中国 李 医師。 中国、警鐘後に処分された医師ら表彰 批判かわす狙いか [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

「肺炎について絶対言うな。旦那にも…」中国政府に口封じされた武漢・中国人女性医師の手記を全文公開する!|文藝春秋digital

後に新型コロナウイルス肺炎と判明 12月31日、武漢市衛生健康委員会が「人から人への感染はまだ見つかっていない。 この発信後に「現在ウイルスの型について分析中だ。 生きられたら本当にいいのに。 ",publishAt:"2020-04-22T20:20:24. 関連項目 [ ]• 2020年2月6日閲覧。 感謝されてしかるべき行為。 皆さんの投稿、お待ちしています!",proUserId:I,purchaseAppealTextNote:"ご購入ありがとうございます!",purchaseAppealTextMagazine:O,purchaseAppealTextSupport:aS,followAppealText:"フォローありがとうございます。

>

中国当局に拘束されたのか? 新型コロナ告発後に“口封じ”された武漢・女性医師の現在

だがやはり感染に関する情報は厳重に統制され、党に都合がよい状況しか報道されていない。 李医師も、SARSに似たウィルスが発生していると感じただけであり、過去にパンデミックが起きている事例を考えて警告をしました。 そうした中で、中国政府の最高の監察機関である国家監察委員会の調査チームが、李医師の死から1か月以上経った、昨日3月19日、調査結果を発表した。 SNSで李医師自身が経過を発信 ところが、李医師自身が、1月8日、後に新型コロナ感染が疑われる高齢の緑内障患者を診察後、10日に、自身も咳や発熱などの症状が発現、入院治療を受けましたが、2月6日夜に亡くなったとされています。 李文亮医師は「ウワサ話」を流布させたとして公安当局に取り調べられ、訓戒処分を受けていました。 どのようなまちがいを犯したというのだろうか?あのカルテを見て、病院に報告し、同期生や同僚との間で病状について意見交換をしたが、患者のプライバシーは一切漏らさなかった。 李医師は昨年12月に、インターネット上で感染拡大を警告し、根拠のない噂を拡散したとして警察の処罰を受けていた。

>

新型コロナを告発し罰せられた医師。死後に「処分は不当でした」と発表、その本当のワケは?(宮崎紀秀)

ベテラン医師はこんなことでやたらにパニックを引き起こしてはいかん」と発言した。 中国の武漢市の病院で2月7日未明、眼科医の李文亮医師が新型コロナウイルスによる肺炎で死去したことが複数のメディアで報道された。 李医師は、その後、眼科医として緑内障の患者の診察後、新型コロナウイルスに感染。 原因不明の肺炎の発生に警鐘を鳴らしたつもりが、逆に処分の対象になり、訓戒を受けた医師。 ベテラン医師はこんなことでやたらにパニックを引き起こしてはいかん」と発言した。 防疫対策をすすめる中国では「人々が心を一つに」などのスローガンが掲げられている(2020年3月4日北京にて筆者撮影) 「口封じ」が招いた結果は検証せず しかし、この調査結果は、重要な点に触れていない。

>

新型肺炎を武漢で真っ先に告発した医師の悲運

同氏の微博アカウントより 当時、武漢市が新型肺炎の情報について過敏になっていたのは、湖北省が「両会」と呼ばれる重要政治日程を1月12~17日に控えていたためとみられている。 記事によると、李氏が昨年12月30日午後、大学時代の同級生の微信(WeChat)のグループチャットで「華南海鮮水果市場で7例のSARS(重症急性呼吸器症候群)を確認した」と発信していた。 防げるし、治せるし、コントロールもできる」とまで言った。 私はいかなる過ちを犯したというのか?私は医師として、一人の人間として、やるべきことをしただけだ。 私は恐くなった。 そのため、呼吸器内科の集中治療室に移され、先の患者と同様に、ファイバースコピーで検査と気管支肺胞洗浄を行い、ハイスループット核酸配列の検査に回された。

>

新型肺炎警告の医師が死去 「デマ」で処分、国が再調査―中国・武漢:時事ドットコム

全員にマスク、帽子を着用させ、手洗い消毒を徹底させた。 先月1日に武漢警察は、一部のネットユーザーが事実確認できない中で虚偽の情報をネット上で発表・転載して社会に悪影響を与えたと発表。 李文亮医師がグループ内に発信したのもそれだった。 その後、引き続き武漢市中心医院で働きコロナウイルス流行への対応にあたっていたが、自身もコロナウイルスに感染し1月12日から入院生活を送ることとなった。 享年34。 いっそ私を逮捕・投獄してください。 【武漢肺炎】第13章。

>

中国、警鐘後に処分された医師ら表彰 批判かわす狙いか [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

李医師が勤めた武漢市中心医院では、きょう20日午前にも、新たに45歳のスタッフが新型肺炎で死亡した。 その中で発熱している患者は655名です」 この時期、救急科の状況を体験した者は、それを生涯忘れないだろう。 新型コロナウイルス 私は驚きのあまり全身に冷や汗が出た。 李文亮医師 (ご参考) 左:12月30日 李文亮医師が、友達に向けて発した内容。 そして「約談」〔法的手続きによらない譴責、訓戒、警告〕を受け、私は前代未聞の厳しい譴責を受けた。

>