ポケモン go ハイパー リーグ ランキング。 【ポケモンGO】ハイパーリーグ&プレミアカップ(バトルリーグ/シーズン4)おすすめパーティー最強ポケモンランキング【2020年9月】 │ ポケモンGOでGO!

【ポケモンGO】ハイパーリーグおすすめポケモン!活躍度ランキング別に紹介|ポケらく

そのような 天敵が蔓延する環境においても 35. ギラティナと初手から対面した場合は、2発目までのドラゴンクローをメルメタルで交代受けを狙っていく。 環境総評 安定のトップ3 シーズン1の採用率上位3体はプレシーズンと同様に ギラティナ・ラグラージ・レジスチルが占める形となった。 その他を選んだ方、お手数ですがコメント欄にてあなたの最強ポケモンを教えていただけると幸いです。 そしてゲージ技の ドラゴンクロー・かげうち・げんしのちからはいずれも ゲージ消費の少ない技なので優秀な通常技と併用することで 早い回転で連発することができるため常に安定した戦いが可能になる。 交換できないポケモンの最低個体値は10としています。 ダーテング:くさ技・あくのはどうでギラティナ対策• このパーティの弱点は相手の控えにいる2匹のマッドショット持ちのポケモン ニョロボン・ラグラージ等 が非常に苦手。

>

【ポケモンGO】ハイパーリーグ&プレミアカップ(バトルリーグ/シーズン4)おすすめパーティー最強ポケモンランキング【2020年9月】 │ ポケモンGOでGO!

5 1 15 15 7 1779 1500 40 8 15 15 8 1768 1497 28 0 15 15 9 1755 1497 40 4 14 15 10 1755 1500 24 0 14 15 11 1742 1500 25. これらによる 非常に高い耐久が魅力です。 通常技は「 りゅうのいぶき」がDPSも高く、ギラティナに刺さるのでおすすめ。 ノーマルアタックに「マッドショット」があるため、 恐ろしい速度でゲージをためてくるのも特徴。 ステータスの「相手に勝つ力」と「相手を速く倒す力」の2点を評価していて、相手を倒すことだけでなく速く倒すことも重要である ジムバトルやレイドバトルの攻撃側のとき参考となる評価値です。 新勢力!アーマードミュウツー 今回のシーズン1で最も注目されるべき点は 新たにランキング入りを果たした アーマードミュウツーの存在だろう。 ハイパーリーグ環境には少ないが、 でんきタイプの技は二重弱点なので要注意。 弱点が少なく立ち回りやすい 二重弱点の「でんき」はあるものの、「いわ」と2種類の弱点しかなく耐性もそこそこ多い。

>

【ポケモンGO】GBLシーズン1総評&採用率ランキング(ハイパーリーグ)

ランキング上位のポケモンを対象として投票することができます。 他のレート帯ではあまり見られない、 上位3種をメタるためのポケモンが充実している•。 「クレセリア」ハイパーリーグ最高耐久 ぴくしー 高威力&高回転のゴリ押し戦法 「ラグラージ」の魅力は「マッドショット/ハイドロカノン」の技構成で 超強力な 「ハイドロカノン」を高回転で撃ち続けることができるところです。 また、CPと同規模の数字にしてあるので、攻撃寄りステータスを持ったポケモンはSCPよりCPの方が高くなり、防御寄りのステータスを持ったポケモンはCPよりSCPの方が高くなるという特徴があります。 ラグラージは汎用性が高く、みず・くさ・ドラゴンタイプの相手以外に対しては等倍以上のダメージを与えられるハイドロカノンも強力だ。

>

【ポケモンGO】GBLシーズン1総評&採用率ランキング(ハイパーリーグ)

技範囲が優秀で等倍以上のダメージレースで圧倒的な性能を誇るため今後の活躍にも注目していきたい。 技やタイプや攻撃ペースなど他の条件が全て同じだとすると、SCPが高い方が勝ちます。 CPは攻撃側以外には適さない CPはジムバトルやレイドバトルの攻撃側の強さを表すには合理的ですが、それ以外の場合の強さを表すには適切ではありません。 5 1 15 15 7 1779 1500 40 8 15 15 8 1768 1497 28 0 15 15 9 1755 1497 40 4 14 15 10 1755 1500 24 0 14 15 順 位 ポケモン SCP CP レベル PL 個体値 攻撃 防御 HP 1 1995 1500 21. 出し勝ちを維持して対面を取られないように戦おう。 ただし相変わらず1ゲージ技ぶっぱは強力なので、良い個体を所持している場合は使ってみましょう。

>

【ポケモンGO】ハイパーリーグ ・プレミアカップおすすめ最強ポケモンランキング!|ポケらく

貴重なほのお技持ち ゲージ技の範囲も広く、特に「 かえんほうしゃ」は トゲキッスの弱点である「はがね」タイプへの打点になるので必須。 特に 環境トップのギラティナ+レジスチルの並びの両方に対して弱点をつける点はとても魅力的だ。 サンプリングデータの出典 ハイパーリーグは3月28日からのスタートでまだデータが少ないですが、今回はTwitter、YouTube、Reddit等でそれぞれ対戦結果を掲載している5名のプレイヤーさんのデータをもとに集計・分析をしています。 手持ちが上記の3匹だったら、もう目も当てられません。 メガニウム:くさ技・地震でラグラージ・はがね対策• 弱点相手にはもちろん、等倍でも高火力の「 ブラストバーン」が強力です。 レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。

>

【ポケモンGO】ハイパーリーグ最強ポケモンランキング【PvP対戦】

他2体で倒せないポケモンを対策 クレセリアを出した後にすぐにタチフサグマに交代すると、相手はクレセリアと対面させたくないラグラージやニョロボンを出してくるパターンが多い。 ランキング上位のポケモンを対象として投票することができます。 ただし今シーズンから環境入りを果たした アーマードミュウツーに 大きく隙を見せてしまうデメリットもあるので今後のニョロボンの採用率には注目したい。 相手の鋼タイプと対面した場合はすぐにタチフサグマに交代。 それに伴って仕様変更後は下方修正されたげんしのちからよりも かげうちを使うギラティナが増えていたが ギラティナ自身の採用率に大きな影響はなかった。 ラストにはシュバルゴを採用 ラストには2体目の鋼枠としてシュバルゴを採用。

>