Zoom 画面 共有 の 仕方。 Zoomの「画面共有」機能の使い方まとめ【テレビ会議で資料をシェアする】

PC版Zoomでデスクトップ画面を共有する方法【画像で解説】

zoomの基本的な使い方は以下のコンテンツで解説していますので、あわせてご覧ください。 共有したいサイトのURLを入力して、「共有」をタップします。 ファイルを共有・転送できないときの対処法 ファイルの共有や送信は設定で制限されている場合があります。 フルスクリーン表示が解除され、Zoomのウィンドウ内に共有された画面が表示されました。 ミーティング設定で暗号化が有効になっている場合も転送機能を使うことはできません。

>

Zoomズームの使い方

画面共有に回数制限はないので、自由に画面を切り替えよう。 ここからはもう一つの便利機能「リモートコントール機能」についてご紹介していきます。 ファイル選択画面が開くので共有するファイルを選択しましょう。 設定メニューを開いたら、「レコーディングしています」のサイドメニューを選択して、ローカル録音の「開く」を選択すればOKです。 通常、パソコンの画面共有をする時にはスカイプなどでも完結するのですが、相手のデスクトップをリモート操作するとなると「TeamViewer」といったコンサルティングソフトを別途使わなければならなかったりします。 そのために何を学ぶべきか? ということがわかる無料メルマガを運営しているので、ぜひきっかけになりましたら幸いです。 ・iCloudドライブ• そんなときに使ってほしいのが「 画面共有」の機能です。

>

Zoomの画面共有のやり方は?リモート操作の使い方や特殊な機能も紹介

許可を選択してクリックします。 相手にリモート制御のリクエストを送るだけ、つまりこちら側からの操作と、相手からの許可をもらえればできるようになります。 パワーポイントやグラフ等の資料を共有するのみならず、端末の使い方がわからないお客様に自身の画面を用いて説明することができたりと、対お客様サポートとしても効果的な使い方をすることができます。 これでファイルを転送することができるようになりました。 0またはそれ以上が必要です• なお、ZoomのWeb会議は相手がいなくても開催でき、自分ひとりでも画面共有の機能は動作します。

>

Zoomの共有画面を変える時、いちいち共有し直さなくていい方法。

参加者の管理: 参加者の人数を増やしたり、減らしたりすることができる• サンプルでウィンドウを選択して共有してみます。 それはそれで悪くありませんが、相手にも別のソフトを1から覚えていただく必要もありますし、何より余分な時間ばかりが掛かってしまいます。 とくに顧客名を記載したファイルを保存している場合などは注意が必要です。 詳しい解説• 「画面ミラーリング」をクリックし、「Zoom-team」を有効化• 緑の枠を伸縮させることで、表示する範囲を指定できます。 共有する画面を選択するとき、[詳細]タブにある[画面の部分]を選択します。 画面が見えないと、色々解釈の幅を持たせながらアドバイスをしなければならないので、サポートする側に負担がかかります。

>

PC版Zoomでデスクトップ画面を共有する方法【画像で解説】

例えば、以下のようにTwitterを立ち上げてみます。 参加者の管理 参加者の管理などが行える• PC操作に気を付けたら良いだけの話に聞こえますが、最近ではテレワークの導入が進んでいてPCに不慣れなご年配の方が画面共有でプレゼンをするケースも考えられます。 ウィンドウの切り替えで簡単に共有できるため、とても資料を分かりやすく説明することができます。 共有中に注釈をつける 画面共有中に表示されるツールバーから「コメントを付ける」を選択してクリックします。 ただし、共有している本人は自分の画面しか見られません。

>

ZOOMでファイルの共有や転送をする方法について詳細を徹底解説!

転送時の注意点 ZOOMは非常に使いやすいミーティングアプリですが使い方を誤るとそのセキュリティに懸念が生じます。 するとデスクトップ画面や起動しているアプリのウィンドウの一覧が表示されますので、共有したいウィンドウを選択して画面右下の「共有」を選択すれば、画面の共有が開始されます。 Out of these, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. ・参加者の管理:(ホストの場合)参加者を表示または管理• 相手にリモート制御を承認してもらう リモート操作の停止は双方から行えるので、必要な操作が終了したら自分で停止するか相手に停止してもらいましょう。 さらに、資料にコメントを書き込んだり、ホワイトボード機能を使ったりすれば、実際の会議と変わらないミーティングが実現する。 画面下部にある[画面を共有]をクリックします。 「画面を共有」のアイコンをクリックします。 クリックすると、新たに共有したい画面が選択できるよう「 共有するウィンドウまたはアプリケーションの選択」が表示されますので、 共有したい画面を選んでクリックしてください。

>

Zoomの共有画面を変える時、いちいち共有し直さなくていい方法。

リモートコントロールを付与するために必要要件 リモートコントロールの機能を使うためには前提条件があります。 そんなときは、リモートコントロールで、相手のパソコンを一時的に操作してあげることで、実行していただきたいことの見本を示すことができます。 共有の一時停止 共有を一時的に停止します。 上記の機能の詳しい説明はこちらの記事をご参照下さい Zoomの画面の共有機能には「ホワイトボード」なるものがあります。 画面共有は、相手の画面を見たり、コチラ側の画面を見せて、パソコンの操作方法などを視覚的に理解してもらうことができるようになります。

>

Zoomの画面共有でできること5選。ウィンドウ選択、ポインター表示、ホワイトボードまで

ファイルが転送できないとき ミーティンググループの管理者がファイル送信を制限している場合にはファイル転送はできません。 送信先を選ぶと全員、もしくは個人に資料が送信ができます。 左上の[画面]を選択すると、自分のパソコンの画面全体が共有されます。 複数の参加者との会議でも画面共有が可能だ。 Zoomにはミーティング内容の録画・録音機能も搭載されているので、共有データと指示内容を合わせて見返すことができるのもポイントです。

>