20 ソルティガ インプレ。 【編集部インプレ】20ソルティガ

19ステラSWと20ソルティガの様相が濃い件

実際のところどうなのよ? ということで10ソルティガ5000Hと20ソルティガ14000XHを同条件でキャストテスト。 後は耐久性の面やメンテナンス面ですが、ダイワのリールは古くから耐久性やメンテナンス性が良く、評価が高かったように思えますが、20ソルティガからモノコックボディと呼ばれるビスを使わないボディ形状に変わりました。 20ソルティガ インプレ ダイワ新製品の目玉のひとつ、20ソルティガ。 まだ半年ほどの使用ですが、これまで使用してみたフィーリングや感じた事をいくつか挙げてみたいと思います。 15ソルティガははっきり言ってステラの足元にも及んでいなかったので、進歩はしたけれどステラと肩を並べたに過ぎません。

>

「LT」じゃなかった!タフさを究極に追求した「20ソルティガ」公開!

おそらく出るだろう・・・・というより出してほしい・・・出してくれ!・・というのがホンネ 笑 ステラは高くて手が届かない・・そんな人も多いことと思うが、自分を含め少ないお小遣いで頑張っているそんな不憫なアングラーにおすすめなのは、19ステラが発売された後の13ステラの型落ち品。 ブラックとゴールドのデザインで、シマノのステラSWにそっくりですが、10ソルティガドッグファイトも黒金のデザインでしたし、13ステラSWと19ステラSWのデザインがほとんど同じだったように、ブラックを基調としたデザインの同じジャンルのリールを作ったら、同じように見えてしまうのは仕方ないかもしれません。 2001年発売のパッキンによる完全防水を謳った『初代Z』から始まり、9年の時を経て2010年、メインシャフトがマグシールド化した『10ソルティガ』が登場。 ダイワ2020年新製品の20ルビアスも完成度が高かったのですが、20ソルティガも驚きの完成度でした。 小型ながら巻き上げ力は十分!電動リールを導入して、手返し急上昇を意識したい方にベストチョイスの1台です。 大型SWルアー用リールで重要なドラグも進化しています。

>

20ソルティガとステラSWどっちを買ったがいい?

20ソルティガはこのクラスにはもはやオーバーパワー そんな ジグの回収も体力を温存しつつパワフルに巻ける。 メンテナンス面ではアングラーでもメンテナンスできる19ステラSWのほうがよさそうに思えます。 これによりラインが高切れしたり、魚の口切れが発生したりと言うレベルではないですが、強いて言えば気になる点として感じました。 5kg前後までしか測定しておらず、 ヒラマサやGT等のトルクがある魚は何十キロとハンドルに負荷がかかります。 ボディ自体が一つの塊として機能することから大幅な剛性アップが期待できます。 5~2号程度を使用したジギング、キャスティングゲームの場合は、ロッドのバランスなどを考えると20ソルティガ 8000-Hは少しオーバースペックかもしれません。

>

【20ソルティガ】シリーズ史上最強!?完全武装のモンスターリール登場か|TSURI HACK[釣りハック]

まずは前機種である15ソルティガからどこが変わったのかを見てみましょう。 海上釣り堀太宏の釣果情報で釣れているといわれているのは、マダイがトップクラスに多々あるですね。 モノコックボディの恩恵でギアを大型化、さらにはローターはアルミ製になり強度もUP。 アルミエアローターの採用で剛性も2倍以上 ここも、15ソルティガと比べて大きく変更された点。 。 ソルティガのワッシャー14枚の新型ドラグの性能が気になるところですね。 あまり近海ではこの様なシーンは多くないですが、具体例を上げれば、主に遠征でのカンパチやキハダゲームにおける八丈島等の伊豆諸島エリアや沖縄でのジギングに有効です。

>

20ソルティガ発表!ステラSWとスペックを比較してみた!

巻き心地は流石ソルティガ、非常にスムーズでストレスを感じません マシンカットタフデジギアは、通常の冷間鍛造のタフデジギアの歯面をマシンで切削加工して更に滑らかにしたものです。 ドラグ音が大きくなり金属感のある気持ちいいサウンドに 前モデル以前のソルティガシリーズは正直ドラグ音が小さく、掛かった魚が走っても海上では分かりづらいところがありました。 ダイワのマグシールが受け入れられるかどうかでしょう。 サイドを折りたたんで四角形にまとめる事も可能な組成になっています。 LT化を懸念されていた方へ どうやらLT化されず、とにかく 「タフさを追求した」リールに仕上がったのが 「20ソルティガ」です。 サビキ仕掛けには、仕掛けを竿下に下ろすタイプと遠投サビキタイプの2種類があります。 小中型リールにはナイロンラインをセットしましょう。

>

19ステラSWと20ソルティガの様相が濃い件

そして、ダイワ製品の常識ともなりつつあるモノコックボディ。 シンカーは1. 20ソルティガはこのクラスにはもはやオーバーパワー そんな ジグの回収も体力を温存しつつパワフルに巻ける。 今現在は10月でまだ確実なことは言えないが、ステラのパーツが取り寄せできなくなっていることや13年から6年経っている(2016年に6000XGを出してはいるが…)こと、さらにはノーマルステラを18年に発表していることから考えてもこのタイミングで出す可能性が非常に高い。 大型タックルの使用において、巻きの軽さは疲労軽減、集中力維持につながり、いずれは釣果アップにつながる重要な要素だと考えています。 大手2社のハイエンドリールはどちらとも問題ないです。 チタンリングを施した事によってスプールエッジが二段テーパーになり、ラインのバタつきを最小限にしてスムーズな放出が可能になりました。 飛距離 LC-ABS(ロングキャストABS)スプールが搭載された20ソルティガ。

>

「LT」じゃなかった!タフさを究極に追求した「20ソルティガ」公開!

こちらはなんと 「耐久性が10倍以上強化」という大幅強化。 HG(ハイギア)モデルと比較し、ギア比が低いですが、一巻き当たりの巻き取り量が少ない分、巻き取りパワーに優れている為、水圧が掛かる深場での大型魚とのやり取りでも、ゴリゴリ巻く事が可能です。 たわみ剛性は2倍以上、また初代ソルティガに搭載されていたアルミローターと比べてもその破壊強度は1. ですがフェリーが航行するために水深があり、頃合によっては西港にも負けないほど魚種が豊富。 実用的な高負荷の状態で測定していないのであくまで軽い負荷での結果です。 ドラグシステムが一新、ドラグ音も気持ちいい! ドラグシステムも前モデルから大幅に変更され、カーボンワッシャーが6枚から14枚になりました。 20ソルティガは、18000番や20000番も発表されています。 5倍以上に。

>