オバマ 回顧 録。 バラク・オバマの自伝が初日89万部、最も売れた大統領回顧録に

オバマ回顧録の誤訳騒動は氷山の一角。記者が見た日本と欧州のメディアの違い

It is a cozy if small room. それから、首相と会い、経済危機、問題、沖縄の米飛行場の移設案について話しあった。 解説 ここでのnoteは「言及する」という意味です。 。 アメリカのオバマ前大統領は17日、回顧録を出版し、2008年の大統領選挙で、自身の副大統領候補にバイデン氏を選んだ理由について35年間にわたる上院議員としての経験や、誰をも魅了する心の温かさを感じたことなどを挙げました。 ペンギン・ランダム・ハウスは、2017年にオバマ前大統領の回顧録出版の権利を取得。

>

NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘

実は、英語で配信しているNHK Worldは、日本語ニュースとは異なるニュアンスで報道している。 よく平気な顔して生活しているよね。 結局、そのサイトの指摘が現実になったんだから、 レガシーメディアの見識や良識なんてその程度のもんでしかないんだよ。 fullyは「完全に、十分に」、cooperateは「協力する」です。 この数字は、出版業界のビッグ5の1社であるペンギン・ランダムハウスから出版された書籍の、発売後24時間の最高記録とされている。

>

日本メディアの「オバマ回顧録」の翻訳、その訳文がはらむ「危険性」を考える(鴻巣 友季子)

この本でオバマは、在任中に会った各国の指導者にかなり辛口の評価を下している。 手紙には次のことが示されていなければならない。 「~であっても」なので、意味の重点は、BではなくAに置かれる。 >政権への忖度か、記者会見のオープン化を迫ったからか 飯の種だからだろ。 何故叩かれるのか分かっていないかと言えば、平和ボケして周りが見えていないんだよ。

>

NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘:朝日新聞デジタル

-Japan alliance 7日間の旅程は東京からスタートし、わたしはそこで日米同盟の未来についてのスピーチを行った。 これは通常「症状」と訳すのではないだろうか。 」は、文脈から見て、鳩山氏個人を評したものではなく、「3年未満で4人目の首相」を生んだ日本の政治状況を指していることは明らかだと指摘した。 TBSが修正しているところを見ると、元の訳が適切ではなかったと認識しているとみられる(各メディアには当初報道に問題がなかったかを質問しており、回答があり次第、追記する)。 大統領選の年にぶつかったため、勝敗が判明した後に発売することになった。 いずれにせよ、原文では、鳩山元首相個人を強く批判する記述ではなかったにもかかわらず、一部のメディアは個人批判の文脈で報道してしまったことになる。

>

オバマ回顧録の件でバカにされた鳩山元首相が激怒してメディアを猛烈に批判する恥の上塗り展開

~省略~ NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘 NHKのニュースが17日、オバマ前米大統領が回顧録で、鳩山由紀夫元首相を「迷走した日本政治の象徴」などと評したと報じた。 楽勝!」と思われるより、「むずかしい、手ごわいやつだ」と思われたほうがいいのかもしれないが。 そして米オバマ民主党政権の副大統領だったのがバイデンである。 ごらんのとおり、A+if+BとA+but+Bは、語を入れ替えるとほぼ同じ意味になる。 2009年に訪日したオバマ氏は日米同盟の今後に関するスピーチを行い、その後、当時の首相・鳩山由紀夫氏と会談した。 間違ってはいないのだけど、ひとつだけ注意してほしいことがある。 a pleasant if awkward fellowのpleasantとawkwardは対抗する概念だ。

>

オバマ回顧録の件でバカにされた鳩山元首相が激怒してメディアを猛烈に批判する恥の上塗り展開

「あの」メディアでさえ、叩くんだから相当なもの。 記事のテーマにそぐわないもの• awkwardなのは玉に瑕だけど、基本、pleasant だと言っているのだ。 現在、 オバマ元大統領の回顧録で 鳩山元総理について触れている箇所が絶賛炎上中だが、これらも原文を読むと NHKや 時事通信社などが報道している内容とはだいぶ印象が違う。 契約額は6,000万ドル(およそ62億円)を超えるとされている。 回顧録に関する報道記事のなかに、誤訳があったというのである。

>