新 サクラ 大戦 評価。 【新サクラ大戦】評価レビューとプレイの感想

「新サクラ大戦」レビュー

バトルシステムは、背後から機体を見下ろすタイプのアクションゲーム。 第3話終了時まで進めましたが、面白いです。 (なげやり) 感想 感想は一言 「演出はいいけど、ゲームとしては微妙」です。 シリーズ伝統のミニゲーム「こいこい(花札)」やブロマイド集めを楽しめるのもこのパートで、終盤に入ると帝都を襲う「降魔」との戦いや、世界各国の華撃団との競技会「世界華撃団大戦」でのバトルパートへと突入する。 銃で攻撃するアナスタシア 魔法で攻撃するクラリス ・バトル時に敵の位置を示すレーダーが少し見づらい印象でした。 Web媒体• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 ただすみれの引退をアニメでもやらければという制作者の姿勢はなかなかのもの。

>

『新サクラ大戦』レビュー。令和とは思えないゲームだけど愛せる。

押し寄せてくるザコ敵をバタバタなぎ倒すのは爽快だ。 それこそが『』だ。 ネタバレは無しです。 ヒロインにはライバル的なキャラクターが存在するが、主人公には存在しないのも多少盛り上がりに欠ける要因となっている。 メインキャター紹介 神山誠十郎 (CV) 本作の主人公。

>

【ぷよクエ】新サクラ大戦シリーズの評価と解説|ゲームエイト

胸に何か熱いものが込み上げて来るレベルでした。 これにより、 空中の敵が倒しにくくストレスに感じている人が多かったです。 キャラクターもただ棒立ちするのではなく、内容に合わせてジェスチャーのある感情表現をするので、イベントそのものがとても臨場感がある。 だが周回プレイでいくつものLIPSの選択肢を選ぶ楽しみがあり、少ないイベント量でも膨大なイベント分岐によって十分なボリューム感を得ることができる。 他人の評価のコピー• どんな強いボスが出てくるより空飛ぶ敵が数体出てくる方がため息だてしまう。 演出面が圧倒的に強化されたが少し気になった部分もある。

>

『新サクラ大戦』レビュー。令和とは思えないゲームだけど愛せる。

昔、サクラ大戦アニメ化ということで期待させられたのですが、 これが夕方にやって良い出来だったのでしょうか? 歌劇団を復活させようという物語が現実のサクラ大戦というIP復活にかかっていて熱いんだよなぁ。 何でもかんでもフルボイスだから良い訳ではないが、妥協を感じてしまう。 特に、キャラとの会話内の選択肢によってキャラの反応も異なるため、様々な選択肢を試したくなる仕掛けが満載だ。 「こいこい」については、 ルールを理解していない場合は、無理ゲーと言っても過言ではないので、まずは ルールを覚えるところから始めるべきでしょう。 戦闘パートは草刈りゲームと称されるレベルの陳腐な出来で、操作性は勿論、プレイアブルキャラが場面毎に限定され過ぎており、華撃団というチームで戦ってる感が皆無。 せめてボイスないとこは引きの画にしてくれ…イベントと同じ感じで突然口パクが続いて何か思った。

>

『新サクラ大戦』レビュー、新規もファンも楽しめるアドベンチャーと練り込み不足のバトル

ゲームについて 発売日:2019年12月12日 機種:4 ジャンル:ドラマチック3Dアクションアド 販売元: 開発元: 本ゲームは、かの有名な 「シリーズ」の続編となります。 また敵の種類も少なめで、敵も味方も個々の攻撃が単調なことに加えて学習途中のようなAIが悪い意味で目立っている。 それから十年の時が過ぎ、太正二十九年。 長いストーリーの場合は要所でCMに入るかのようにアイキャッチが挿入され、仲間の状態の確認や任意セーブ(基本はオートセーブ)が行える。 特に1話と4話。 。 そんな世界を彩るメインキャラクターのデザインは、週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載されたマンガ『 BLEACH』の作者として知られる久保帯人氏が担当。

>

『新サクラ大戦』海外レビュー・評価・メタスコア

また、ヒロイン達は表情がとても豊かであり、コロコロ変わる表情が見ていて飽きない。 前作の「V」から 約14年経ってからの新作ということで、大いに注目されています。 帝都では新たなるが結成され、世界華撃団大戦での勝利を目指し活動を開始する。 アスレチックが鬱陶しい(落下してもペナルティがないので意味がない)• 無駄なく、自分の思うままにゲームを進めていきたい方はコンプリートガイド片手にプレーするのもわるくないでしょう。 前作『サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~』から14年ぶりの新作となった『新サクラ大戦』は、シミュレーションRPGからドラマチック3Dアクションへと生まれ変わった。

>