なるほど ザ ワールド 司会。 なるほどザワールド 2017春 有吉と滝クリ司会健在の世界の絶景スペシャル

有吉&滝クリ なるほど!ザ・ワールド/芸能/デイリースポーツ online

さらに田中がどんな状態になるかを的中すれば、爆笑問題人形を獲得。 西海岸絶叫マシンを体験したのは、佐々木健介&北斗晶&2人の息子のファミリー。 (フジテレビ、1990年 - )• 放送時間:19:00 - 22:24 《Aブロック》 出場番組チーム 出場者 結果 備考 ライオンのごきげんよう 小堺一機、伊集院光 5位 森田一義アワー 笑っていいとも! ピンクの電話• 編成 - ・・南條祐紀(以上フジテレビ)• 1995年の「秋の祭典」での敗者復活戦では「ぶらさがりフリースロー」として行われ、途中で落下に加え投げるボールを使い切った時点で終了。 味の親善大使 さすらいの料理人 どーんとやっちゃいました! 1986年秋• 1994年春と秋はのマジック)に挑戦していたが、1995年秋以降は廃止され、無条件で賞金を獲得できるようになった。 取材担当• 楠田, 枝里子『消しゴム図鑑』光琳社出版、1998a。

>

「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今|日刊ゲンダイDIGITAL

特別版 [ ] 2009年2月28日放送の特別番組『』で当番組が取り上げられ、愛川がゲストとして登場。 解答者には愛川・楠田時代と爆笑問題時代に出演経験のあるが出演、またナレーターも愛川・楠田時代に担当したも19年ぶりに登板している。 放送日:月曜日• クイズ監修 -• 1991年 [ ] 春の祭典• 1994年には(現:)からのを発売。 正解すると1段上の席に上がれる。 しかし太田がヒントを出しすぎたため、4組が正解。 2007年4月1日(日曜日)19:00 - 21:54に3時間スペシャルを放送。

>

有吉&滝クリ なるほど!ザ・ワールド/芸能/デイリースポーツ online

。 2004年12月28日(火曜日)18:30 - 20:54に「復活の祭典スペシャル」と称し、7年ぶりに復活した。 月曜日で放送される場合、クロスネット局では遅れネットとして対応した。 司会番組も多く有吉さんを見ない日はないんじゃないか といくらい見ている気がします。 大抵はラスト1問であるが、特番時や稀に「今日はです」等と理由つけて、2問ないし3問行う事があった。 エンディングではBGMに乗せながら旭化成グループ各社名をロールテロップで表示し、最終的に「旭化成グループ」 のちにグループを外した旭化成のみに変更 を大きく映し出したところでロールテロップが止まるという演出であった(後述の『メトロポリタンジャーニー』もこれを引き継いだ)。 番組開始当初から・、・、・、・、・などといったコンビのレギュラー解答者がいたが、この中には・夫妻もいた。

>

「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今|日刊ゲンダイDIGITAL

海外クイズ番組のパイオニア的存在だった。 新しく撮影されたVTRからの問題だけでなく、過去のVTRを基にした問題が出題された 2008年まで。 1番席から答えを聞いていく。 楠田, 枝里子『不思議の国のエリコ』文芸春秋、1984a。 またオープニングで各チーム入場する際にとんねるず・石橋貴明が何故か大道具などで使う巨大な脚立を持って入場し、チームが座るテーブルの前に置いたところ、愛川に「とんねるずチームは脚立を片付けくださーい!」と注意される。 レギュラー放送時代のネット局 [ ] 系列はレギュラー放送終了時点 打ち切りの場合はその時点 のもの。 放送時間:19:00 - 21:48 《Aブロック》 出場番組チーム 出場者 結果 備考 ライオンのいただきます 小堺一機 、 木曜劇場「」 、 夕やけニャンニャン 、 《Bブロック》 出場番組チーム 出場者 結果 備考 「」 、 、 スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇 浅香唯、、 声優チーム(、、、) 《Cブロック》 出場番組チーム 出場者 結果 備考 森田一義アワー 笑っていいとも! どんな問題が出題して、 どのように回答するのかも面白いです。

>

「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今|日刊ゲンダイDIGITAL

のでも2014年6月に「ファミ劇! さらに、「アメリカ大陸極上美女捜し」の旅に出たのは、前園真聖と狩野英孝と、超盛りだくさん!実際に足を運んでみたからこそ分かる「ナマの声」をお届けし、解答者たちが、優勝を目指して奮闘する。 すると、愛川欽也はそれまでのにこやかな表情から一転、急に険しい顔になり 「おい、今なんつった?!」 とアグネスチャンに詰め寄る。 秋の祭典• ゲストパネラーも含む。 才 - 、明吉加代子、廣田潤、住本慶一郎、大久保邦智、棟方大介、長浜英臣、山田久恵、松井一恵• そして夜、 ついにオーロラが出現!次々と姿を変える光のヴェールに石川大感動。 決勝3・4番席を決める場合もほぼ同様。 」というキャッチ・フレーズのもと、同局の大改編の新番組の目玉の1つとして登場、『スター千一夜』の後を受け、スポンサーである旭化成への受け皿として用意された番組である。 個人での参加、多人数グループでの参加もあった)の解答者(パネラー)が順番に口述で答えるというものであった(6月以降から、書き問題や早押し問題も登場)。

>

FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル

後期では八者択一やワンフレクイズ(視聴者参加型)など、一種類のクイズだけで出題される回もあった。 春の祭典• スポーツ中継• この回の「年の差ボード」構成はこの通り。 被り物で登場したり、NGを連発しながらも体を張ったリポートが真骨頂で、「ひょうきん由美」の愛称で人気者となった同局の益田由美アナウンサー(当時)に「熱狂していました」と懐かしんだ。 演出 - 佐々木崇人(フジテレビ)、前川善郎(U-FIELD)• デスク - 古賀美由紀、曽我加仰里• 2004年にDVDビデオソフトとして商品化(フジテレビアナウンサーのリポート映像が主な内容で、愛川・楠田らは出演していない)、では異例のDVD化がなされた。 2016年7月4日(月曜日)21:00 - 23:18にて有吉・滝川司会で『なるほど! ( 2014年1月) FNS番組対抗! ザ・秋の祭典スペシャル』(1995年秋。 優勝チームへの賞品とは別に、初期は優勝チームを予想した観客、中期は優勝チーム以外のチームを予想した観客(中身は優勝チームと異なる)、後期およびクイズのない回では(優勝チーム予想が廃止され)観客全員に、旭化成グループの関連商品(期首・期末改編時に実施された「春・秋の祭典」の時は旭化成は協賛していないため、フジテレビからの番組グッズ詰め合わせの福袋)が贈呈された。 前回と同じルールで行われた。

>