生 きくらげ レシピ。 【みんなが作ってる】 生きくらげのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

生キクラゲと乾燥キクラゲの違いは?おすすめレシピもあわせてチェック!

食べきれなかったものはビニール袋やラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保管するか、石づきを落として食べやすくカットしたものを冷凍庫で凍らせて保管してください。 卵液に少量水を足し、さらに混ぜます。 前述のように戻すときにかなり膨らみますので、戻す量にはご注意を。 例えるなら「てっぴ(ふぐの皮)」に近い独特の食感です。 ですからキクラゲ本来のプリプリ感を味わいたいのなら、やっぱりどん子は生キクラゲをオススメしたいと思います。 乾燥きくらげは、水で戻して使用するのがオススメですが、時短料理に乾燥のまま煮込むこともできます。

>

きくらげレシピ集

塩こしょう 少々• 本来は刺身といえば加熱調理をせずにいただく料理だったようですが、現代では馬刺しやコンニャク、湯葉なども「お刺身」として広く親しまれていますよね。 常備菜としておすすめで、おにぎりの具としてもおいしいです。 豚肉 100g• 国内に流通しているキクラゲは、今も昔も中国産の乾燥キクラゲが主流です。 一口大に切った生きくらげと白ネギ、刻んだ生姜を炒めます。 実際にはなかなか難しい分量ですが、きくらげには100gあたり15gもの食物繊維が含まれており、効率よく食物繊維を取り入れることができます。 5位にもランクインしたきくらげの佃煮が堂々の第1位に! こちらはキクラゲのみを使った佃煮で、きくらげを千切りにして調味料とあえ、ごまをふって完成。

>

女性に嬉しいきのこ「きくらげ」の栄養と保存・レシピまとめ

酒、濃口醤油を加え、1、2の具材を入れ、強火で一気に炒めます。 1をいれ、全体に油が回ったら4の調味料を絡めます。 卵 3個• 日光を浴びることで体内でも作ることができますが、冬季など部屋にこもりがちな季節は食品からも補うのがオススメです。 また、きくらげを使い切れなかった場合は、ラップに包んで保存袋に入れてから保存するようにしましょう。 見た目は昆布の佃煮とも似ていますが、食感は別物。

>

生きくらげの活用レシピまとめ!調理方法や保存方法も徹底解説!

「きくらげ」とはどんな食材? きくらげは漢字で書くと「 木耳」といって、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属の きのこの一種です。 また、 ビタミンDが不足すると認知症リスクが2倍以上になってしまうとも言われており、年齢を問わずしっかり取り入れたい栄養です。 低カロリーレシピ• 木須肉は小松菜と豚肉、卵などの食材をキクラゲと一緒に炒めた料理。 近年では安心して食べられる国産のきくらげも少しずつ増え、今まで以上に料理に取り入れやすくなっています。 水を吸ってぐんぐん大きくなり、約7倍の大きさに膨らみます。

>

【みんなが作ってる】 生きくらげ ポン酢のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

Aの調味料を混ぜ合わせて、合わせ調味料を作ります。 粉末状なので様々な料理に利用でき、スイーツやドリンクに加えたりと、多彩な食べ方できくらげの栄養を取り入れることができるようになりました。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 きくらげのおすすめレシピ どんな料理に合わせてもおいしいキクラゲですが、定番はやはり中華料理。 【目次】• キクラゲも生で食べられるキノコではあるのですが、お刺身で食べる際には、 殺菌消毒のために必ず30秒ほど湯通ししてから食べて下さいね。 食べきりサイズの150gもありますので、ぜひ一度お試しください。

>

【みんなが作ってる】 生きくらげのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが343万品

5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 強火でさっと炒めます。 炒め物の場合は一緒に炒める、スープや汁物の場合は一緒に煮込む等、必ず加熱調理してからいただきます。 安心して食べられる国産が主流 主に中国産が主流の乾燥きくらげと比べて、 生きくらげは国産が主流。 食べるとコリコリとした歯ごたえのある食感が特徴で、中華料理やとんこつラーメンのトッピングによく使われています。 多めの油を使ってふっくらと仕上げます。 調理に使いたいときには、凍ったまま料理に加える。

>

生きくらげの活用レシピまとめ!調理方法や保存方法も徹底解説!

和食、洋食にアレンジするのもオススメです。 ですがこうして日本でもキクラゲが生産できるようになったからこそ、生鮮食品である生キクラゲが国内で食べられるようになったのですね。 最後に 美容にぴったりな栄養が多く含まれており、それでいてマルチに使えるきのこ「きくらげ」。 そこでなによりもまず違いを感じてほしいということから、生キクラゲの場合はシンプルな「」がおすすめ。 きくらげはクセのない風味ですので中華料理だけではなく、日々の様々なお料理にお使いいただけます。 味や香りにはクセが無く、どんな食材と合わせてもおいしくいただけます。 軽く混ぜ合わせたら、完成です。

>