東京 都 感染 拡大 協力 金。 「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

(第491報)「東京都感染拡大防止協力金(第2回)」の受付を開始します!|東京都防災ホームページ

また、最寄りの都税事務所・支所および、都内区市町村など関係機関でも配布されています。 今回の営業時間短縮要請は、「酒類を提供を行う飲食店」と「カラオケ店」のみであり、それ以外の店舗は、たとえ自主的に時間短縮をしたとしても対象外となります。 申請書類を入手する• また、申請後、東京都から専門家へ質問の連絡をする可能性がありますので、必ず申請書の写しを専門家に渡しておきましょう。 申請 通知等• また、持参の場合は、封筒に「東京都感染拡大防止協力金申請書類在中」と明記の上、最寄りの都税事務所・支所庁舎内に設置されている専用ボックスに投函しましょう。 営業時間短縮(または飲食店における酒類の終日提供中止)の状況が確認できる書類 (例)営業時間短縮等を告知するホームページ、店頭ポスター、チラシ、DM 等• 誓約書• 9 感染防止徹底宣言ステッカー登録店舗マップ掲載データのオープンデータの提供 (1)オープンデータの概要 上記の感染防止徹底宣言ステッカー入力フォームに登録している店舗データのうち、第三者提供に同意いただいている店舗のデータを提供しています。

>

東京都の協力金、11/28~12/17時短要請で40万円

そういた問い合わせに関しては、下記の電話番号に問い合わせて確認してください。 休業等の状況がわかる書類• 中小企業基本法第2条に定める、中小企業または個人事業主• 「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示が9月16日以降になった場合は、協力金は支給されないのですか? この場合、協力金の支給対象にはなりません。 4 問い合わせ 東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センターにて、対応いたします。 【参照】 開庁時間:8:30~17:00(土、日、祝日を除く) 期限:7月17日(月)17時まで 感染拡大防止のため、窓口で対面での受付や説明は行いません。 受付方法 申請書類の提出 オンライン提出の場合 上記ポータルサイトから提出できます。

>

9月の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金のご案内(23区内)

ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを利用者が見やすい場所に掲示していただくことが必要です。 そこで政府や都道府県… Q.「全面的に協力した」の定義とは? A.東京都が指定する全期間、休業もしくは営業時間の短縮に協力した事業者が「全面的に協力した」事業者が支給対象となります。 関連情報 問い合わせ先 産業労働局総務部企画計理課 電話 03-5320-4836. (3)申請期間・申請方法 申請期間は 9月1日~9月31日です。 支給対象の対象施設名(屋号等)が「東京都感染拡大防止協力金」のサイトに掲載される• 東京都の感染拡大防止協力金とは 東京都が実施する感染拡大防止協力金は、2020年5月7日からの新型コロナ感染拡大防止のための緊急事態措置期間において、都の要請等により休業や営業時間短縮などに全面協力した事業主に対し、支給されます。 (4) 取得した「感染防止徹底宣言ステッカー」を印刷し、店舗等で掲示してください。

>

<更新>12/18受付開始予定。東京都、営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金をQ&Aにまとめました(11/28~12/17実施分)

東京都の営業時間短縮要請を受けた、特別区及び多摩地域の各市町村の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等• 提出方法は、WEBを通じた申請と郵送または都税事務所への持参• まとめ 東京都の感染拡大防止協力金は、要件を満たせば支給される協力金です。 書類の不備に関するご連絡についても、口座番号や暗証番号などの口座情報をお聞きすることは一切ございませんので、なりすましにご注意ください。 誓約書 「誓約書」もHPからダウンロードが可能です。 店舗の目のつきやすい場所に掲示することで、利用者の方々に、適切な感染防止策が行われた、安心して利用できる店舗であることを伝えることが出来る。 電話番号 03-5388-0567 9時00分から19時00分まで毎日 まとめ 今回は東京都の飲食店、カラオケ店向けに始める「東京都の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」について紹介しました。

>

対象施設一覧【令和2年5月25日をもって緊急事態措置終了】|東京都防災ホームページ

ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示 4 支給額 一律40万円(2つ以上の店舗で営業時間短縮に取り組む事業者も同額) 5 申請方法など• 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業及び個人事業主• 東京都の営業時間短縮要請を受けた、23区内で酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等• 東京都感染拡大防止協力金(第2回)申請書• 令和2年11月28日(土曜日)から12月17日(木曜日)までの間、特別区及び多摩地域の各市町村の酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店に対し営業時間短縮を要請• (3)申請期間・申請方法 申請開始は4月22日15時ごろから、 申請締め切りは6月15日(オンラインでは23時59分まで)となっています。 また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団関係者が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。 専門家の事前確認は必須ではありません。 酒類を提供する場合は、営業時間を5時~22時までの間とするか、終日休業とすると対象となり得る。 オンライン(インターネット)で申請 【申請はこちらから】 郵送で申請 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で、下記宛てに郵送します。 「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していないと、協力金は支給されませんか? 本協力金の対象要件として、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していただくことが必要です。 顧問税理士等がいない場合は、これを機によきパートナーを見つけるチャンスとなるかもしれません。

>

対象施設一覧【令和2年5月25日をもって緊急事態措置終了】|東京都防災ホームページ

受付開始時期等 受付要項公表 令和2年12月18日(金) 14時(予定) 申請受付期間 令和2年12月18日(金)~令和3年1月25日(月) 対象要件 営業時間短縮の要請を受けた特別区及び多摩地域の各市町村において酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店を運営する中小企業・個人事業主等が対象となります。 ですが、円滑な受給を目指すのであれば、専門家の書類確認を依頼するほうがおすすめです。 東京都感染拡大防止協力金申請書兼事前確認書• ただし年末年始(12月31日〜1月3日)は除きます。 なお、申請受付開始前に情報発信のためのポータルサイトを12月4日10時に開設します。 申請書類の入手方法 感染拡大防止協力金の申請書は、東京都感染拡大防止協力金のポータルサイトでダウンロードが可能です。

>