プロ サバンナ 事業。 無内容・無価値な「報道」:モザンビーク共和国におけるプロサバンナ事業について、現地農民から反対の声が上がっている事案|ボルボラ|note

モザンビークの農家たちと共に10年:プロサバンナ事業で農村振興を目指す

住民は意志決定過程から排除され、情報公開がなされないまま、事業が推進される。 この事業は日本、ブラジル、モザンビークの三角協力で実施されています。 まさかエステバン氏は、来日を受け開催された会議で、「プロサバンナ事業に反対している」とは言ったが、その理由は述べなかったのか。 彼らがモザンビークから毎年のように来日しているのは、もはや現地ではこの問題が解決できないためです。 to landgrab, Japan、ATTAC Japan、モザンビーク開発を考える市民の会 2016. 外からモデルを持ち込み、彼ら(農民)が主体的にやっている前提がまったくない」。 森下氏は、「このような開発が進むなかで、外から投資を呼び込むことが、官民連携のナカラ開発のポイントとなっている」と指摘。

>

モザンビークの開発を考える会

そんな中、2020年7月20日、日本政府は、プロサバンナを途中で中断し、終らせることを駐モザンビーク大使とニュッシ大統領の談話という形で発表しました。 )、ヴァーレ社による被害者国際運動、カトリック先住民族評議会、アフリカ日本協議会(AJF)ほか、44団体(2016.8. モザンビーク北部の農業開発事業・プロサバンナ。 こうした基本的なやり取りのない会議だったのか。 しかし、ここにきて本格的な事業展開を前に中止されることが正式に決定し、市民運動によるODA事業の中止という画期的な結果を生み出しました。 しかし、この時からモザンビーク政府からの人権侵害は強まっていくとともに、「存在しない」といわれていたマスタープラン・ドラフトが、実際には日本人コンサルタントの手ですでに作成済みであったことなど、偽りのやり取りが続いてきました。 大型農業開発がもたらす生活、環境への懸念を表明し、一方で、社会的、環境的にも持続可能な「食料主権に基づく 」を提案。 2016年12月、このコンサルタント契約団体の代表は、契約事実を伝えることなく、日本政府とJICAがアレンジした地元新聞とのインタビューに登場し、反対を続ける(「赤色」の団体)を誹謗中傷し、プロサバンナ事業への賛同を表明しています。

>

「プロサバンナ」を概観する

コスタ・エステバン(Costa Estevao) モザンビーク出身。 (6)オープンディスカッション JVC他4団体 関連情報のリンク 市民団体など• NGO側資料 NGO側資料 2013年5月 「プロサバンナ事業の緊急停止と再考を求める公開書簡」の提出 UNAC他、全23団体 これまでの懸念点が繰り返された上で、事業の「即時停止」が求められた。 農地や住宅を直接奪われなくても、アグリビジネスの一大農地が同地域の大量の水を消費し、化学肥料や農薬を多投し、遺伝子組み換え作物を導入すれば、小農民の生産にも様々な影響が及ぶだろう。 モザンビークはビザ発給拒否の理由を明かさないが、NGO関係者は、渡辺さんのプロサバンナ事業に対する調査・提言活動が原因だろうと見ている。 誰のためのプロジェクトかという基本的な問いでもある。 、Livaningo、人権リーグ、女性フォーラム、世界女性マーチ、カトリック教会・ナンプーラ大司教区「正義と平和委員会」、カトリック教会・ナカラ司教区「正義と平和委員会」 2018. これに基づき、日本としてこの事業に関与することを即刻中止すべきだとのモザンビーク小農運動をはじめとする3カ国の市民社会の訴えに耳を傾けることなく、外務省・JICAは「モザンビーク国内のこと」「行政機関同士のこと」として、モザンビーク憲法に保障された司法権の重みを無視し続けています。

>

政府のODA事業の実態は――続く「土地収奪と言わざるをえない状況」 日本が推進するモザンビーク・プロサバンナ事業の現地報告

投稿者: March 29, 2020 に投稿された. to landgrab, Japan、モザンビーク開発を考える市民の会 イベント、その他 日付 タイトル 主催など 2013. プロサバンナ事業では、女性グループに対してマネーセービング(貯蓄)を教えているとするが、その必要性を疑問視する声も上がっている。 日本を含む3カ国の市民社会組織は、日本政府とJICAに自らの責任において「プロサバンナ事業」を直ちに止め、ここから教訓を導き出し、真に小農のための援助を小農主導で実現することを要請しています。 タイトル 掲載号数 発行日付 1 No. それが「プロサバンナ」事業です。 所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。 その結果、政府・JICAは、プロサバンナ事業の目的を、「小農を支援する事業」とする見解を出すことになる。

>

「JICAに人権侵害を訴えても『確認する』と言うだけ。私たちは侮辱されたと言わざるを得ない」 〜モザンビークの農民が緊急来日、日本のODAプロサバンナ事業の問題点が浮き彫りに

投稿者: July 24, 2018 に投稿された• 2012年 農民たちが事業反対を表明 モザンビークの小農らは、日本やブラジルのコンサルタントによって書かれたマスタープランは、自分たちの実態や望むものとほど遠いため、一旦破棄し、ゼロから共に作成しようと呼びかけてきました。 日本の倍ほどの国土面積を有するモザンビークも、2012年当時、海外農業投資による土地取得が進み、その面積は世界第2位を記録。 こうした基本的なやり取りのない会議だったのか。 2016年の声明 では、「反対派」が対話の場から締め出されていることが特に批判されている。 • 報告したのは、アフリカ日本協議会の津山直子氏、オックスファム・ジャパンの森下麻衣子氏、日本国際ボランティアセンター(JVC)の渡辺直子氏、No! 農業試験場のトウモロコシ畑で、栽培方法の研修を受ける農業普及員 プロサバンナ事業では、JICAはまずモザンビーク北部ナカラ回廊地域にある2つの農業試験場を拠点に、トウモロコシや大豆といった主要作物の生産量拡大を図るため、適切な栽培技術や土壌改善技術の開発に着手しました。 一部、当初計画が阻止されたり、ブラジルのアグリビジネスの関与が中止されるなどの成果も出ましたが、現地裁判所が違憲判決を下してなお、事業が続いているのは、日本の税金投入が続いているからです。

>

プロサバンナ事業中止、開発の問題点

JVCの活動地ではないものの、広くアフリカ開発のあり方を考える上で、またODA事業としては社会環境配慮ガイドラインなどのセーフガードポリシーの整備が遅れている新興国と協力する南南協力はどうあるべきかという問題を考える上でも、更に紛争後の平和構築として中央権力の集中と住民参加というガバナンス問題であるという点でも、JVCの活動と通底する点が多く、JVCがこれらの問題への視座や市民運動のあり方をて学び、様々な市民活動とのネットワークを拡げる上でも関与する意義は高い。 ここに「文脈」としてあるのは、鉄道や道路などの交通インフラの整備と資源輸出の基盤構築にもとづいた「経済活性化」だという。 TBS Newsの報道では『農民組織の代表』としか紹介されていない。 2012年 農民たちが事業反対を表明 モザンビークの小農らは、日本やブラジルのコンサルタントによって書かれたマスタープランは、自分たちの実態や望むものとほど遠いため、一旦破棄し、ゼロから共に作成しようと呼びかけてきました。 しかしプロサバンナ事業の支援対象としている北部地域は肥沃な土地が広がり、雨量に恵まれていることから、高い農業生産性向上の可能性が期待されています。

>

「プロサバンナ」を概観する

モザンビークでのプロサバンナ事業を中止してほしいのです」(コスタ・エステバンさん 2019年9月7日放送) コスタ・エステバンさん。 モザンビークの小農から日本のNGOに送られた助けを求める1通のメールから始まったプロサバンナ反対運動は、次々に支援の輪を広げ、 市民運動によるO DA 事業の 中止 という画期的な結果を生み出しました。 NGO外務省ODA政策協議会のスピンオフとして始まった「ProSAVANA意見交換会」を中心に、「モザンビーク開発を考える市民の会」をサポートしつつ、同事業の廃止あるいは抜本的見直しを目指す。 農家同士でどんな作物を栽培するのか話し合うほか、自ら市場に出向き、作物の販売時期を調査するなど、農家自身も農業で稼ぐ力を身につけています。 11 カトリック・ナンプーラ大司教区正義平和委員会、農村開発のためのアカデミック・アクション(ADECRU、現地のアドボカシーNGO) 2015. 17 UNAC、ADECRU、JA!、AAAJC(コミュニティへの司法支援協会)、カトリック・ナンプーラ大司教区・正義平和委員会、女性フォーラム、モザンビーク人権リーグ LDH 、女性世界マーチ、リヴァニンゴ 2016. しかし、日本とブラジル政府は「広大な未耕作地が残っている」「地域の農家は伝統的な粗放農業しか知らないため土地が有効活用されていない」として、「プロサバンナ事業」を計画し、これを進めました。 日本国内ではNGOや国際協力関係者のみならず、一般市民からも事業の即時中止を求める声が高まり、複数の国会議員からも問題を指摘する声が上がるようになりました。

>

モザンビークの農家たちと共に10年:プロサバンナ事業で農村振興を目指す

ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合せの上、ご出席賜わりますようご案内申し上げます。 しかし、プロサバンナ事業は継続しつづけ、これまでに約35億円もの税金が投じられてきました。 9 ADECRU(農村コミュニティ開発のためのアカデミック・アクション) 2014. プロサバンナ事業では、農村コミュニティに対して「キー・ファーマー」や「女性グループ」の選出を要請し、活動の中心となることをうながす。 こちらもご参照ください。 さらに「農作物の販売拡大に向けたマーケティングを支援してほしい」といった意気込みを農民たちが示すなか、JICAはそのニーズに合わせて、今後もプロサバンナ事業を通じ、農家たちへのサポートを続けていきます。 月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

>