東京 都 の 人口 は 何人 です か。 統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

東京都小平市の人口推移

15歳未満人口は1521万人で,前年に比べ20万4千人の減少となり,割合は12. 3年連続低下した。 [注意] 数値は表章単位未満の位で四捨五入しているため,合計の数値と内訳の計は必ずしも一致しません。 新年を迎えるにあたり、東京都は住民基本台帳人口(日本人のみ)をもとに、2020年1月1日時点の東京都の年男・年女(子年生まれ)の人口および新成人人口を推計した。 65歳以上人口は3588万5千人で,前年に比べ30万7千人の増加となり,割合は28. 男女別では、年男が54万6千人、年女が57万人で、年女が年男よりも2万4千人多い。 調査期間は2019年1月1日~12月31日。 5%で,過去最低となっています。 今回は2015年統計の都道府県別人口のランキングをご紹介します。

>

東京都小笠原村の人口推移

75歳以上人口は1849万人で,前年に比べ51万5千人の増加となり,割合は14. 出生数から死亡数を減じた自然増減数は-1万9,052人で、4年連続の自然減となり、減少幅は年々大きくなっている。 また、ことし10月に東京からほかの道府県に転出した人は都内に転入した人より2900人あまり多く、「転出超過」となっています。 31%などとなっています。 なお,滋賀県は減少から増加に転じています。 男女別では、男性が6万人、女性が5万9千人で、男性が女性よりも2千人多い。 減少率が縮小したのは大阪府(同0. (結果の概要 4~5ページ) 13年連続の自然減少,減少幅は拡大• 東京都によりますと、11月1日現在の都内の人口は推計で1396万3751人でした。 05ポイント低下。

>

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を下回ったのは,愛知県,滋賀県及び沖縄県のみとなっています。 生産年齢人口は71.。 男女別にみると,男性は15年連続,女性は11年連続の自然減少となっています。 出生数は、前年より5,332人少ない 10万1,818人で、4年連続の減少となった。 自然増加は沖縄県1県のみとなっています。

>

東京都小笠原村の人口推移

ピーク時の1968年と比べると、約3分の1に減少している。 区市別では、稲城市がもっとも高く1. 4%を占める。 人口が減少した40道府県は全て自然減少となっており,うち大阪府,福岡県など7府県が社会増加,他の33道県で社会減少となっています。 「転出超過」も4か月連続です。 東京都は2019年12月26日、2020年の「年男・年女人口」と「新成人人口」の人口推計を発表した。

>

2020年東京都人口推計、新成人は前年より2千人減少

婚姻件数は、前年より3,343組増加し8万6,059組。 《黄金崎綾乃》. 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは前年と同様,44都道府県となっています。 一方,減少は40道府県となっており,秋田県が-1. 新成人人口は前年と比べて2千人の減少した。 都道府県別人口ランキング 順位 都道府県 人口(万人) 1位 東京都 1351. 社会増減は7年連続の社会増加となっています。 東京都は2020年12月1日、「令和元年(2019年)東京都人口動態統計年報(確定数)」を公表した。

>

2020年東京都人口推計、新成人は前年より2千人減少

3 出典:総務省統計局『日本の統計』より URL: まとめ 日本全国の人口は1億2,700万人でした。 4%で過去最高となっています。 15~64歳人口の割合が最も高いのは,東京都(65. 年齢構成は15歳未満が1553千人、15〜64歳が9158千人、65歳以上が3209千人、75歳以上が1692千人。 05%減りました。 15歳未満人口の割合が最も高いのは,沖縄県(16. 人口増減率を都道府県別にみると,増加は7都県となっており,東京都が0. 0%)となっています。

>