Excel if 複数。 ExcelのIF関数の使い方[初心者さんのためのIF関数の基本]

【Excel】ifで複数条件を使う(or・and)

もし誤って[OK]ボタンを押してしまった場合には、 【Excel 2019・2016・2013 / Office365】 このようなメッセージが表示されるので、[OK]ボタンを押すと、 【Excel 2010】 このようなメッセージが表示されるので、[OK]ボタンを押すと、 数式バーに文字カーソルが入るので、そのままの状態で[関数の挿入]ボタンをクリックすると、 元のAND関数のダイアログボックスが表示されます。 実は簡単に複数条件を設定できるIFS関数というものもあります。 IF関数はとても便利な関数ですが、条件が沢山あるとIF関数を何個も入れ子にして、とても長い数式になってしまいます。 今回はIF関数を使いたいので、一覧から「IF」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 先ほどの「if or」を使った結果と同じ結果になりました。 IF関数の中にIFを使う これはよく出てくるパターンです。 [関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。

>

IF関数のネスト(入れ子)の方法:Excel関数の技

AVERAGEIFや SUMIFなどは Excel2007から対応していますが、 MINIFSや MAXIFSは Excel2016から対応などバージョンによって使える関数が異なってしまいます。 このようにIF関数の入れ子を駆使することによって、多様な結果を得ることができます。 このように、 IF関数の引数「偽の場合」に新しいIF関数を入れてあげることで条件分岐を増やすことができます。 まずは以下の図をご覧ください。 ここからはIF関数の複雑な条件指定の方法を解説します。 SWITCH関数なら、値とそれに対応する結果を順に並べていくだけでよく、条件の数が多くても驚くほどシンプルな数式で表せます。

>

ExcelのIF関数で複数条件(4つ以上も)に対応する方法|Office Hack

50点以上70点未満は Bクラスとする• 今回は「IF関数」の使い方をお話ししていきます。 もし種別が『A』かつ個数が51個以上(50個より多い)ならば、合計の1. この式を少しでも短く簡素化したい人は、LOOKUP関数を使ってみてください。 Office 365、またはExcel 2019で使える関数なので、を設定した文書を扱うすべてのパソコンに、Office 365、またはExcel 2019がインストールされている必要がある (IFS関数が設定されている文書を、IFS関数が無いバージョンのExcelで開くとどうなるかは、「」)をご覧ください。 なが~い式ですよね。 IF関数の中にIF関数を入れ子(ネスト)にすることで、複数条件を判定することが可能になりました。

>

Excel(エクセル)IF関数で複数条件の使い方を解説します

VLOOKUP関数で求めることもできます。 ExcelのIF関数で複数の条件設定をする5つのポイント ここでは、 Excelで 複数の条件を指定した、 IF関数の説明をします。 2-1. 「もしも社員が30歳以上なら1,000円」「もしも社員が30歳以下なら500円」という2つのパターンによって値が振り分けられ、セルへ金額が入力されました。 40歳以上の大橋さんと槇村さんは2,000円、30~40歳の間宮さん・広瀬さん・角田さんは1,000円、30歳以下の金井さんと栗本さんは500円と振り分けられています。 Excel 2019やOffice 365のExcelでは、このように複数の条件で表示する結果を変えたい時にとても便利な「SWITCH関数」が使えるようになりました。 関連記事: IF関数以外にもExcelの便利ワザを知りたいアナタへ よろしければ、こちらもどうぞ. IF関数が使えるとかなり出来る事の幅が広がります。

>

エクセルif関数の使い方!複数条件やAND/ORの使い方…|Udemy メディア

しかも、今、関数を設定しているのは、「相原さん」の判定欄なので、• もし、その文書を扱うすべてのパソコンにOffice 365、またはExcel 2019が入っているかどうかが分からない、という場合には、私ならこのページでご紹介するIF関数の中にIF関数を入れ込む方法を使います。 ダブルクォーテーションを連続で入力することで、セルに文字がない(空白である)ことを表します。 IF関数で3つの複数条件を設定する IF関数で3つの複数条件を設定する方法 では条件をもう1つ増やして「80点以上は空白、70点以上は「要勉強」、60点以上は「補習」、60点より低い場合は「再テスト」」と表示するようにしてみましょう。 300以上だったら• これを先ほど解説した書式で使われている引数にあてはめると、「検索値」が「住所1に入力されている都道府県(すなわちセルE3の値)」、「値1」が「東京都」、「結果1」が「A」ということになります。 例2を「種別列がAまたは個数が11個以上場合にのみ合計を表示し、それ以外の場合はハイフンを表示する」ように修正してみましょう。 1-2. 単独条件の指定• [値が偽の場合]には、[論理式]に設定した 条件に該当していなかった場合を設定します。

>

IF関数を入れ子して複数条件を指定|数式の組み立て方の手順とコツ

2-3. まずはセルに式を入力します。 はじめに 本題に入る前に、この記事がおすすめな人を挙げてみます。 そこで、この[論理式]に、 条件を複数設定できるAND関数を入れ込んでいきます。 相原さんの「今月来店」が「0回」 の3つの条件を設定していきます。 たとえば上記で使用した例1の場合、鈴木Eさんは入社していないのに在職フラグが「1」となっています。

>

【エクセル初心者向け】IF関数を3つ以上の複数の条件分岐にする方法

どの条件も満たさない場合の結果を指定するには、最後の[ 論理式]に「TRUE」と指定します。 下図は引数に当てはめたダイアログ。 2-2. 先ほどIF関数を設定したD4番地をして数式バーを見ると、設定した数式の内容を確認できます。 エクセルを扱う機会がある人• では、LOOKUP関数の式の構造を見てみましょう。 IF関数での解答例• 基本文法はこうです。

>