余 茂春。 余茂春:一國兩制徹底失敗 美國重新考慮對台政策

ポンペオ米国務長官の中国出身ブレーン、一族の家系図から除名―仏メディア|レコードチャイナ

所以習近平在美中貿易問題解決不了時,他就會在會議中說現在國際形勢很嚴峻,要堅定信念勇往直前,要不斷「鬥爭」。 這令美國對台灣政策有「重新考慮的必要」。 中共對維吾爾人的鎮壓首先是打擊菁英分子,例如教授、醫生、記者、編輯和學者之類的人,這些成為打擊的重點對象。 同氏はまた、「香港の人々は、自然統一の名の下の共産主義独裁体制ではなく、自由と法の支配の体制を選んだと思う」と付け加えた。 余氏はワシントンの強硬な中国政策に深い影響力を持っている」と過去に報じているとも説明した。

>

「中国に真の同盟国はない」米政権の対中政策ブレーン余茂春氏、習氏の多国間主義主張を否定

另一方面,隨著急速惡化,外界認為,雙方已進入新冷戰階段。 そして、このような中国共産党の痛い所を突く政策を地道に続けていたからこそ、ヒューストンの総領事館を閉鎖するだけの証拠が上がったのだと、福島さんと宮崎さんは仰ってました。 これが多国間主義の基盤である」と同氏は述べた。 一方、最近中国では余氏の母校記念碑に刻まれた余氏の名前が消されるということまで起こっていると、中華圏のオンライン・メディアの「多維」が29日、報じた。 「世界のほぼ全ての自由民主主義国は中国が脅威であると認識している」と同氏は言った。 這些充滿「鬥爭」的提法都是列寧主義的說法,它把美國看成有一個大陰謀來遏止中國社會主義的崛起,在大政方針上,它有一種非常強烈的陰謀感,比如香港幾百萬人上街遊行要求民主自由,它就覺得這是美國在背後的黑手操縱,跟中國過不去,要千方百計地尋找莫須有的美國黑手的證據,這些想法反應中共領導班子對美國的戰略意圖不了解,或者了解但根本不相信。

>

余茂春受訪 解讀川普抗共大戰略

余茂春直指,中國看似強大,但實際上虛弱。 米国のマイク・ポンペオ国務長官の中国政策首席顧問で、中国安徽省出身の余茂春(Miles Yu、マイルズ・ユー)博士は9月22日、珍しく公のイベントに出席し、国連総会で習近平国家主席が提唱した「多国間主義」を否定した。 余茂春說,另一項重要改變是,川普政府放棄了從尼克森政府以來對中共的「求同存異」概念。 即把中共當成頭號戰略競爭者。 余氏は、ドナルド・トランプ大統領は別のアプローチを取り、金正恩氏と直接話すことを選び、「3年半もの間、彼を無力化した」と述べた。 1985年到留学,进入,获得硕士。 「求同存異聽起來好聽,但實際上很危險」。

>

ポンペオ長官のブレーン・余茂春氏が語る「トランプ大統領は香港への弾圧を阻止」

這種承諾已被打破,香港的高度自治沒有了,重新評估的結果使美國對香港的政策法令有根本性的改變,認為香港不該繼續享受美國的政策優待。 彼の中ですでに中国に関する観点が出来上がったからだ」 ワシントン・タイムズの報道によると、余茂春氏は「何十年もの間、我々の対中政策は「怒りの管理」モデルに基づいてきた。 ある意味、 中国の内幕や発想様式を知り抜いているので中国の打つ手が手に取るようにわかるのでしょう。 (皆さんが)彼にどんな情報を提供しようと重要ではない。 また、 余茂春氏は米国はこれまで対中政策を樹立する際に北京の弱点を正確に把握できていなかったと指摘する。 凱南說,原因不僅僅是出於地緣政治和國家安全利益的考慮,還出於馬克思、列寧主義的意識形態所指使,這種意識形態主要是全球擴張與控制,因為馬克思跟列寧主義認為,蘇聯政府如果不這麽做,全世界的反共力量就會把蘇聯吞併,所以這是你死我活的一種鬥爭。

>

專訪蓬佩奧中國政策顧問余茂春:香港問題反映中國與整個世界之間的對立 — RFA 自由亞洲電台粵語部

New Interpretations in Naval History: Selected Papers from the Fifteenth Naval History Symposium The Naval Institute Press, April 2009 , ed. が、中国民であればそんなことは起きるはずもありません。 那就是,前提是對中共不表示信任,而且雙方要對等,行事以結果為導向,還要坦誠透明。 北京がよく使う「Shuangying(ウィン・ウィン)」や「相互尊重」のような言葉は中国語の中の陳腐なことこの上ない古臭い表現で、耳を傾けてはならないと言う。 余茂春說,這是本屆政府對華政策的不同接觸方式之二。 同氏は、中国を統制している中国共産党は北朝鮮、そして「その気がないふり」をしているロシアを除けば、真の同盟国はなく、「孤立している」と話した。 外部の影響を受けたくない共産党が、中国の国家権力を掌握しており、自らを中心とする国際秩序を目指している。

>

ポンペオ国務長官の対中強硬策がまんまと成功する理由

如果香港「一國兩制」是虛幻的承諾,美國對台政策的基石就不存在,當然有重新考慮的必要。 ホンペオ氏は、余氏を中心とする対中政策チームについて、「中国共産党の挑戦に向き合うとき、このチームはどうやってわが国の自由を守れるかをアドバイスしてくれる」とその重要性を語った。 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• 在南开大学,余茂春认为学习大学必修的和教条式的历史观是浪费时间。 中には経験にすら学べないヒト未満もいるようだが• 」 他說,川普政府雖然在對華政策理念上很成功,但是任務還未完成,「如果川普政府再有四年的話,當然會更好。 1985年に渡米し、ペンシルベニア州のスワースモア大学で学んだ後、カリフォルニア大学バークレー校の歴史学博士号を取得。

>

余茂春受訪 解讀川普抗共大戰略

(私は購入済みですが、まだ読んでいませんでしたよ。 関連リンク• 1989年天安門事件の時は、カリフォルニア大学バークレー校在学中。 他表示,川普政府基本上杜絕了這些特殊利益集團和外國代理人制定和影響對華政策;無私才能無畏,才能看到像蓬佩奧國務卿所做的非常有前沿性的,而且非常大膽的對華政策,因為沒有受到特殊利益集團的控制和操作。 余氏は共産主義の中国で育ったため、トランプ政権で中国共産党の話術を真に理解できる数少ない実力のある中国問題専門家である。 サイト所有会社• トランプ政府は、この70年近くの間に中共当局の極悪非道な行動に対して、有意義な方法で効果的に説明責任を負わせた唯一の米国政府である。 TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• — milesyu 余茂春 ( milesyu10) 「壮大な実験」 22日のオンラインディスカッションで、余氏は1997年以降の香港の状況を「惨めな失敗に終わった壮大な実験だ」と表現した。 這反應中共對所有有組織的宗教團體深深的敵意,包括伊斯蘭教、基督教和法輪功都是如此。

>