サイバー セキュリティ 関係 法令 q&a ハンドブック。 「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」がNISCより公開されました|株式会社FFRIセキュリティ

「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」(内閣サイバーセキュリティセンター)

1 2021年「サイバーセキュリティ月間」実施に伴う関連行事の募集について 2020. 同書は経済産業省をはじめとして、関係省庁の協力を得て関連事項を広範に収録したほか、ドッグイヤーと呼ばれるほどの素早い変遷をたどるIT業界に対応できるよう、一般にはあまり知られていない関連法の最新ガイドラインや技術基準を準拠し、編集したと発表。 サイバーセキュリティ基本法関連• 将来的には日本国内でも大手企業と取引する条件として、一定レベル以上のサイバーセキュリティ対策が必須条件となる可能性があります。 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は3月2日、サイバーセキュリティ対策において参照すべき関係法令をQ&A形式で解説する「サイバーセキュリティ関係法令 Q&A ハンドブック」を作成、同日よりNISCのWebサイトで無料公開を開始した。 悪意あるサイバー攻撃者のメールを開いたためにマルウェアに感染すると、PC端末(エンドポイント)が接続された内部ネットワークに侵入され感染が拡大する恐れがあります。 6 第13回「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」の結果(報道発表資料 2020. しかも今後は国際関係、つまり条約も増えてくるでしょう。

>

【速報】「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」を公開 NISC|サイバー/デジタルリスクNavi [サイバー速報]

企業における平時のサイバーセキュリティ対策及びインシデント発生時の対応に関する法令上の事項に加え、情報の取扱いに関する法令や情勢の変化等に伴い生じる法的課題等を可能な限り平易な表記で記述したものとして作成しています。 情報通信ネットワーク関連 (IoT関連を含む)• 企業で情報漏洩や改竄が起こり、企業または第三者に損害が生じた場合、会社の役員(取締役、監査役)はどのような責任を問われ得るか」という質問である。 28 サイバーセキュリティ月間特別イベントの中止について (報道発表資料 2020. 2018年7月に閣議決定された政府のサイバーセキュリティ戦略では、企業がサイバーセキュリティ対策の実施において参照すべき法制度に関する整理を行うとされました。 特に近年高度になってきているなどに対処している人たち、部署、あるいは企業・機関にとっては、不可欠な知識であるはずだ。 また、Q5は、「社内のサイバーセキュリティ体制が適切であることを担保するためにどのような方策を実施することが考えられるか」という質問となっている。

>

企業実務の参考として、サイバーセキュリティ関係法令解説ハンドブック公開|NISC

法学者ならずとも「」は知りたいものだが、そもそもデジタル犯罪の裁が多くない現状では致し方ないだろう。 詳しくは、こちらをご覧ください。 このハンドブックは、企業における平時のサイバーセキュリティ対策およびインシデント発生時の対応に関する法令上の事項に加え、情報の取扱いに関する法令や情勢の変化等に伴い生じる法的課題等を可能なかぎり平易な表記で記述したものとなっているとしている。 19 第12回「日・ASEANサイバーセキュリティ政策会議」の結果(報道発表資料 2019. 企業実務の参考として、効率的・効果的なサイバーセキュリティ対策・法令遵守の促進への一助となれば幸いです。 しかし裁については、ほとんど記載がない。

>

「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」全文を公開 NISC:セキュリティ対策時に参照すべき法制度を網羅

ハンドブックでは、サイバーセキュリティ基本法、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)、電子署名及び認証業務に関する法律、情報処理の促進に関する法律、不正アクセス行為の禁止令に関する法律といった直接ITに関連した法令に加え、民法、刑法、労働基準法、会社法など一般的な法律についても取り上げている。 《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》 ソース・関連リンク• プレスリリース: 公開ページ: このハンドブックは、企業がサイバーセキュリティ対策を実施するにあたって確認すべき法制度や事例を記載しています。 企業実務の参考として、効率的・効果的なサイバーセキュリティ対策・法令遵守の促進への一助となれば幸いです。 次世代エンドポイントセキュリティ Next-generation endpoint security. 個人情報やデータを安全に管理するために考慮する事柄や、テレワーク時など社外への情報持ち出しを許可する際の注意事項など、実務に役立つ情報がまとめられています。 30 夏季休暇等に伴うセキュリティ上の留意点について【注意喚起】 2020. 既存の開示制度としては、事業報告、有価証券報告書、コーポレート・ガバナンスに関する報告書、適時開示などが挙げられる。 企業における平時のサイバーセキュリティ対策およびインシデント発生時の対応に関する法令上の事項に加え、情報の取り扱いに関する法令や情勢の変化などに伴い生じる法的課題を記述している。 会社法や個人情報保護法から刑法等まで、幅広く関係法令の解説がされており、経営層の啓発へのご活用はもとより、企業の戦略マネジメント層や現場の方々、あるいは法務担当にも実務的にご参照いただけるものと考えております。

>

内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター、「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」を公開

その他各論(リバースエンジニアリング、暗号、情報共有等) 10. 具体的な方策としては、監査体制として内部統制システムに対する評価を行う仕組みとしての内部監査、社内の情報資産を対象とした情報セキュリティ監査、情報システム体系を対象としたシステム監査が必要となる。 14 テレワークを実施する際にセキュリティ上留意すべき点について 2020. 個人情報保護法関連• )を作成しました。 一般的に、外部からの攻撃によって情報漏洩が生じた場合、取締役が刑事責任を負うことはないが、漏洩情報が個人情報であった場合は、個人情報保護法に定める義務違反が認められると、経営者が刑事罰の対象となる可能性があるとしている。 NISCのwebサイトにてPDF形式で無料公開されており、冊子での配布は原則行っていないとしています。 そのほか、内部通報制度、情報開示、 サイバーセキュリティ体制の実効性の担保を図るCSIRT(Computer Security Incident Response Team)の設置などを挙げている。

>

「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」がNISCより公開されました|株式会社FFRIセキュリティ

企業における平時のサイバーセキュリティ対策及びインシデント発生時の対応に関する法令上の事項に加え、情報の取扱いに関する法令や情勢の変化等に伴い生じる法的課題等を可能な限り平易な表記で記述したものとして作成しています。 うーん、僕など早く引退した方がいいでしょうかね。 本書は、2018年7月に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略において、「企業がサイバーセキュリティ対策の実施において参照すべき法制度に関する整理を行う」としたことを背景に、サイバーセキュリティ戦略本部普及啓発・人材育成専門調査会が、サイバーセキュリティ関係法令の調査検討などを目的としたサブワーキンググループを設置し作成した。 インシデント対応関連(デジタルフォレンジックを含む) 11. 1つ目は、サイバーセキュリティに関連すると思われる法令を、なるべく広範に網羅するよう努めたこと。 Q&Aで取り上げている主なトピックスについて 1. 民事訴訟手続• 契約関連(電子署名、システム開発、クラウド等)• なかでも170ページに掲載されているサプライチェーン・リスクは、中小企業においても警戒が必要なサイバーリスクとして注目が高まっています。 情報開示を行うことにより、経営上の重要課題としてセキュリティ対策に積極的に取り組んでいるとしてステークホルダーから正当に評価されることが期待できるとしている。 合わせて、わかりにくい法令や技術基準に対応すべく、弁護士を中心にしたワーキンググループを編成し、解説を添える形で詳説。

>

内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター、「サイバーセキュリティ関係法令Q&Aハンドブック」を公開

11 テレワーク等への継続的な取組に際してセキュリティ上留意すべき点について 2020. 日本に限らずでも、いや先進国ゆえに長いリアル世界の法制度整備の歴史があり、改正に改正を重ねた法規などは「増改築を繰り返した温泉旅館」より始末が悪く、少しの変更も長い検討期間が必要になってしまっている。 すべての Qに目を通したわけではないのだが、参考資料はかなり豊富。 ESETのエンジニアに、「AI/機械学習でどう顧客を守るのか」「特にエンドポイントに近いコンポーネントにおいてAIや機械学習をどう活用しているのか」を聞いた。 2つ目は、法令の最新版を集めたこと。 関連記事• サイバーセキュリティリスクは常に変化しており、1線・2線機能は常に新しい管理体制や機器を導入しています。 情報漏洩などのセキュリティインシデントが経営上の重要課題として認識されるようになってきている。

>