ヤッホー ブログ。 ヤッホーブログ

ヤッホーブログ

ハイタッチ、しましょうね! 『ファン宴』を終えて:レポート後篇 『ファン宴』を終えて、ウルトラクイズの後のmiya takehiroさんのウクレレLIVEとサプライズの内容をレポートしました。 「ファンを大切にすると、ファンが自らイベントを開いてくれて、 社員を招待してサプライズまでしてくれる」 そんなステキな世界を一回作ったら、どんどん連鎖してステキな企 業が増えて、ステキなファンが増えて、ステキな世界にならないかななんて考えています。 必要なものと言えば、パソコン・電話・FAXなどです。 まだヤッホーブルーイングへのサプライズは終わらなかった… 熱狂的なヤッホーファンたちは当日だけでは終わらなかったんです… 当日の様子を動画にまとめ、会報誌「月の生活」をもじった冊子「ファン月の生活」を作っちゃったんです。 一般的には水で戻さなくても調理できますが、 テルモスランチの時は、前日の晩から水に漬けて戻しておけば あまり煮込まなくても、余熱…• アレンジとして、ゆで卵を一緒に テルモスの中に入れておけば、美味しい煮卵も作れます。 とても優しい感じの食感はクセになります。 酒粕を入れることで、味噌の量を減らせるので減塩も出来ますヨ。

>

ヤッホーブログ

商品を輸入する為の資本や基本的な知識は必要にはなりますが、商品を開発・生産するという事がありませんので、設備投資の必要はありません。 ) 会社名が英語読みの「サーモス社」となってしまった現在でも 私たち登山家からとって魔法瓶=テルモスです。 カボチャ・ココナッツミルク・カレー それぞれの…• 早朝に出発の登山でも、寝不足にならずに作れます。 皆さん個人でも出来る輸入ビジネスに興味ありませんか? 皆さん輸入ビジネスというと、どうゆうイメージを持っていますか? イメージ的に大手商社に勤めるエリートビジネスマンという感じですよね? でも、実は輸入ビジネスは、小資本・低リスクで独立起業を目指す方にオススメです。 )別のタッパーに茹でたパスタを入れて持っていけば・・・ …. 餅は熱を加えず、そままテルモスに入れておけば 食べるころには、余熱でちょうど良い柔らかさになっています。

>

『ファン宴』の記事まとめ【ヤッホーブルーイング】【よなよなエール】

しかし、いくらバストアップに効くからといって、一つの食材を食べ過ぎたり、一つの食べ物に偏ってしまっては健康をそこねてしまいますので、くれぐれもバランスを考えた食事を心がけて下さい。 長時間、余熱調理するテルモスランチでは 「緑豆はるさめ」を使用してください。 うどんなどの場合、つゆをテルモスに入れて ゆで麺を別の容器で持って行き、食べる直前に 合わせるのですが・・・ ゆで麺が冷たくなっているので 合わせた時につゆも冷たくなってしまいます。 チーズを入れることで全体にコクが出て 一層美味しくなりました。 今の時期は 冬〜早春が旬のカリフラワーが沢山並んでいます。 日本もそうなってくれれば、富士山のゴミ問題や事故、渋滞も 少しは解消されるのかもしれません。 登山で疲労した身体には、やはり 甘いデザートが一番ですよネ〜。

>

ヤッホー!!さん。の「テルモスランチ」レシピ集

それによって血管は更に膨張し、更に血圧も上がるのです。 ファン宴を控えて いよいよ明日は本番… フラットにファンも社員もみんなが楽しくつながって、ヤッホーブルーイングの公式イベントがもっと盛り上がるといいなあ。 テルモスから直接食べれば、登山の荷物を減らせます。 台湾の3,000m以上の山に登るには 国家資格を持った登山ガイドの同行が義務付けられていて 安全や自然を守るシステムになっています。 ちょっとでもワクワクが伝わるといいなと思います。 白血球や血小板にも影響を及ぼし、血液がドロドロした状態になるのです。

>

『ファン宴』の記事まとめ【ヤッホーブルーイング】【よなよなエール】

ナンプラーの風味が エスニック感を漂わせてくれます。 普段の食事やオフィスランチでもどうぞ。 テルモスランチなら ゴロゴロと大きめに切ったカリフラワーでも 余熱でしっかりと火が通ります。 カリフラワーは、つぼみの塊(花蕾)を食用とすることから 別名「花野菜」ともいわれています。 真っ赤なスープは見ているだけで 暖かくなってしまいますネ。 テルモスランチなら 余熱で火が通りますので 鍋に加えてから、あまり煮込みすぎないほうが ふわふわに仕上がって美味しくなります。

>

ヤッホー!!さん。の「テルモスランチ」レシピ集

丹沢の山の表情も 厳しい冬の顔から、穏やかな春の顔になってきました。 酒粕が苦手な方に…• ガス代も節約になるし・・・。 それを解消してくれるのが「大麦」です。 上からスープを注ぎ入れて持っていけば お昼になるころには、食べ頃になっています。 テルモスから直接食べれば、登山の荷物を減らせます。

>