ハンデス ダムド。 【デッキ】アナカラーハンデスデッドダムド

ハンデス/手札破壊(TCG)

この頃になると場持ちにするの装着先としてに始まり、、を採用した型が主流化。 それでは、次の記事で。 カード指定除去であることと盾が増えるのもおいしい。 後は返しのターンでヴェルデ出して勝ちです、対戦ありがとうございました。 では、どちらかのカードが手札にあるという状況でそのカードを使います。

>

【青黒緑デッドダムド】

・ 《新星!ベルナーレ》4 ブロッカー。 とはいえ、いわゆる安定構築ならばこちらにクリティカルに刺さるカードがほとんどなく、展開の阻害もそれほどないため意外と善戦できることが判明したのは収穫だった。 ということになります。 即時的防御効果はブロッカー以外ないので3枚。 素晴らしいですね。 マナに置くカードは「ドンドン水撒くなう」でマナから手札に加えることのできるクリーチャー選択が可能になっています。 さて、早速ですがまず今回こちらの記事を書くに当たった経緯からお話させて頂こうと思います。

>

ダムド天門ロージアダンテのすべて(またはCS参戦記)

ではこのカードの使いどころはどこか? 先のこのデッキでの自分が思う、最強ムーブについて1度お話させて頂こうと思います。 今改造治療院とハヤブサをベガスと入れ替えるか迷ってます。 除去がなさそうな相手なら、次のターンの《デッドダムド》侵略を見越して《ドラゴンズ・サイン》を切って適当な青コマンドを出しても構わない。 期には対策のを投入した型が浸透。 相手は罰怒ブランドを絡めた3ターンキルを狙ってきます。

>

ハンデス/手札破壊(TCG)

メインデッキ ・悪魔妖精 初動の枠。 ・天災 デドダム このデッキの核。 盾から直接ドンドン水撒くなうをしっかり捲れるように4枚採用しているのと、サイバーダイスベガスも採用しているため比較的に安定しています。 そこで「ドンドン水撒くなう」の有無が選択肢を広げてくれます。 呪文はまあ、その。

>

結局青黒ハンデスとドロマーハンデスってどっちが強いのか 考察

デッキとシールド以外ならどこにいてもいいので、安心してドロースペルで墓地に落とそう。 ここからは対面ごとの立ち回りを紹介します。 バトルゾーンに出すことそのものを禁止するため、【ミッツァイル】【ガンバトラージョーカーズ】【赤単ブランド】など環境の主要な大量展開をピタっと止め、仮に殴られてもブロックからpigの全体タップでターンを返してくれる超高性能カード。 これだけでも十二分に強い性能を誇っていますが、それだけではこのカードの魅力は終わっていません。 ハンデス軸の自然文明が少ないところを補ってくれるのでこのデッキと噛み合わせが最強です。

>

【アナカラーダムド】アナカラーデッドダムドの回し方、対策方法が分かるデッキ解説記事!【デュエル・マスターズ】

なお、この時点では どうせ使い手の性能が低いんだから下手に小細工を弄するよりも一貫性を上げたほうがまだマシであるという事実に北白河はまだ気づいていない。 差し替え候補。 2ターン目、相手がドローすると手札は5枚。 後日こちらのデッキを使った動画も投稿する予定です。 環境次第ではの採用も考慮したい。 一応割れたシールドから《ヘブンズ・ゲート》経由で出た《達閃》が相手のうっかり《ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ》で死んでターンが帰ってくるのが確定するも、しっかり《H・コフーグ》でケアされて《ヘブンズロージア》《龍魂城閣 レッドゥル》ルートを封じられ負け。 採用枚数は2枚か3枚で迷いましたが、確実に初動でハンデスカードが欲しいということで3枚の採用となりました。

>

『青黒ハンデス2020』みんな大好き!新製品が安い、青黒ハンデス!

こいつのおかげでメインデッキにマナ回収を入れずに済むようになった。 【アナカラーダムド】の長所• 》が致命的に刺さることによりいかんともしがたいなーと思っていた折、一枚のカードを発見する。 ・カット 丙-二式 ピーピングができる。 では次の場合、 3ターン目「天災デドダム」をプレイ。 踏み倒しトリガーと同時に手札に来るケースもあるので侮れない。 あれ、そうでもないですか? ですが相手の手札はこちらからハンデスを受けた2枚のみ、こちらは濃縮された手札が4枚、しかも墓地にハンデスカードが落ちることもメリットである。 逆にが多いデッキとシールドブレイクの絡まないコンボデッキ、あとコマンドの盤面定着を許さないガチガチのコンには不利。

>

ダムド天門ロージアダンテのすべて(またはCS参戦記)

例によってミラーマッチは地獄。 こちらは相手の手札を1枚捨てさせ、こちらが1枚ドローができる、といったハンデスカードの中でも最強を誇る1枚です。 赤単ブランド このデッキはデッドダムドに有利といいますよね。 実際このカードの有無で赤単の勝率は変わると思います。 手札がすっからかんに。 ちなみにこの動きができると《ミルストップ》が最強カードになるので、環境を見てピン差しすることもありそう。 説明不要。

>