ひろしま タイム ライン twitter。 「ひろしまタイムライン」 SNSで伝える75年前の今日

軍国少年目線で朝鮮人差別を扇動したNHK『ひろしまタイムライン』

広島在住・出身の11人がTwitterを担当しているという。 6月16日の、トンネル工事での出来事でした。 秘密のことなので作業のことは以上しか書けない。 「1945ひろしまタイムライン」は、戦後75年がたち、戦争や原爆の記憶が薄れつつあるなか、若い世代に関心を持ってもらうため、身近なメディアであるSNSと放送を連動させた企画として発足したプロジェクトです。 やすこさんは郊外にある夫の実家に引っ越し、大家族の食卓を任される。 そしたら担当者が「今でもヒトラーを尊敬していますか」と。 広報担当者は取材に「偏見や差別との指摘があるが、そういう意図は全くない」と述べ、投稿を削除する考えはないと説明』 2020. 1945年生まれが後期高齢者になる今年は確かに「特別な夏」だ。

>

1945ひろしまタイムライン|NHK広島放送局

著書はシリーズ60万部のベストセラー『頭のいい説明「すぐできる」コツ』(三笠書房)など多数。 NHK広島放送局が運営する「1945ひろしまタイムライン」の「シュン」のツイッターアカウントのトップ画面 「もし75年前にSNSがあったら」という設定で、NHK広島放送局が今年3月からツイッターで展開している「1945ひろしまタイムライン」。 こうした分析が生まれることは、Twitterで発信した「もし75年前にSNSがあったら」の大きな成果といえるでしょうね。 NHKとして差別や偏見を助長する意図はありませんでした」と回答している。 このツイートに対する批判に対して、 当時の少年の気持ちをそのまま書かないことは歴史修正だ 本当のことを書いて何が悪いのか との擁護がツイッターやネットニュースに寄せられている。 モデルとなった人物は現在88歳で、ツイートの文章は書き残された日記とインタビューなどを元に、広島市内の高校生が創作しているという。 [1] 四日になって私たちは田端から母の故郷の福島に向かったのですが、その車中で、すごい光景を見てしまいました。

>

1945ひろしまタイムライン|NHK広島放送局

画面を通して、75年前の日々をより身近に感じていただければ嬉しく思います。 問題となったのは、当時中学1年生の少年が、広島から埼玉県へ移動中だった8月20日につぶやいたという想定の投稿。 「厳重に子どもたちを監督指導します」と言われ、歩み寄った私も甘かったと思います。 また、手記を提供してくれた方が、1945年当時に抱いた思いを、現在も持っているかのような誤解を生み、 プロジェクトに参加している高校生など関係者のみなさんにも、ご迷惑をおかけしたことをおわびいたします。 ではの8月20日のツイートを取り上げたが、このアカウントは6月16日にも悪質な差別扇動ツイートを行っている。 ツイートには 注釈もなければ補足説明もない。

>

ひろしまタイムラインの何が問題なの?

中小企業から国会までを舞台に幅広くコミュニケーションのプロジェクトに取り組む。 よく見ると、それは徴用された朝鮮人の一群でした。 米コロンビア大学院(国際広報)卒。 【1945年8月20日】 焼け野原の大阪でまた野宿。 「ひろしまタイムライン」炎上 NHKが「原爆被害を伝えるため」として運用しているツイッター「」が炎上している。 ) 【1945年8月19日】 うわ…まさか、まただ 逃げ惑う避難民たちを押しのけて、抱えきれない大荷物を持った屈強な男たちが乗り込んできた! 支給されたばかりの新しい軍服。 どうせなら、75年前のひろしまの原爆投下数日前にタイムスリップしたことを想定する方が(これも非現実的とはいえ)まだなんか意味ありそうな気にはなれます。

>

ひろしまタイムライン

3人はそれぞれ爆心地を逃れていた。 私は演劇というジャンルで活動しているなか、こうした集団創作ならではの経験をしてきました。 下記の事件や暴動などを起こました。 このツイートへの批判を受け、NHK広島が出したコメントの一部がこちら 全文リンク また、共同通信の報道によると 『同局は批判を受け、21日にホームページで「当時の混乱した状況を手記とご本人がインタビューで使用していた実際の表現にならって掲載した」と釈明。 企画意図はどうあれ、 差別を助長し言葉の暴力を振い続けている。 ワッとばかりに大勢が蛇を捕らえた男を取り囲み、その蛇を奪い合い、なんと私たち中学生に軍配があがりました。

>

NHK「ひろしまタイムライン」で釈明 「朝鮮人」投稿巡り「ヘイト誘発」と批判

モデルとなった被爆者や企画に参加する高校生ら関係者に「迷惑をおかけした」としておわびした。 8月20日に次のような投稿があった。 こっちは8月6日に何が起こるのかを知っていて、その人が生き残れるのかどうかを見守り続ける気にはなれなかった。 気を引き締めて臨まねばなるまい。 歩み寄ろうと。

>

NHK「ひろしまタイムライン」で“朝鮮人”に関する投稿 ⇒ NHKは「実際の表現にならった」と説明(UPDATE)

それによると、8月20日にシュンが「大阪駅で戦勝国となった朝鮮人の群衆が、列車に乗り込んでくる!」などと書き込んだツイートは、シュンのモデルとなった男性が、広島の自宅から両親の故郷である埼玉県に移動する途中に体験したことを伝えたのだという。 2つめは、その行為をひとりではなく、他人と対話しながら共有するという意義。 そして、高校生チームへのケアも要請しつつ、「禍転じて深い学びにするチャンス」と下村さん。 私はそんなことを許した覚えは一切ないと激怒しました。 これは当時の差別感情を今に伝えたい思いとともに「加害感情が無自覚に子どもたちまで持っていた。

>