艦 これ ss ハーメルン。 小説投稿サイト「ハーメルン」の小説デザインがすごい話。|恒石涼平@ゲームシナリオライター|note

提督(笑)、頑張ります。の小説情報

提督は拳銃にマガジンを突っ込んだあと、急いでオフロードメットとゴーグルを着用してバイクを走らせた。 全86話と長さもちょうどいい感じで、万人にオススメできます。 」 島風「…あれは?」 天龍「あれは例外だ…。 62 ID:tduglJJ10 戦闘機妖精L「イワン共め!また新型を作りおったか!!」ウウーン 大和「きゃあ!?急降下してきて・・・直撃!?」チュドーン 戦闘機妖精A「ただ感じるままに・・・俺は、飛ぶ!!」バババババッ 金剛「シット!?テートクに貰った大切な装備が!?」チュドーン 戦闘機妖精K「終わりだ。 一昨日みたいに。 121• また、転生が男から女なので、ハーレムちっくな物語にはなりません。 ギルガメッシュが好きで、 我様無双が見たい方にはお勧めできます。

>

【艦これ・榛名SS】提督「艦娘に○○と言って回る」

あの二人ならほかの艦娘とかかわる時間は少ないですから」 提督「そうか……わかった。 65 ID:oGkrBbc00 提督「いくら家が解体後のアフターサービスを充実させていると言っても、少し反応が淡白過ぎやしないか?」 提督「一応様子を・・・・・・」 ドカァン! 提督「なんだぁ! マスターのサーヴァントとして召喚されます。 投げちまったらもう刀も使えなくなっちまったじゃねーか。 では、また後で』 提督「ああ……全艦隊、こちら提督だ。 なぜ、司令棟を全員で探さないのですか? い、今すぐに、早く探さないと!」 鳳翔(涙はとっくに流した後……それはみなさん同じですね) 鳳翔「ええ、ですから半分の人員をあてがいます。 夕立「やっと捕まえたっぽい!」ハイライトオフ 提督「離れろ!」 提督はウィンドブレーカーを脱いで夕立を引き剥がす! 夕立「やられたっぽい!でも提督の上着はゲットっぽい!」クンカクンカ 吹雪「ちょっ、夕立ちゃんズルい!」 提督「どらぁ!」 吹雪が夕立に気をとられている間に吹雪を突き飛ばし、提督はバイクに飛び乗る。 露払い程度ならともかく、大艦隊が居座っていた場合、入渠や補給ができないと嬲り殺しにされてしまいます」 朝潮「それは……ですが、司令官がいないと、指示が!」 鳳翔「既に長門さんが代理で指揮を執っています。

>

提督「…辞めて欲しい?」

00 ID:1QZuvQSU0 長門「それは私に言ってるのか? まさかな」 提督「轟沈しやがれ」 長門「・・・・・・提督、あなたはきっと疲れているのだ。 1度目の転生で原作登場人物と縁を紡げ、主人公が強い理由も作り、そのバックボーンがあるので2度目の転生に面白さが増してきます。 そのため、初めからヒロインは日向になります。 こんな感じに。 扶桑はお前にとって都合のいい隠れ蓑なんだな。 警戒しつつ通信の変更、提督も見つかって一段落だ」 長門『定時連絡をおこなう。

>

【艦これ・榛名SS】提督「艦娘に○○と言って回る」

ちょっと、何してんのよ!」 提督「いや、だから死ぬ準備を」 提督(中身入って無いけどね) 曙「ば、バカ! 止めなさいよ!」パシッ! ということで今日は、 その デザイン例として以下の2つの小説を挙げてみます。 けど、私達もほとんど中破か大破で、とどめを撃つには……』 提督「分かった、そのまま包囲を続けてくれ」 提督「……予備隊! 後はお前たちに任せる。 304• さーて、逃げるか。 はよ 読んでくれた人はありがとう。 今は一刻一秒を争う時。 偉い人たちが言いたいことは尤もです」 元帥「…本気かい?」 提督「はい、断ったら面倒なことになりそうですし…艦娘の娘達に迷惑はかけられません」 元帥「でも彼女たちは…」 提督「誰かの意思とか、今はそんなことを言ってる暇ではなさそうですしね…元帥が直々に相談してくる時点で、諦めますよ」 元帥「…私は、君が一言いってくれれば」 提督「いいんですよ、そちらも色々大変なようですし、従って事が円滑に進むならその方がいいじゃないですか…」 元帥「…ごめん…本当に、ごめん」ドゲザ 提督「や、やめてくださいよ!そんなに軽い頭じゃないんですから!!」 元帥「…」 提督「…正直、こんな形で辞めることになるのは悲しいですが、仕方がありません」 提督「但し、一つ条件があります」 元帥「…なんだい?」 提督「艦娘の娘達を、よろしくお願いします…彼女達を、守ってください…」 元帥「…分かってる、約束するよ」 提督「それと…」 元帥「…?」 提督「これから私がすることに、一切口出ししないでください」 元帥「…それはどういう…?」 提督「…すぐに分かります。

>

【曙SS・艦これ】提督「あー、今日限りで霞の遠征艦隊旗艦の役割は終了だ」霞「は?」

艦隊の配置もそろそろ終わるわ」 長門「電撃決戦、か。 侵攻方向は一方向しかないから、島風を中心に高速艦でありったけの機雷を設置してもらってるわ」 長門「分かった……そろそろ時間だな」 陸奥「そうね。 瑞雲が二隻…。 00 ID:1QZuvQSU0 提督「ごめんよ長門、ずっと駆逐艦が好きな変態ロリコンだと思ってたよ」 提督「さて、他の子に心配かける前にセリフを変えるか」 提督「これで最後にしよう。 」 天龍「まぁまぁいいじゃねえか。 こうやって2ちゃんねるで投稿されてた小説は基本 「SS」と呼ぶ。

>

提督「…辞めて欲しい?」

なので、これらを超える面白い作品もあるのですが、途中で終わってしまっている勿体ない作品なので、読むとモヤモヤしてしまうと思い、ここでは省いています。 80 ID:Kn6fyIOy0 提督「ごめん…」 加賀「…今日の提督は、どこかおかしいです」 提督「そんなこと」 加賀「あります」キッパリ 提督「う」 加賀「どこか上の空ね。 また、今回時間の都合で書けなかった作品もあるので、今後追記を行うと思います。 既に大和型が抜錨している。 逆に加賀と瑞鶴は調子が悪いみたい」 長門「球磨型は全員姉妹だな。 まるで自分もそこに参加しているかのような気分だ。

>

【艦これ・榛名SS】提督「艦娘に○○と言って回る」

92 ID:tduglJJ10 提督「金剛たちの説得も出来たし、後は大本営の犬である大淀に見つからないように・・・・」 ガラッ! もう一度だ。 提督「まさか艦載機にGPSをつけるとはな…破壊して良かった…。 しかし、三人は彼の鎮守府で駆逐艦の中では最強候補になっている。 そんなことが…でも、夜戦のことの方がキレる原因になりそうですが?」 鳳翔「それはなんだかんだで本人たちが楽しんでるからだと思うわ。 戦えないならさっさと戻れよな」 睦月「天龍さん! あ、あの、如月ちゃんが全弾撃つまではって」 天龍「あ? あー、なら他の駆逐艦に弾渡してさっさと戻れよ。

>