プランツ ラボラトリー。 西友店舗内にレタス栽培の植物工場が登場、鮮度と安心・安全をお届け

扱うのは植物工場の野菜だけ! 新しい八百屋「LEAFRU」に迫る

さらに、農作業における身体的負担が比較的少ないことから、高齢者や障がい者の雇用創出の手段としても期待されている。 実はちょうどその頃「京都議定書」に関するニュースが多かった時期なんです。 害虫や病気のリスクも抑えられ、無農薬栽培も可能になり、消費者へアピールできるというメリットもある。 info plantslaboratory. シンプルで省エネ型の屋内工場システム「PUTFARM」を開発・提供するベンチャーが、福島県浜通りで挑戦しているのが、年間を通したイチゴの栽培だ。 植物工場には頑丈で近未来的な建物の中で、環境を高度に制御するといったイメージがある。 さらに、湿度をコントロールするための調湿機を設置し、除菌・除塵した空気を取り込む仕組みのため、従来の植物工場では必須設備である二酸化炭素ボンベを稼働させる必要もないという。 nui-icon--icon-paperviewer-first,. そして、「地域に密着した先進的で革新的なバリューリテーラーとして、お客様の毎日のニーズにお応えする」というミッションの下、今後もお客様のニーズにあう商品とお買い物体験の場を提供してまいります。

>

さいたま市の東北新幹線高架下に PUTFARM を設置|プランツラボラトリー株式会社のプレスリリース

LEAFRUをオープンしてから特に宣伝などは行っていないそうですが、近隣の常連客から好評を得ているほか、飲食店への卸も行っており、出店依頼や小売店からの商品供給の要望もあるそうです。 室内で育てているので完全無農薬栽培で、衛生的にも安心です。 耐強風・耐降雪のバリエーションがある 遮熱材を使った「ハウス」 壁に囲まれた「工場」を建築し、内部にLEDライトを設置、農作業を自動化して野菜を育てるタイプの植物工場は、多額の初期投資が必要で、ランニングコストも高い。 誰でもどこでも安定生産できるシステム 対象市場と優位性 「プットファーム」のメリットは、コスト面だけにとどまらない。 単なる植物工場の枠を超え、多様な領域への応用展開を図っていく構えだ。 「プットファーム」は、事業、地域、雇用など、あらゆる側面から農業の可能性を広げる潜在力を秘めている。

>

農業に携わりたい20代必見!次世代の農業システムをご紹介

外部からの熱を遮断し、内部の温度管理を容易にするとともに、独自開発した湿度管理法で内部環境をコントロールできるようにしている。 いわゆるベンチャー企業ですね。 PUTFARMの構造設計は農業用ビニールハウスと同じ。 しかもその後に、今度はもっと「社会」とつながる仕事がしたいと、京都にあるドローン会社に一度転職しています。 地球温暖化で強烈化している台風や、降雪などにも対応するため、PUTFARMにはバリエーションも持たせている。 私も田舎の出なので、なんだか少し誇らしく感じます。 今後は、鉄道高架下用地における栽培ノウハウを蓄積し、さらなる鉄道高架下用地の有効利用に向け事業の拡大を目指します。

>

「よつぼし」種苗事業者

設置場所の気候によって標準型、強風型、降雪型の3タイプを用意しており、様々な地域に対応した施設を建てることができます。 nui-icon--icon-paperviewer-tool-sub,. また、「PUTFARM」は人にもやさしい農業システムです。 併せて近隣の西友店舗でも販売予定です。 今回お話を伺うのは、臼井 真由美さん(うすい まゆみさん)。 nui-aspect-container--16-9 img,. nui-icon-text--link-as-button :hover. プランツラボラトリーのミッション 立川さん 「LEAFRU」では植物工場で作られた野菜専門の八百屋さんというコンセプトで展開していますが、もともとはプラントメーカーとして事業を立ち上げました。

>

西友店舗内にレタス栽培の植物工場が登場、鮮度と安心・安全をお届け

今後は、鉄道高架下用地における栽培ノウハウを蓄積し、さらなる鉄道高架下用地の有効利用に向け事業の拡大を目指します。 ドローン販売店のあとに、現在のプランツ・ラボラトリーに入社されたということですね。 もっとカジュアルで親しみやすい感じがします。 その結果が「パイプ」と「ビニール」ということですね。 さらに、西友では、店内植物工場が店舗売場スペースの新たな有効活用策の担い手と考えております。 安全な食糧の安定供給を目指す! 事業にかける思い 同社代表の湯川敦之氏は、大学時代に発光ダイオード LED の研究をしていた当時から、人工光型植物工場の可能性に着目。

>

プランツラボラトリー株式会社|植物工場企業

外気を機械の中で除菌・除塵したキレイな空気に変えてハウス内に取り込んでいます。 「植物工場」の開発・販売を行う会社『』で研究員として働かれています。 たしかに、環境問題を解決すれば地球人類規模で救えることになりますね…。 田村の方は気さくで話していて楽しい方が多いですし、何より「農業リテラシー」が高い。 これまで、継続的に物販、飲食、サービス業をはじめとするさまざまなテナント業態を西友店舗内へ誘致してまいりましたが、店内植物工場を新たなスペースの有効活用策の一つと、当面は西友上福岡店で運用しつつ、他店舗で導入するためのノウハウを蓄積して参ります。

>

成長のカギは「ここで何をしたいか」を真剣に考えること。プランツ・ラボラトリー㈱ 研究員・臼井真由美さん

3つ目が調湿機。 西友店舗内にレタス栽培の植物工場が登場、鮮度と安心・安全をお届け• nui-icon--iserc-angle-double-right,. 私の個人的な挑戦ですが…実は現状、色々と満足しているんですよね 笑。 nui-icon--icon-paperviewer-web-main,. 一般的な植物工場がコンクリートで基礎工事を行った上で建設される大がかりなものであるのに対し、プットファームはパイプを中心としたシンプルな構造であるため、簡易的な作業のみで設置が可能。 そう聞くと確かに「工場」って感じではないですよね。 私たちは持続可能な農業システムを提供することで、食料の安定供給に貢献したい。 - 目次 -• 【JR 東日本グループ】 ・株式会社ジェイアール東日本都市開発 代表取締役社長 出口 秀已 東京都渋谷区代々木 2 丁目 2 番 2 号 東日本旅客鉄道株式会社・日本貨物鉄道株式会社の土地、建物、高架下及びその附属用地の管理、運営並びに調査などを行う。 みんなにとって優しい農業へ 立川さん 「PUTFARM」の内部の環境を外部環境の影響を受けずにコントロールできるという環境制御技術を応用し、野菜以外の育成にも取り組んでいます。

>