伊坂 幸太郎 アックス。 AX アックス 伊坂 幸太郎:文庫

伊坂幸太郎の小説『AX アックス』が2020年の年間文庫ランキング4冠達成!(2020年12月4日)|BIGLOBEニュース

前作を読んでいると、作品間でのリンクがちょっと楽しめるという程度だ。 同時に伊坂には、家族という生のつながりを描く作家という一面もあり、この二つは根底でつながっていると私は考える。 実を言えば、そのキャンプの予定についてはまったく記憶になかったが、妻の口ぶりからするに、それはすでに兜に知らされている情報なのだろう。 一方で、妻の一挙一動に神経を使い、家族の幸せを願う姿は良いお父さんそのもので、相反するといってもいいこの雰囲気が両立しているのが本書最大の魅力だと思います。 面白度数が高い作品たちである。 革命はいつもさりげなく訪れる。 つまり、作品ごとに繋がりがなくても問題ないのだ。

>

AX アックス 伊坂 幸太郎:文庫

文章が面白すぎて、殺し屋なのに共感が持ててしまう。 ある時に田辺亮二というスポーツジムのトレーナーが、克巳の自宅を訪ねてきます。 その時に1枚の病院の診察券を拾った田辺は、今日まで返すことができませんでした。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。 27より 「明々後日の朝、キャンプに行くでしょ。

>

『AX アックス (角川文庫)』(伊坂幸太郎)の感想(353レビュー)

「克巳君のお父さんってたぶん、他人とどう付き合っていいのか分からない子供だったんじゃないかな」兜の息子の嫁さんが、そんな鋭いことを指摘していた。 『グラスホッパー』『マリアビートル』の長編2冊に続く、一人称で話は構成されている『AX』は連作短編で一人の殺し屋「兜」の物語。 『AX アックス』の 主人公の三宅も 少し地味な印象を 持たれてしまう様 な性格をしていました。 それでですね、いや殺し屋なんやから、表向きどんな風貌や物腰であっても、友達にはなりたくないと思うところなんですが、結構言動に共感したりうなずけるところが多くて、ものすごい親近感が湧くんですよ。 仕事に失敗した場合は、家族に危害が及ぶのは確実です。 本書でも、同種の演出によって非情さが強調されている。 兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。

>

伊坂幸太郎の最高峰エンターテインメント小説! 凄腕の殺し屋“兜”が――実は恐妻家!?『AX アックス』

『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、殺し屋シリーズ最新作。 過去から一矢報いる マンションの前にたどり着いた克巳に近づいてきたのは、どこからともなく現れたあの医師です。 一人息子の克巳もあきれるほどだ。 2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、「死神の精度」で日本推理作家協会賞短編部門、2008年『ゴールデンスランバー』で山本周五郎賞と本屋大賞、2014年『マリアビートル』でが2014大学読書人大賞を受賞。 家族小説と犯罪小説の合体が試みられたのが第三作である『AX』で、その結果として接合面にいる兜という主人公の個性が際立って見えることになった。 40代の半ばとなった今では営業部でもベテランの社員で克巳も高校生に成長しましたが、いまだに家族には自らの裏の顔について打ち明けることができません。

>

伊坂幸太郎の小説『AX アックス』が2020年の年間文庫ランキング4冠達成!

前二作が殺し屋が暗躍する事態に巻き込まれた一般人の恐怖を描いたスリラーだったのに対し、本作ではその殺し屋自身が主役なのである。 閉店後の百貨店で奈野村が明かした正体は、三宅に匹敵するほどの凄腕の殺し屋です。 三宅茉優 みやけまよ 克巳の妻。 長男・大輝の子育て中。 引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。 『グラスホッパー』の解説にも書いた通り、伊坂にはもともと、事故死に見せかけて人を消す殺し屋が多数出てくる小説という構想があったのだという。 冒頭、寝静まった我が家に帰ってきて、玄関ドアに鍵を差して回すとき、それからドアを開けるとき、極力音を立てないように気を遣うところ。 シリーズ累計では285万部を超えるなど読者から圧倒的な支持を得ている。

>

伊坂幸太郎の最高峰エンターテインメント小説! 凄腕の殺し屋“兜”が――実は恐妻家!?『AX アックス』

『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる、殺し屋シリーズ最新作。 あらすじ 恐妻家の殺し屋 兜は普段、文房具メーカーの営業として働くサラリーマンで、妻と息子の克巳を家族に持つ至ってどこにでもいそうな中年男性です。 一人息子の克巳もあきれるほどだ。 それが我らが主人公の兜なのだ。 家族小説と犯罪小説の合体が試みられたのが第三作である『AX』で、その結果として接合面にいる兜という主人公の個性が際立って見えることになった。 『AX アックス』が発売されて 読み終わった後、 インターネットで ここの伏線は ここで回収されているなどの 考察を読んでみて、 納得することや、 もう一度読み直してみて 発見することもあったので、 そのような方法でも 楽しめる小説だと思います。 まだまだ素人でした… そして「BEE」こちらは家の外に蜂が巣を作って兜が対処してますが、私の場合は部屋に一匹迷い込んで来て虫嫌いの嫁が大騒ぎ。

>

伊坂幸太郎の小説『AX アックス』が2020年の年間文庫ランキング4冠達成! :時事ドットコム

超一流の殺し屋なのに、家では妻に頭が上がらない。 「蟬」「蜜柑」「檸檬」「槿」「天道虫」「スズメバチ」「兜」など、個性的な殺し屋たちが登場。 運の悪い殺し屋「七尾」。 08年『ゴールデンスランバー』で第21回山本周五郎賞、第5回本屋大賞を受賞。 で、読み終わって奥付を見てビビったのだが、この連作集、1話目の『AX』が書かれたのがなんと2012年1月なのだ。 「あなたは、わたしの話をいつも聞いていないわよね」と不満の吐露がはじまるに決まっていた。 扉を開けると自動的に発射される仕掛けになっていて、倒れた医師の胸には矢が貫通していて既に息はありません。

>