リッツ カールトン クレド。 リッツ・カールトンから学ぶ、クレドを通してブランドを育てる方法。

リッツ・カールトンから学ぶ、クレドを通してブランドを育てる方法。

企業理念「ゴールドスタンダード」 ゴールドスタンダードはザ・リッツ・カールトンホテル カンパニー L. 高い費用を出してどこかの企業研修を受けさせること無く、自社の環境の中で戦力となるスタッフが育つのです。 THE RITZ-CARLTON クレド リッツ・カールトンはお客様への心のこもったおもてなしと 快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。 」 ・「私は、ユニークな、思い出に残る、パーソナルな経験をお客様にもたらすため、エンパワーメントが与えられています。 私は、お客様の願望やニーズには、言葉にされるものも、されないものも、常におこたえします。 5-2 :お客様の記憶に残りつづけるストーリー その他、ネット上で調べると、様々なお客様のパーソナルストーリーを見つけることができます。 私は、自分に関係する仕事のプランニングに参画します。 クレドカードには紙製のものとプラスチック製のものがあります。

>

「クレド」の作り方や浸透させる方法。一人ひとりの「行動」につなげるためのステップとは

現代のような変化の激しいスピード社会においては、今までのように判断に迷った際に上司に相談し判断を仰ぐプロセスではビジネスチャンスを逃す恐れや、大きなクレームの発生にもつながりかねません。 16時半まで歓談して、その後館内見学とクレドのレクチャーを受けました。 エンパワーメントの2つのエピソード 二つ、エピソードを紹介しましょう。 クレドの文章化 インタビュー結果やアンケートの集計結果をまとめて文言に起こします。 企業文化には、組織のビジョンや価値観があらわれます。 お客様は想像の通りかなり喜ばれて、感動のあまりメディアにもその話をした。

>

リッツカールトンの社内モチベーション施策の筆頭は「クレド」

リッツ・カールトンのリピート率は40~50%ほどで、高いリピート率を維持しているのです。 最高のサービスを提供する人間、という信頼です。 頼まれた事にプラスひとつ何かすれば良いのです。 私は、「成功への要因」を達成し、リッツ・カールトン・ミスティークを作るという自分の役割を理解します。 日本人なら仕事だからと割り切れますが、ユダヤ人にとって仕事は人生を豊かにするための手段に過ぎないので、人生を犠牲にするものではない。

>

リッツカールトンのクレドに学ぶ!ブランド戦略の立案と推進・商品開発・人事戦略等

それがザ・リッツ・カールトン・ベーシックです。 クレドは、スタッフの行動指針であるため クレドを軸にした経営は、自ら考えて行動するスタッフの育成にとても役立ちます。 最大2,000ドルという金額の大きさに目が行きがちですが、 その狙いは従業員の当事者意識を育み、タイムロスなくお客様へ最高のサービスを提供することにあります。 2007年3月には、六本木にザ・リッツ・カールトン・ホテル東京が開業。 つまり、お客様に対して笑顔で接しなさいとか、お客様にノーといってはいけませんといいながら、 その従業員がお客様の見えないところでマネージャーから全く自分の意見を聞いてもらっていなかったり、 尊敬の念をこめた態度で接しられていなかったら、決して前向きな気持ちでお客様をおもてなしはできません。

>

リッツカールトンのクレドから学ぶ最高のホスピタリティ

企業で働く従業員の理想の姿を定める 実際に従業員の行動につながるものを策定しますので、従業員がどのような考えのもとで働くべきなのかを議論する必要があります。 共通の目的を持つことで、チームワークが良くなる• 勝つために人の100倍考え、自己管理の下に成長していこうとする姿勢が必要。 」 普通のホテルだったら考えられない対応ですが、このような対応ができたのは、次のような従業員へのエンパワーメント(権限委譲)があったからです。 行動に迷ったときに、必ず見返せるようにしている。 この理念や哲学を従業員が自分のものとして承認しなければ、それこそ絵に描いた餅となり、作っただけで終わってしまうでしょう。

>

ゴールドスタンダード

ここでも単に「よい」ではなく、「最高の」という言葉を使っています。 信頼、誠実、尊敬、高潔、決意を原則とし、私たちは、個人と会社のためになるよう持てる才能を育成し、最大限に伸ばします。 では、マニュアルが求めるサービスの質を超えるために、クレドはどのように生かされているのでしょうか。 その中でも、企業の価値観や思想を言語化した MIND IDENTITYを、言動へと具現化したものが BEHAVIOR IDENTITYです。 リッツ・カールトンの資産を守るのは、従業員一人一人の役目です。

>

リッツカールトンのクレドに学ぶ!ブランド戦略の立案と推進・商品開発・人事戦略等

ここまではどの会社も同じだと思います。 お客様をお名前でお呼びします。 リッツ・カールトンでもおもてなしについては定義されています。 -- まずクレドから説明します。 お客様のお名前をできるだけお呼びしましょう。

>