近畿 日本 ツーリスト 関西。 かに旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

<WEB>アラウンド関西 【近畿日本ツーリスト】

(令和2年)11月には、による業績不振を受け、後述の構造改革計画を発表した。 (平成24年)• - トラベルビジョン 2007年3月8日• com 2013年3月1日 関連項目 [ ]• (平成11年) - 、、、松下電器産業(現在の )などと、新たな手法を開発するのを目的とした異業種合同プロジェクト「」を発足させ、近畿日本ツーリストは旅行パッケージを担当。 (昭和35年)11月 - 全額出資により株式会社近鉄航空サービスを設立、航空船舶部門を営業譲渡。 早くからダイレクトマーケティングにも力を入れ、クラブツーリズム株式会社を設立している。 1月21日 - 同社の当時41歳の社員が、在籍当時から退職後までの2004年8月から2009年1月にかけて、満期時に「サービス額」を上乗せした旅行券を受け取れる同社の積立商品について、満期時に年3. ロゴの使用を取りやめる 2016年に新ブランドの発表に伴う新たなロゴの使用が開始され、knt!。 - トラベルビジョン 2006年4月27日• その積極的な営業姿勢から「野武士集団」と称され、にもなった。

>

<WEB>アラウンド関西 【近畿日本ツーリスト】

7月 - のと業務提携。 (昭和60年) - ダイレクトマーケティング事業において「旅の友」を創刊。 また、親会社の近鉄は国際化を見越してに社内に観光部を設け 、その後の代理店となり の公認も得て、欧米・アジアの航空会社の代理店にもなった。 - 2002年2月4日• 城山三郎 『臨3311に乗れ』 集英社文庫、1980年4月、230頁• 10月 - (・南海国際旅行)と業務提携、南海電気鉄道とは株式の持ち合いを実施。 株式会社近畿日本ツーリスト九州を設立。 主な系列会社 [ ]• 『臨3311に乗れ』 、1980年4月、105-107頁• - 観光経済新聞 2011年2月26日• 2017年9月までは関東・甲信越・中部・関西地区の事業(商品企画、Web・提携販売)は株式会社が営んでいた。 (昭和40年)• 情報化にも力を入れており、業界初のオンライン(旅館予約システム)の導入 や、でホテルの予約ができる Eクーポンシステムも他社よりもいち早く導入した。

>

<WEB>アラウンド関西 【近畿日本ツーリスト】

後半以降は日本がに入る時期で国民生活は安定し国内団体旅行が増え、が成長し修学旅行の需要が大きくなる時期でもあった。 初代・旧会社は2013年1月1日に持株会社に移行し商号変更している。 - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)IRニュース 2012年7月18日• - 2010年5月27日• のロゴマークの使用を取りやめて、2006年以前に使用していた「 近畿日本ツーリスト」のロゴマークに変更した。 旅行斡旋業務を開始する。 - トラベルビジョン 2010年5月28日• 」を導入。 - ラグゼ銀座マロニエ開設。 更なる事業再編をすすめ(平成25年)1月1日にクラブツーリズムとによる経営統合を行い同社を子会社化する。

>

近畿日本ツーリスト

- 株式会社NTTデータテラノス• - トラベルビジョン 2007年9月4日• ・ - ともにツアー部分を担当。 商事事業を株式会社近畿日本ツーリスト商事に譲渡。 また本体の旅行事業も新設の子会社2社に移管し 純粋持株会社に移行すると同時に社名をKNT-CTホールディングス株式会社に変更した。 - 日刊トラベルニュース 2013年1月29日• 近ツー側は2013年に事実を認め謝罪。 - トラベルビジョン 2004年5月6日• 株式会社• このシステムは開催の関係の予約業務に貢献し 業績を更に伸ばすことに繋がる。

>

関西旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

(平成16年)• 2代目の沿革 [ ]• - トラベルビジョン 2006年7月4日• 更に税関貨物取扱人(現在の通関業に相当)免許も取得した。 4月 - 三喜トラベルサービス株式会社の株式を取得。 なお、2006年まで使用されてきていた「ひまわりマーク」は使用されていない。 - トラベルビジョン 2007年8月21日• 両社は1億円程度株式を相互に保有する資本提携を行う。 - KNT-CTホールディングス• 事業を譲渡した初代の近畿日本ツーリストは持株会社に移行し、商号を KNT-CTホールディングス株式会社に変更。 - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)ニュースリリース 2003年1月30日• 株式会社(旧:相鉄観光株式会社)• 日本ツーリストは景気に左右されない修学旅行団体の獲得を行い、当時のの移動手段の粗悪さに着目し、・JNR(現・)に陳情し修学旅行専用列車(列車番号:臨3311)を初めて走らせ 、国鉄の団体旅客取扱指定業者になるなど、資金も信用もない独立系の弱さを創意工夫で旅行市場を切り開いていった。 株式会社• トラベルデータ研究会 『業界快速ナビ 旅行業界がわかる』 技術評論社、2008年1月、69頁• (平成28年 - 使用されなくなっていた knt! - INTERNET Watch Impress Corporation 2005年1月19日• - トラベルビジョン 2006年3月22日• - 本社を東京都千代田区一丁目に移転。

>

関西旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• その一方で近畿交通社時代から続く航空部門の不振により、(昭和35年)11月に全額出資で株式会社近鉄航空サービスを設立して、航空部門を分離する(後に黒字化し8月に同社を吸収合併)。 3社とも完全子会社。 - トラベルビジョン 2005年10月26日• - トラベルビジョン 2007年8月30日• - トラベルビジョン 2005年1月11日• 概要 [ ] 2018年3月までの近畿日本ツーリスト株式会社(2代目)は、大手総合旅行会社であった初代の近畿日本ツーリスト(現:)がに移行するため、団体旅行事業の譲渡先として設立した会社である。 出典 [ ]• のロゴマークを、視認性が必要とされる一部の大型ポスター類に 近畿日本ツーリストのロゴを差し替えるかたちで再び使用を始める。 それ以外の地方では、その地域にある関連会社が団体旅行と個人旅行の両方を扱っていた。 8月 - 株式会社近鉄航空サービスを合併。 経営数値は持株会社化前の旧会社時代最後のもの。

>

関西旅行・ツアー(関西発) 【近畿日本ツーリスト】

(平成24年) - 初代の近畿日本ツーリストによって KNT団体株式会社が設立される。 一般の団体旅行にも手を広げ、地方にも営業所を置き事業を拡大してきたが、資金繰りに窮し経営に行き詰る。 これは Kinkiという単語が英語圏では (変態)に語感が似ているためである。 なお、旅行事業を継承した子会社のうち団体旅行事業を継承した会社が2代目の近畿日本ツーリスト株式会社を名乗ることになった。 - トラベルビジョン 2010年12月2日• 橋本亮一 『最新 業界の常識 よくわかる旅行業界』 、2009年9月、126頁• この2つが(昭和30年)合併して初代の近畿日本ツーリスト株式会社となる。 大型ディスプレイなどの広告類が都市部を中心に活用される現在、視認性が良いものが求められること、また東京オリンピックの開催期間に向けて海外からの観光客が増加することなどを予想し、2005年から2012年まで広く使用されていた knt!のロゴマークに似た 上部に Knt 、下部に 従来から長きに渡って使われてきた 近畿日本ツーリスト のロゴを配置したロゴマークに改められた。 - 2010年11月10日• 個人向けの営業がないため多くの支店窓口は1階にない。

>

関西旅行・ツアー 【近畿日本ツーリスト】

(平成21年) - 株式会社近畿日本ツーリスト北海道を設立。 - 12月31日付で株式会社に本社用地を売却することを発表。 以降に進出した世界各国では、現地の子会社が旅行客に対して到着地での各種サービスの提供、航空券や旅行商品の販売、引受事業などを行っている。 (平成18年)• また、「日本」部分の正式な読みは にっぽんであり にほんではないが、後者の きんきにほんつーりすとという読み方も、社員や顧客をはじめとして広く慣用されている。 一方の日本ツーリスト株式会社は、銀行員だった経験をもとに、馬場勇が(昭和23年)9月に創業しにとして設立した。

>