キャット ファイト レズバトル。 キャットファイト

キャットファイト

主な名義は羽柴まゆみ。 2011年にはプロレス形式に特化した新団体「ファイティングガールズ」 を、長年キャットファイト作品をリリースしているブローウインドコーポレーションが旗揚げした。 現在は難波の味園ユニバースにてCPEが年1興行を開催している。 「戦うアイドル」の異名を持ちCPEなどで活動していたが、現在は引退。 戦いそのものの結果を見せることを主眼とせず、訓練されていない格闘技のがなさそうな華奢な体つきの女性同士が戦うことが多い。

>

キャットファイト

近年多様化が進み、猟奇趣味の作品もキャットファイトと関連付けされはじめたが、ことこのジャンルに関しての人気は海外も国内も同程度といわれている。 CPEにて「ラメイダー」として活動した後、プロレス入り。 また、キャットファイト専門誌『バトルヴィーナス』 がより発行されている(現在休刊中)。 に「ひろひろ」名義で参戦。 その後、現在でもキャットファイト作品を制作しているメーカーもある。

>

キャットファイト

10年以上CPEを主戦場にしている。 インディ団体のプロレス練習生や女子プロレス団体のオーディション合格の過去あり。 のでは、と呼ばれる女性達がマッチ、マッチ等のキャットファイトを思わせるを施したを行っている。 また、アメリカ女子プロレスの草分けとされるもキャットファイト映像を制作したことがあった。 相撲形式の戦いの際には「簡易」や土の本格的な土俵が使用されることもある。 アクション女優。 外部リンク [ ]• キャットファイトの映像ソフト市場には、、、などのキャットファイト専門レーベルの他に、かつては、などの大手を含めたメーカーが参入した。

>

キャットファイト

後にとして復活させた。 CPEでは「Aky」名義で活動。 ・兄弟の妹であり日本初の女子プロレスラーとがでの興行を打ったのが、日本の女子プロレスの始まりである。 活動休止を経て2016年に後継にあたるBWP(バトルワールドプロレスリング)と性的志向の強いSSS(SUPER SONIC SATELLITES)に分裂している。 AV引退後は社会人プロレス団体に参戦。 ところで、日本では1980年代の女子プロレスブームを頂点として近年ではその人気は下降傾向にあるが、その中で1980年代・黄金期の女子プロレスを映像作品として再現を試みる「ラピュタ」 という独立系メーカーも存在する。

>

キャットファイト

NCLのキャットファイターからでプロレスデビュー。 キャットファイト興行やDVDには、専門のキャットファイターの他、、、、などが出演することが多い。 お笑い芸人「東京03」豊本と結婚した。 ボクシングジムの練習生として当時の女子世界チャンピオンとエキシビションの経験あり。 興行は主にやで行われるが、大きなものはや、味園ユニバースなど一般の格闘技会場を使用する場合もあり、CPEは年に5回ほど新木場1stRINGにて興行を行っている。 にはNCPとして大阪・にてキャットファイト初上陸を果たした。

>

キャットファイト

主なキャットファイト関係者 [ ] 出身の女子プロレスラーであり、CPE創始者として「キャットファイトの母」と呼ばれる。 夏目雅子としてファイティングガールズでデビュー。 本職は漫画家。 試合形式 [ ] レッスルマニア25で行われたディーヴァ・バトルロイヤル(2009年) 前述のとおりエンターテイメント性が高く、試合形式はルール、ルール、ルールなどその場その場で違う。 日本におけるの出発点はキャットファイトである。 形式の戦いもあり、その際は2本先取制または、の外し合いなどのルールが採用されることが多い。

>