北九州 ラーメン ランキング。 【北九州】知る人ぞ知る、地元民おすすめの「穴場ラーメン」7店

九州で人気のラーメン総選挙!おすすめランキングTOP10!

営業は昼の数時間のみ、常に行列、北九州市中心部から離れた立地。 それでは今回行ったいい店を紹介してみたい。 レンゲが止まらないんですよね。 旨い店も多い。 基本的なラーメンのトッピングはキクラゲ・ネギ・海苔などシンプルで、博多ラーメンの王道とも言えます。 店は常連さんでいっぱい。 今回はその中でも北九州市内や北九州近郊にあるラーメンに限定して、有名店や個人的に大好きな店を紹介します。

>

福岡・北九州で絶対食べるべき豚骨ラーメン5選|ウォーカープラス

接客も大変気持ちよく、こちらもまたいい店だなあ、と思う。 ここのチャンポンは、鶏のダシがしっかりきいた乳白色のスープにたっぷりの野菜やかまぼこ、ツルツルしたストレート麺が特徴。 でも大抵は「どこどこみたいなラーメン」って例えで表現できることが多いんですね。 濃いめのスープ、味の染みた角切りチャーシューが絶品。 リアルにオールウェイズ感を感じられますよ!「ラーメン」は一杯550円。 暖簾が出たので一番先に入ったつもりが店内にはすでに6人もいた(笑)。 北九州ラーメン史に欠かせない『珍竜軒』、未食なら一度は食べてみてください。

>

【厳選5軒】全て必食の定番店!北九州市で長く愛される豚骨ラーメンの店

その力グループ総本山が店を構えるのは、北九州市八幡西区の南西の端。 さてラーメン。 さて食べてみると「みんずラーメン」は「普通ラーメン」とタレだけでなく油、玄妙な味のする油が加えられており、味の違いが顕著。 一見さんはちょっとひるむかもしれませんが、大丈夫。 気がついたら地鶏清湯スープの醤油を注文していた。 現在は2代目が店を仕切っており、キビキビしたいい緊張感が漂う店内。 熊本でもファンの多い人気店のご紹介。

>

30年食べ歩いて選んだ北九州ラーメンのオススメ名店まとめ

豚の皮も加えることで重厚感が増す 創業時より自家製麺にこだわる 羽釜で大量の豚骨を煮込んでいる。 麺とスープの絡みもいい 無法松ラーメン ¥790。 ラーメンのスープと合う メニューは、ラーメン、ラーメン大、おにぎり 1個¥50 のみ。 油分を抑えているため飲み口、後味ともあっさりしている 大釜で麺を泳がせるようにゆがくのもイニシエのスタイル 店主の川内久門さん。 僕の一押しは「ワンタンメン」です。 その証拠か、店内には『一真軒』店主と『一竜軒』を切り盛りしていたご夫婦の旦那様(それともう1名某店主?)が並ぶ写真が掲げられています(偶然かもしれませんが、この旦那様のお名前は真一さんだそうです)。

>

【北九州】知る人ぞ知る、地元民おすすめの「穴場ラーメン」7店

とんこつスープ特有の臭みが少ないので、とても食べやすいのが特徴です。 モチモチとした極太麺と濃厚なスープ、トッピングの野菜が絶妙。 なんだかんだで最も長く住んでるのが福岡県になってます。 チャーシューは食感の異なる豚バラと豚モモ肉が1枚ずつ、ネギより細かいアサツキを入れるのもこだわり。 濃いめの豚骨ラーメンは古くからのファンも多い。 私が小学校の頃は「7大都市」(工業地帯?)の一つじゃなかっただろうか?福岡市より9年も前(1963年)に政令指定都市になっている。

>

九州で人気のラーメン総選挙!おすすめランキングTOP10!

とにかく重くって、どすんと腹にたまるスープ、これがやや甘めで、なぜかいつも「ぎょらん亭」の味だな、って思ってしまう美味さなんです。 ラーメン専門から串焼・おでん・イタリアンなど、お店によって味わえるグルメが違いますが、数あるお店の中でもオススメは「小金ちゃん」!数あるメニューの中で、ここに来たらぜひ味わいたいのが「焼きラーメン」。 当り前かもしれませんが、品質を保つ姿勢が伝わってきます。 また、具材のメンマを砂糖で甘めに味付けしてあるのも同店ならでは。 う~む、東京のどこのラーメンだろう?鶏ガラベースに豚足や牛骨を加えているらしい。

>

30年食べ歩いて選んだ北九州ラーメンのオススメ名店まとめ

icotto(イコット)は "心みちるたび" をコンセプトに、 女性が癒されリフレッシュできる旅の情報を集めたメディアです。 姫ぎょうざ ¥400。 低めのカウンターで、大将の丁寧な手仕事を目の前に見ることができる。 車を走らせていて気づくような立地じゃありません。 他に行きたい宿題店もあるのに。 『みんず』を行列店にした要因のひとつは、門司の店を切り盛りしていた創業者のキャラクターでしょう。 豚骨スープ、鳥ガラスープ、特製味噌をブレンドしたスープとモチっとした中太麺の組み合わせです。

>

【厳選5軒】全て必食の定番店!北九州市で長く愛される豚骨ラーメンの店

トッピングにもこだわり、辛味の少ないネギ・味がしっかりと付いた煮卵がよく合います。 注文を受けてからチャーシューを切り分け、丁寧に仕上げる所作が好印象。 それでは、どうぞ。 実は僕自身、東京で1回食べた後、北九州市で4年前に食べて以来の訪問でしたが、店主は黙々とラーメンを作り貫禄が出てきたように思えます。 住宅地にあり、昼しか営業しない店。

>