン政権下では、上記の親イランのフーシ派によるサウジへの空爆、またイスラエルによるシリアで活動する革命防衛隊、親イラン勢力への空爆などが激しくなる可能性はある。 被害状況は調査中だが、米兵の死者はなかったとみられる。 「これは、ペンタゴンが当然のこととして有事の計画を立案することとは、質的に異なる」 では、ボルトン補佐官の要求の何が国防総省にそれほどのショックを与えたのだろうか? 空爆 湾岸戦争で、イラク上空を飛ぶアメリカの戦闘機。 米国防総省が殺害を認める声明を出し、イラン側も死亡を認めた。

>

イスラエル軍、シリア軍とシリア展開のイラン軍に空爆

確かに、イラン・ソレイマニ司令官が反米行動の先頭に立つ人物としても、復讐の連鎖を恐れないアメリカ軍部とトランプ大統領の判断は正しいとは到底思えない。 6月にはイラク軍のミサイルがイランの旅客列車に命中した。 アメリカはそれを見越したうえで、一方的に緊張を高めているといえる。 一方イランの国営メディアは、米軍のヘリコプターが攻撃を実施したと伝えた。 カーネギー国際平和財団(CEIP)のシニアフェロー、ジャレット・ブランク氏は「次の疑問は米国がこれに反応ないし過剰反応するかだ」と語った。 中東を舞台とする小規模な空爆や衝突の連鎖が大規模な緊張に発展することは避けないといけない。 PMFは、金曜日のバグダッド国際空港空爆について米国を非難した。

>

イランのソレイマニ司令官がバグダッド空港空爆で死亡|ARAB NEWS

S&P500種株価指数先物は一時1. 40-48• 中東に数多く存在する米軍施設と米外交施設がイランによる報復の標的と見なされる可能性がある。 両国の都市爆撃の応酬が続く最中の1985年3月17日、48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃すると大統領が突如宣言した。 バイデン政権の誕生を中東各国はどう見ているだろうか。 ソレイマニ司令官はイラン国内で英雄視される存在で、米国とイランの緊張関係がいっそう高まるのは必至だ。 にイランはホラムシャハル港を奪回、3万人のイラク兵を捕虜とした。 シリア国営メディアは、「イスラエルの攻撃」で軍関係者3人が死亡、1人が負傷したと伝えた。

>

アメリカがイランを攻撃できない理由-「イラク侵攻」以上の危険性とは(六辻彰二)

- 40機• 11月にはイラク軍が反撃、イランのの石油基地を破壊した。 規制する話し合いを進めなければならないだろう。 親イラン派勢力の攻撃対象としてはこのほか、イラクやシリアに駐留する米兵や、その他の中東諸国の米大使館がある。 もしボルトン補佐官がペンタゴンに対し、空爆に向けたオプションを要求したのなら「誰かが、それは本当にばかばかしいアイデアだと言わなければならない」と語った。 だが、「イランはアメリカを戦争を挑発する、危険な国だと国内外にアピールして、それをうまく利用するだろう」とクローソン氏は話した。 一説では、この戦争を通じてイラクがに対して抱え込んだ負債を帳消しにすることが、へ発展する、イラクによるクウェート侵攻の目的のひとつであったとされる。

>

シリアで空爆により、親イラン民兵19名が死亡|ARAB NEWS

Parsi, Trita Treacherous Alliance: The secret dealings of Israel, Iran and the United States, by Trita Parsi, Yale University Press, 2007• 今年以降、中東ではUAEやバーレーンがイスラエルと国交正常化を発表しており、いつサウジアラビアがそうするかに注目が集まっている。 シリア情勢の悪化 第三に、アメリカがイランを攻撃すれば、レバノンのヒズボラやパレスチナのハマスなど、イランが支援する組織の活動を活発化させかねない。 この点に関して、筆者はにポイントを整理していたが、以下ではこれに補足する形で、4つの論点をまとめてみよう。 ただし、9月に入った時点で国境地帯での散発的な戦闘や空中戦が起こっていた。 イラン」の緊張だ。 イラン精鋭部隊の司令官を米軍が殺害したことに対する報復とみられる。

>

イラン、米軍駐留基地にミサイル-トランプ政権の反撃招く恐れ

地下施設は空爆に耐えられるように設計されているという。 - 72機• また、イエメンの親イランのシーア派武装勢力フーシ派は11月23日、サウジアラビア西部の都市ジッダにある石油関連施設に向けて、ミサイルを発射したと発表した。 イランが米軍イラク駐留基地に向けて発射したとされるミサイル=国営イラン放送(IRIB)の8日の映像より(AFP時事) トランプ大統領はホワイトハウスでエスパー国防長官やポンペオ国務長官らと対応策について協議。 AP ワシントン近東地域研究所(WINEP)のリサーチ・ ダイレクター、パトリック・クローソン(Patrick Clawson)氏は、国防総省がショックを受けたのは、ボルトン補佐官の過激な要求 —— つまり空爆を求められたからではないかと見ている。 イランは正規軍ととが共同作戦をできなかった。 これに対する報復として、1月8日にイランが弾道ミサイル攻撃をイラク国内の2カ所の米軍基地に対して加えた。

>

イラン、米軍駐留基地にミサイル-トランプ政権の反撃招く恐れ

イラン国会は7日、アメリカの国防総省を「テロ組織」に指定する法案を可決した。 1980年11月2日• しかし、最終的攻撃はハイテクの塊、ドローンによってなされた。 Orit Bashkin. またイラン最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長は、同国が米国に対して13の報復シナリオを検討していると表明していた。 イラン国営テレビによれば、革命防衛隊は米国に対し、「新たな侵攻があった場合は、さらに破壊的な対応に出る」と通告。 専門家は、これは一般的な手続きに則っているはずだが、国防総省にある種の衝撃を与えていると言う。 しかし、それでもアメリカが緊張を高めること自体、ロシアを利するという指摘もある。

>

不穏な空気のイスラエル、サウジ、イラン…バイデン政権発足で高まる中東リスク (2020年12月3日)

AIとリモートでコントロールされているものと見えるが、今回は「殺害の最終判断」は人間が行ったと信じたい。 ソレイマニ司令官は、国外での…. 現在の司令官はハサン・シャーサフィー准将。 イラク北部キルクーク()で先週発生した軍事基地に対するロケット弾攻撃で米国人民間業者が死亡したことにより、「情勢が一変した」と述べていた。 2020年1月3日、イラク・バグダッドで米軍ドローンからのミサイル空爆によって暗殺されたのだ。 しかし、1983年にレバノンのアメリカ・フランス軍のキャンプが攻撃を受けた為、報復にシリア軍を艦砲射撃して2月に撤退した()。

>