Excel プルダウン リスト。 [EXCEL] 年・月と連動した日付のドロップダウンリスト(動画あり)|EXCEL屋(エクセルや)

エクセルのプルダウンリストの作り方~Excel入力規則

Excel(エクセル)で作成したプルダウンをキーボードのショートカットで使う方法 プルダウンはキーボードを使って ショートカット操作ができます。 年・月をリスト化 「年」「月」のドロップダウンリストだけを先に作ります。 ドロップダウン リストにないデータをユーザーが入力するのを止めさせるのではなく、メッセージを表示するには、[ 情報] または [警告] をクリックします。 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックし、プルダウンリストの作成完了です。 項目数が多くなる場合の便利な方法 ここまでで、性別の欄については完了しましたが、職業の欄では冒頭の画像のように多くの項目があります。

>

Excelのプルダウンリストを連動させて選択肢を絞り込む方法

「元の値」ボックスを一度クリック、カーソルをボックス内に表示させる• 元の値にリストに表示する値のセル範囲を指定します。 入力規則の設定時に値をセットする方法です。 表示されたボックス内のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」から「リスト」を選択し「元の値」ボックスを表示させます。 プルダウンメニューからデータを選んでクリックすると、セルへのデータ入力が完了です。 入力規則のいろいろな使い方は も併せてご覧ください。 この場合は、「空白を無視する」のチェックを外すと、リスト以外の値は入力できなくなります。 定義された名前を使ったプルダウンリストでは、定義したセル範囲の中に空白 空欄 がないことに注意してください。

>

ドロップダウンリストから選択して入力する:Excelの基本操作

これでプルダウンリストの設定は、完了です。 表以外の場所に間違ってプルダウンを作ってしまうと、見つけるのが大変です。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。 部署、そこに所属する人を入力したい場合、まずは元となる項目をエクセルに作成します。 ドロップダウン リストに表示する有効な入力値のリストを作成するには、空のセルを含めないようにして、各入力値をシートで 1 つの列または行に入力します。

>

ドロップダウン リストの項目を追加または削除する

をご覧ください• [ エラー メッセージ] タブをクリックします。 [ データ]、[ データの入力規則] の順に移動します。 メッセージが表示されないようにするには、チェック ボックスをオフにします。 これで、連動元の部署のプルダウンが作成できます。 今日から何日後までに提出してほしい書類があるというケースに、提出日を選択してもらうと、便利です。 難しい仕掛けは必要ありません。 このように、プルダウンリストで東京都・神奈川県・大阪府の項目を入力することが出来るようになりました。

>

【エクセル時短】ドロップダウンリストの項目を追加・編集するには? 元の作成方法に合わせて対処しよう

プルダウンメニューが長い場合は、「Home」キーで先頭列にジャンプ。 ドロップダウンリストの選択肢用につけた名前をクリックで選択すると、 [元の値]欄に、選択した名前が入りました。 担当者一覧のセル範囲に名前をつけて、その名前をリスト入力の元の値に使用する。 また、[ ソース] ボックスで、次のようにコンマで区切り、エントリ リストを入力できます。 【例】品名のA2セルで「パソコン」「プリンタ」のいずれかを選択するようにします。

>

ドロップダウン リストの項目を追加または削除する

。 これで事前の準備は完了です。 ドロップダウンリストから選択するにチェックを入れる• なお、ドロップダウンリストに空白行が表示されるのが気になる方は をご覧ください。 あらかじめリストに個人名を入れておけば選択して入力できるので、 漢字の変換ミスを無くせます。 このとき、プルダウンリストを作成したいセルとは別のセル上に入力するよう注意してください。 今回は、社員食堂の毎週のメニューを決められたメニュー一覧からいちいちコピーするのではなく、 プルダウンリストを利用して選択するだけにするという例で解説します。

>