シュプリーム 買収。 米「ザ・ノース・フェイス」親会社が「シュプリーム」を買収

VFコーポレーション 「シュプリーム」を買収

「バンズ」や「ティンバーランド」、「ノース・フェイス」などのブランドを展開する米衣料品製造大手VFコープは9日、人気ストリートブランド「シュプリーム」を21億ドルで買収すると発表した。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 VFの傘下に入り、デジタル戦略や国際展開を加速させることで、約5億ドル超の売り上げを10億ドル規模まで引き上げる方針。 しかしマーケットは巨大だ」と分析する。 米アパレルのVFコーポレーションが、「シュプリーム」(SUPREME)を21億ドル以上(約2200億円)で買収とのニュースが飛び出した。 東海・甲信越• 当時の時価総額は10億ドル(約1100億円)規模でストリートブランドとしては最高額レベルと言われている。 「ザ・ノース・フェイス」「バンズ」「ティンバーランド」などの有名ブランドを展開する米アパレル大手VFコーポレーションは9日、米人気ストリートブランド「シュプリーム」を21億ドル(約2200億円)で買収すると発表した。

>

シュプリーム、ノース・フェイスの親会社VFが買収発表:朝日新聞デジタル

株式の売却益によって、シュプリームは年々競争が激化するストリートウエア界を生き残る資金が調達できる一方、大勢に飲み込まれないインディーズ的魅力を失い、結果、ブランドのファンを白けさせる可能性も否定できない。 創業者のジェームス・ジェビア(James Jebbia)は、投資会社に株式の多くを売却するとストリートキッズの間におけるブランドの価値、特に彼が生まれ育ったイギリスでの価値が傷つくかもしれないと考え、交渉は秘密裏に進められた。 今後の展開が気になります。 買収は年内に完了する予定。 ブランドのDNAを失うことなく、ブランドの成長を支援していく意向だといい、「シュプリーム」の創業者であるジェームズ・ジェビア(James Jebbia)氏やキーマンなど、現在のチームは継続してブランドや経営に携わることになる。 VFコーポレーションは「ザ・ノース・フェイス」(THE NORTH FACE)や「ティンバーランド」(TIMBERLAND)、「ヴァンズ」(VANS)など、アウトドアやストリート系、カジュアル系のブランドなどを傘下に持つ大手アパレル企業。

>

米「バンズ」親会社が人気ブランド「シュプリーム」買収、21億ドル _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 すべて現金による買収で年末までに手続きを完了したいとしている。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 売上高の約45%は国外から得ている。 日米欧に直営店を展開するストリートファッションの代表的ブランドに成長した。 同社としては2011年に「ティンバーランド」を23億ドルで買収して以来の大型案件となった。

>

VFコーポレーション 「シュプリーム」を買収

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」とのコラボで世界を熱狂の渦に巻き込んでいた時の話だ。 現に「シュプリーム」は、「ルイ・ヴィトン」とのコラボレーションにおいても、生粋のファンの一部から強烈なバッシングを受けている。 (NY時間09:54) VF 81. VFコーポレーションは単に世界最大規模のアパレル企業というだけではありません。 シュプリームはVFコーポ傘下のヴァンズ、ザ・ノース・フェイス、ティンバーランドと継続的に協業してきた。 シュプリームは2017年7月、創業者のジェームス・ジェビアがカーライル・グループ(CARLYLE GROUP)に株式の半数を5億ドル(約550億円)で売却したことが話題になった。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 アナリストは「双方にプラスがある取引」と分析 米証券ウェルズ ファーゴ(WELLS FARGO)のアイク・ボルーチョウ(Ike Boruchow)=マネジング・ディレクター兼シニア・リテール・アナリストは、「VFCは何年も前からアクティブウエアやライフスタイル事業、そしてD2C事業に注力したいと言っていた。

>

米「ザ・ノース・フェイス」親会社が「シュプリーム」を買収

総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらは利益率が高く、グローバル展開も容易な分野だからだ。 米ファッションビジネスメディア「WWD」や英「ビジネス・オブ・ファッション」などが報じた。 スポンサーリンク VFコーポレーションとは 1899年に創業したVF コーポレーションは120年以上の歴史を持つ世界最大級のライフスタイルアパレル企業です。 ストリートブランドとしては過去に類をみない大規模な評価額のため、今後はシュプリームをベンチマークとしてブランドの評価額がつけられる可能性もある。 さらに、シュプリームの国外の売上高は10億ドル規模になる可能性があるとし、VFコーポの24年の戦略の核を担うブランドと位置付けている。 九州・沖縄• VFCは北米以外に事業を展開していくことにもたけているので、『シュプリーム』にとってもいい取引だと思う。

>

VFコーポレーション 「シュプリーム」を買収

2017年に発売された「ルイ・ヴィトン」(LOUIS VUTTON)とのコラボ商品は世界中で大反響を呼び、東京・南青山のポップアップストアには8000人以上が行列するなど、そのカルト的人気で、社会現象としても注目された。 取引は今年中に完了する見込みだ。 シュプリームは今後もVF傘下以外のブランドとも協業は続けていくといい、ブランドの独自性は守られると見られている。 VFコーポレーション傘下のブランドはシュプリームと過去にコラボアイテムを販売しており、特にザ・ノース・フェイスとは長く蜜月関係が続いていたため今回の買収につながったのではないかとも噂されている。 買収により22年度の売上高は少なくとも5億ドル、調整後1株利益は0.20ドル押し上げられるとしている。 株式を取得したカーライルは、中規模のMBOを得意とするプライベートエクイティファンドとして知られており、ファンドへの売却にあたって秘密裏に行われたことで関係者を驚かせたが永続的に株式保有をするとは見られておらずいつかは株式の売却に踏み切ると言われていた。

>

VFが大幅高 「シュプリーム」を21億ドルで買収=米国株個別

シュプリームはVFの各ブランドと以前からコラボ商品を手がけてきた縁がある。 同社のレンドルCEOはインタビューで「弊社は過去4年間、ポートフォリオを進化させてきたが、シュプリームはわれわれの進化したポートフォリオに非常によく適合する」と語った。 特に希少性が評価され、商品にはプレミアがつくこともしばしばの「シュプリーム」にとって、仮に得た資金を用い、カーライルとともに出店を重ねるのだとしたら、今までのビジネスモデルは通用しなくなる可能性もある。 製品製造および輸送は、世界中の自社または委託先の1,000以上の施設で製造される年間約4. 長方形の赤い背景に白抜きで「Supreme」と書かれたロゴで知られ、限定商品や高級ブランドとのコラボ商品では手に入りにくさも話題となって高いブランド価値を誇ってきた。 1 Billion-plus アメリカンドリームですね。

>

米ノースフェイス親会社が「シュプリーム」を買収

これまで通り成長を続けつつ、ユニークさと独立を保っていく」とコメントした。 この買収により、VFCは少なくとも5億ドル(約515億円)の増収となる予定だ。 消費者がパンデミックで食料品などの生活必需品を優先し、裁量商品から離れるにつれて、アパレル業界は混迷している。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 ストリートウェアブランドの「シュプリーム」を21億ドルで買収合意したことを発表した。 ノースフェイス、ティンバーランド、VANSは相性良いですからね。

>