横向 ロッジ。 横向温泉

横向ロッジ(福島県)

グリーンフィルターで撮って見た。 最後に飛びかけた時に地下にいる先生を起こしに部屋を出てロビーへ行きました。 石塚は頰を押さえながらふらふらしていました。 これもまた素晴らしく美味しかったです 温泉は1日1組なので、貸切です。 私達は震え上がり帰路についたのです。 が7,609mgある温泉である。

>

横向温泉ロッジ

他の人も書き込んでいますが、ここを立てたオーナーは健在です。 その時石塚がいきなり『首が熱い』と言って冷やして置いたジュースで首を冷やしていました。 階段のひび割れから、結構な水が流れていて、ジメジメしていました。 N先輩「誰だ?こんな時間に」 彼女「怖くない?出なくて良いんじゃない?」などと話していると、 ピンポーン。 怖がりなくせに心霊ものが好きな私は、到着までは意気揚々としていたのですが、いざ中へ入るとかなりビビっていました。 そんな噂が溢れ、夜にここを訪れる若者が絶えないのだ。 なんだか見られているような気持ちになり、気味が悪いので帰ろうということに。

>

横向温泉ロッジ | オカルトオンライン

鉄のよい香りがして、湯船の中にはオレンジ色の湯の花が大量に沈んでいます。 そしてそんなことをしていたらいきなり高橋が『寝ろ』とか『お前らとにかく寝ろ』と狂ったように言ってきました。 個人情報の取扱いについて、当サイトで得られる個人情報につきましては、当サイトにて厳重に管理、保管いたします。 山奥の小さな宿のロビーに午前3時半にそんなおじいさんが立っているのはまずおかしいことなんですが、気にせず通り抜けて先生を呼び部屋に戻りました。 後ほど本当に 横向ロッジで撮った写真に なにも写っていなかったのか?と確認したところ、 確かにほとんど保存されていませんでしたが、 内部メモリに保存されていたのは何故かボイラー室が ぼんやり映っている写真だけでした。 湯に浸かると最初は少し寒いがだんだんと身体があったまってくる。

>

福島県の心霊スポット

確かにただならぬ気配があった。 高橋は起き上がっていて何かつぶやいていました。 起き上がっていた石塚は『北の方向に引っ張られてる』と言っていました。 怖い話は嫌いじゃない。 車に戻ってデジカメを確認しても何も写っておらず。 福島では心霊スポットとして有名だが、確かにその雰囲気は怪しい。 ただでさえ田舎な福島。

>

横向温泉ロッジ

山奥に入っていっただけあり、車が進むにつれ、周りはどんどん暗くなり、外灯すらなくなった。 これもまた素晴らしく美味しかったです 温泉は1日1組なので、貸切です。 横向きロッジは北にあり、霊も北からくると言われているのでびっくりしていました。 昔はここから横向温泉ロッジ、帰り際に飯盛山のルートで行ってました。 石塚はあの夜の後、ちょうど首絞められてた部分にポリープができすごい苦労を重ねていました。

>

横向ロッジ

今まで彼女と俺はここで一緒にいたはずだ。 ですが最後に霊は徳橋に取り憑きかなしばりに合わせました。 ぬるめの温泉ですが、奥の加温された湯が投入されるエリアはちょうどよいぬるさで、ずっと入っていられる温度です。 横になっていたところ滝沢が 石塚にビンタし始めたので何事かとみると石塚が白眼をむきビクビク痙攣していました。 より落書きが増えた様な気がする。 それからは悪いことも起きなくなり、祖父のおかげだなと思っています。 今より落書きは少なかったと記憶してます。

>