ヘブル 人 へ の 手紙。 19. 新約聖書各巻の思想

ヘブル2章

第一に、『-イサク-の子孫』『の子』として 人として来られ、第二に、そのには『異邦人の血』を持つことが記されています。 こうした経緯から『ヘブライ書』は、新約聖書の正典確認後、今日に至るまでパウロを著者とする書簡群と公同書簡の間に置かれている。 11:28 [ ] 信仰によって、滅ぼす者が、長子らに手を下すことのないように、彼は過越を行い血を塗った。 ヘブル人への手紙 著者: ヘブル書をパウロ書簡に含む学者もいますが、ヘブル書の著者が誰なのかははっきりしていません。 ペテロはイエスから目をそらした時に、足が湖に沈みかけて、恐怖を味わったが(マタイ14:22-33)、その教訓に学ぶことである。

>

ヘブル人への手紙 HEBREWS

また族の祭司職はキリストの祭司職のであるとし、ユダヤ教の犠牲の式はキリストの十字架の予型となったという。 11:31信仰によって、遊女ラハブは、偵察に来た人たちを穏やかに受け入れたので、不従順な人たちといっしょに滅びることを免れました。 教会は、十字架に自分(イエス)を燔祭として献げ、世の罪をとりなしたキリストを首として仰いでいます。 奈良に来る時は考えもしなかった<御言葉に生きるための提案>というサイトをインターネット上に開設できましたし、最近のディボーションでは、老いの中にあって死を越える希望について思いめぐらし、信仰を深めることができたことも、あなたの導きと感謝するものです。 ヘブル書の著者は、ユダヤ教の中に押し流されて、イエスの御名によって与えられている救いの相続を失ってはいけない、と警告しているのです。 12:8 [ ] だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生子であって、ほんとうの子ではない。 いったん、光を受けて天よりの賜物を味わい、聖霊にあずかる者となり、 また、神の良きみ言葉と、きたるべき世の力とを味わった者たちが、 そののち堕落した場合 これが、警告の言葉だが、ここではストレートに救われたとか信じたという言葉はない。

>

新約聖書 ヘブル人への手紙を開く

ですから、御使いを通して与えられた律法が、堅く立てられて動くことがなく、すべての違反と不従順が当然の処罰を受けた、ということになります。 2:9 [ ] ただ、「しばらくの間、御使たちよりも低い者とされた」イエスが、死の苦しみのゆえに、栄光とほまれとを冠として与えられたのを見る。 みことばが、それを聞いた人たちに、信仰によって、結びつけられなかったからです。 主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです。 (2)キリストを拒むことは、モーセを拒むこと以上に罪深い行為である。 9:17遺言は、人が死んだとき初めて有効になるのであって、遺言者が生きている間は、決して効力はありません。

>

ヘブル2章

10:22そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。 神はアブラハムに対して、「イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる。 私たちが日々の生活の中で、「このことは、だれにもわかってもらえない。 あなたがたは堅い食物ではなく、乳を必要としている。 第11章ではの登場人物多数に触れていることから、著者は旧約聖書に精通している人物であることがうかがえる。 しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。 このとどろきは、これを聞いた者たちが、それ以上一言も加えてもらいたくないと願ったものです。

>

ヘブル人への手紙 HEBREWS

あなたこそは、永遠に祭司である」。 この救いは最初主によって語られ、それを聞いた人たちが、確かなものとしてこれを私たちに示し」 ヘブル4:14-16: 「さて、私たちのためには、もろもろの天を通られた偉大な大祭司である神の子イエスがおられるのですから、私たちの信仰の告白を堅く保とうではありませんか。 11:31 [ ] 信仰によって、遊女ラハブは、探りにきた者たちをおだやかに迎えたので、不従順な者どもと一緒に滅びることはなかった。 どうかわたしの勧めの言葉を受けいれてほしい。 ヘブル2:5 ー神は、私たちがいま話している後の世を、御使いたちに従わせることはなさらなかったのです。 13:14私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来ようとしている都を求めているのです。

>

新約聖書 ヘブル人への手紙を開く

だから、わたしはその時代の人々に対して、いきどおって言った、彼らの心は、いつも迷っており、彼らは、わたしの道を認めなかった。 11:39この人々はみな、その信仰によってあかしされましたが、約束されたものは得ませんでした。 ですからどの箇所でどの聴衆に向けて著者が語っているのかを知っておく事が重要です。 10:28 [ ] モーセの律法を無視する者が、あわれみを受けることなしに、二、三の人の証言に基いて死刑に処せられるとすれば、 10:29 [ ] 神の子を踏みつけ、自分がきよめられた契約の血を汚れたものとし、さらに恵みの御霊を侮る者は、どんなにか重い刑罰に価することであろう。 *主は御使いたちを助けるのではなく…メシアの働きの対象は、御使いたちではなく『人間』でした。 12:3 [ ] あなたがたは、弱り果てて意気そそうしないために、罪人らのこのような反抗を耐え忍んだかたのことを、思いみるべきである。

>

ヘブル人への手紙(7)—第2の警告(2)— ヘブル4章:1〜13

神さまの側に私たちをしっかりを抱き寄せてくださる 愛と力をもって、新しい一日一日に。 (3)この安息は、「天地創造の安息」である。 (12:1-3、13:12-13)• 10:10このみこころに従って、イエス・キリストのからだが、ただ一度だけささげられたことにより、私たちはきよめられたものとされているのです。 10:19 [ ] 兄弟たちよ。 御子はメシア的王国の終わりにサタンを倒し、最後の的である『死』をも滅ぼされます。 私たちが神からみこころにかけられているのは、御使いが神から気にかけられているよりも、はるかに大きいことを2章では述べられています。 (2:6-8)」 イエスは、死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠をお受けになりました。

>

ヘブライ人の手紙|東京鵜の木教会

11:33 [ ] 彼らは信仰によって、国々を征服し、義を行い、約束のものを受け、ししの口をふさぎ、 11:34 [ ] 火の勢いを消し、つるぎの刃をのがれ、弱いものは強くされ、戦いの勇者となり、他国の軍を退かせた。 ふえよ。 *これは、彼らが霊的救いを失うということではない。 天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。 それは、 「あなたは、いけにえやささげ物を望まれないで、わたしのために、からだを備えて下さった。

>