最後 の ジェダイ あらすじ。 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

「スター・ウォーズ8 最後のジェダイ」を完全解説!ルークやレイの秘密が明かされる重要エピソード【ネタバレ】

だから味方にもなるし、密告もします。 レイアの回復によろこんだポーだったが衝撃銃を撃たれ意識を失い、その間に小型船へ乗せられてしまう。 するとレイアが、レイをルークの星へ送った理由もわかります。 解説 ディズニーがルーカスフィルムを買収したのち、『ジェダイの帰還』のその後を描く新たな三部作が製作されることとなった。 レイア姫はハン・ソロのファルコン号に乗り込み、ギリギリのところで脱出に成功する。 私が思うにレジスタンスで自己犠牲に頼らず知恵と工夫で一番活躍していたのはBB-8ですよ。

>

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』感想(ネタバレ)…すべて間違っている : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

ペイジ・ティコ -• ストームトルーパーによって処刑されようかとした瞬間、BB-8が戦闘機AT-STを操縦し、二人を救出する。 火山の 惑星ムスタファで繰り広げられた壮絶な死闘は、オビワンの勝利に終わり、アナキンは 両足と両腕を失う。 一方、オビワンは、かつてジェダイ・マスターが秘密裏に進めていた クローン・トルーパー計画の軍隊を視察する。 本人や周囲の人物の発言によれば、執筆を苦にするあまり壁に頭を打ち付けて叫んだり、ストレスにやられてハサミで髪の毛を切り捨てたりもした。 中でも散々苦しめられたAT-STを乗りこなしていたシーンは爽快でしたね。 このままではレジスタンスが壊滅すると考えたホルドは、ある作戦を決行します。

>

『スター・ウォーズ』のタイトル『最後のジェダイ』はルーカスフィルムが考えたものではなかった

そこで死ぬ必要あったのでしょうか…。 ルークは、R2-D2の助けで新しいライトセーバーを手に取り、ジャバの護衛たちに抵抗する。 ということで、ここからは聖書的な考察と幾つかの謎を 解説(ネタバレ)していきたいと思います。 きっと、私がどれだけ愚かだったか分からせるために、あの最後の一葉を残してるのね。 更にミレニアムファルコン内でイチャイチャしています。

>

スターウォーズ / 最後のジェダイのネタバレ!最後の結末の考察と続編予想?

その後、ジェダイ聖堂に火を放とうとするルークの元にかつての師匠ヨーダ(フランク・オズ)の霊体が現れ、聖堂に火を放つと「失敗こそが最高の教えだ」と語らいました。 カイロ・レンの野望は、レイと共にスノークを倒して新しい秩序のリーダーになることです。 新しいデス・スターは、森の惑星エンドアの装置から発生する防衛シールドで守られており、攻撃を寄せ付けないという。 爆破を起こすデス・スターから退避し、ルークも父の亡骸を連れて脱出していた。 これまでの『スター・ウォーズ』は、ジェダイとシス、フォースといった「ファンタジー」を描く物語だった。 不思議に思ったカイロ・レンが斬りつけても突き刺してもルークは顔色ひとつ変えません。

>

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のあらすじ・ネタバレ・ラスト

上記の二つはヨーダに焼かれてしまいますが、ラストでファルコン号の引き出しにジェダイの書物が入っていることが確認できます。 銀河に再び秩序をもたらすため、ルーク・スカイウォーカーは新たなジェダイ騎士団の再建にあたったが、とある訓練生の裏切りによって崩壊、ルークは姿を消した。 『ファントム・メナス』は、そんな共和国が政治的危機に陥ってる場面から幕を開ける。 無事に帰還したフィンとローズも合流し、援軍を待つ生き残ったレジスタンスたちだったが、カイロ・レンが率いるファースト・オーダーが立てこもる彼らを全滅するために襲撃してくる。 我に返ったルークは、自らも機械化された右腕を見ながら、自分と父は同じ親子である実感をそのグローブで握りしめ、ライトセーバーを捨てる。 レイはダークサイドの力に翻弄され、自分でもそれをコントロールできずにいた。

>

「スター・ウォーズ8 最後のジェダイ」を完全解説!ルークやレイの秘密が明かされる重要エピソード【ネタバレ】

頭から行儀よく書き進めることを諦めたルーカスは、早速「第二部」を考えてみた。 解説 『ジェダイの帰還』で英雄たちは、まず奪われた盟友ハン・ソロを救わなければならなかった。 『スター・ウォーズ』の物語世界が、本作で劇的に広がり、掘り下げられた。 2人はすぐ投獄されるが、コード破りDJの脱獄に便乗し、賭け用動物ファジアーで逃走します。 彼はまだ遠く離れた島にいたのだ。 彼の出現は銀河に何をもたらすのか?眠っていたフォースが覚醒したレイは彼のもとで修行を重ね、やがてダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑んでいく。

>