セジョン 花道。 「gugudan」「I.O.I」兼任のキム・セジョン、ソロでも“花道”!1位を記録!

「キム・セジョン、「花道だけを歩かせてあげます」」

トレーラーハウスの中で彼女は記憶とだけ生きています。 。 歌いながらパフォーマンスを行う時、求められる歌声は若さと元気であろう。 若干普段のイメージと違うセジョンの今回のアーティストイメージは曲に合わせたもの。 その姿はまるで手塚治虫の名作「しずむ女」のヨーコのようです でもそれは孤独でも絶望でもココロの闇でもない 曲が進むごとに繰り返される 「Tell Me everything to me Your everything to me」 というマントラは力強さを増し次第に彼女を飲み込み 遂に世界はそんな彼女を祝福するのです。 キム・セジョンの新曲<花道>が23日に格音楽サイトで公開されると、リアルタイム・チャートで1位を記録した。 これまで彼女のホントウとはその「過剰性」だと書いてきました。

>

セジョン(Gugudan)の「花道」を聴いて…

実は 痛いんだって 今日も 私は あなたのそばを ぐるぐる回る またこうして 懐かしさでもっと近づいて あなたがいる そこで止まって あなたの世界に残って ある瞬間 私の心に生きていく あなた あなたの記憶が 私を動かす たまにあなたを待っていたある日に 私に言ってくれた言葉 まだ私の心に刻まれてる もう一度 あなたを捕られるか 実は怖い。 皆さん、これから始まります。 音源チャート1位に堂々と名前をあげたキム・セジョンの「花道」は、今後も続く見通しだ。 だが、ガールズグループに入るとセジョン歌声はアピール度を弱めてしまうようだ。 この「FLOWER ROAD」でセジョンの声は二つの、 ・ささやきによって「慈愛」を ・叫びによって「怒り」を 正に神話の中の女神のように宣言します。 とても勇敢なそして2020年代に鳴るべき正しい唄、そして声だと僕は思います。

>

「青春の記録」OST9

様々な研究によって明らかにされているように 同じコトバを発声しても、そのコトバに対する信用度が 声の響き方で違ったり、コミュニケーションにおいては コトバの「内容」を遥かに超えて、 声こそが コトバの「意味」を担っているとも言われています。 ユーチューブで聴いたソロ曲「花道」はすごくよかった。 多くが強い声、高い声を求められるだろうからだ。 だが、ガールズのメインボーカルとなるとそうもいかない。 「1本の花を咲かせようと、小さな2つの目にどれだけ多くの雨が降ったことだろう」といったリリカルな歌詞に心奪われます。

>

gugudan キム・セジョン、ソロ曲「花道」が8つのチャートで1位を獲得…“次世代音源クイーン”の誕生!

<花道>の人気の一番の要因はセジョンの声にある。 どこかに だんだん消えてゆく こうやって一人で残ってる。 昨今では二次元コンテンツがエンタメ経済活動の多くを担うようになったため その内容を支える声優さん方のスキルに関しても ほとんどの方々が讃える方向でテキストを書かれたり 喋ったりされています。 記憶は残酷なものです。 キム・セジョンは23日0時、Jelly boxの第3弾プロジェクトで新曲「花道」の音源を公開した。

>

セジョン(Gugudan)の「花道」を聴いて…

IUとセジョンその決定的な違い 今回の1st EP「Plant」のサウンドの作りは やはりソロシンガーとして韓国で絶大な支持を誇るIUのサウンドプロダクション に近いものですが、曲の中で「声」が果たす意味性は セジョンとIUではほぼ真逆です。 「Gugudan」が「宇宙少女」や「DIA」と競っていくには、セジョンだけでなく強い歌声で高音パートのこなせる歌い手が必要となるかもしれない。 その理由は彼女のソフトな歌声にあると見る。 「世の中というのは結構寒いですね」という導入部分からして耳を虜にする力強い声は、歌を最後まで聴かせる力がある。 なんども言いますが「声」とは人をハダカにする本来性の表れです。 元記事配信日時 : 2016年11月23日13時27分 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 前田康代. だが、グループ活動ではこんな歌を歌っていくわけにいかない。 神話とは人間が失ってしまった「可能性」を寓話として 表現したものなので、ある時代まで人間は神話で描かれているように 生きていたと言われています。

>

叫びとささやき セジョン 1st EP「Plant(화분)」は何故傑作となったのか?

Iのキム・セジョン 김세정 が、セジョン 세정 名義でソロデビューを果たした。 そこを歌う時、セジョンはやや難を持つかもしれない。 05 ;border-color:rgba 238,66,100,. Jellyfishエンターテインメントは17日、公式SNSを通じて、音楽チャンネル統合ブランドであるJelly Boxの3番目のプロジェクト、gugudan キム・セジョンの「花道」をプロデュースしたBlock B ジコの映像を公開した。 一曲の中でメインボーカルがこなすのは、当然、その歌でもっとも強い主張がこめられる高音パートのフレーズとなってこよう。 特に「花道」は、キム・セジョンの初めてのソロ曲に決まり、発売前からファンや世間の関心が集まっている。 1 ;border-color:rgba 238,66,100,. 少女時代のテヨンやApinkのウンジなどはそこをしっかり歌い分けている。 キム・セジョンは今回のプロジェクトを通じて、特有の深い音色と豊富な表現力でボーカリストとしての魅力を見せる予定だ。

>

セジョン(Gugudan)の「花道」を聴いて…

プロデュースはBlock BのZICO、元々は6月に放送されたTVバラエティの「オソオプSHOW」の企画中にチェヨンとセジョンのデュエットで1部が歌われたもの。 イジェン、アンニョン。 これをi. これに先立って公開された他のメロテーマのOSTよりさらに切実で訴える力の強い歌だ。 『プロデュース101』で母に宛てた手紙が話題になった『花道』は、あるバラエティー番組で一部公開された後、視聴者の熱い反応を得て放送以後も音源リリースの要請が殺到し、結局ZICOのプロデュースを経て美しい曲に誕生した。 彼女の中で森羅万象は全て等価なものとして整列していて 彼女は悪戯な天使のようにその一つ一つを歌にしていくのが IUの手法なのです。 この曲はバラエティー番組で彼女が書いた 母子家庭で自分を育ててくれた母親への感謝の手紙をモチーフに 作られたものですが、普通そういった主題の曲は ほぼお涙ちょうだいな「大甘」な曲に着地します。 「花道」の人気を導いた最も大きな要因は、キム・セジョン特有の音色にある。

>

セジョン(Gugudan)の「花道」を聴いて…

iオーディション屈指の名場面となった セジョンがどうしても課題を覚えられないソヘちゃん に付きっ切りで教えるエピソード いまだにGUGUDAN楽曲の最高傑作で DIGIPEDI先生のMVが素晴らしすぎる A GIRL LIKE MEでのDIVAシャウト 何しろセジョンのi. 声優の方々がスキルを発揮すればするほど そこには見事なまでに「直接性」が消えていく・・・・・ もちろんその生々しさの消失こそが今の日本のアニメーションが意図する 表現のカタチであるのは理解した上で、でもその方向性は 究極的にはAIで賄えてしまえる「技術」な訳で 「声」とは技術ではなくその人の身体と心の「ホントウ」を 唯一僕らに伝えてくれるコミュニケーションツールなのだと思っている 僕のような人間にとってはつまらない声の使い方だなぁと感じてしまうのです。 上記の番組中や、PRODUCE101の『洋画大橋』でみせたビブラートを矯正して、レコーディングされており、ボーカリストとしての成長を伺わせる。 「シークレット」の高音パート一発で「宇宙少女」の存在感を上げたヨンジョンのような歌い手が…。 今では統合失調のような 疾患として捉えられてしまう複数の人格というココロの有りようも 神話においては生や性や聖の本来持つ「過剰性」を司るために 必要なものでした。 グループソングは活力に溢れた歌が多い。 「世間というのは結構寒いですね」という始まりから耳を傾けるような力強い声は歌を最後まで聞かせる力がある。 お聴きになれば幸せになれるはず。

>