利休 の かたち。 楽天ブックス: 利休のかたち

利休のかたち / 伊住 禮次朗/三笠 景子【編】

初代・をはじめとする職人を指導して好みの道具を作らせるとともに、自らも茶室の設計、・の製作など道具の製作にも熱心であった。 『松屋会記』に天文6年(1537年)9月13日の「京都与四郎」による茶会の記述に「宗易事也」と加筆されている。 天正4年(1576年)ごろ、のちに利休の養子となる少庵を婿とした。 その次男宗守・三男宗左・四男宗室がそれぞれ独立して流派が分かれ、官休庵・不審庵・裏千家今日庵となっている。 切腹に際しては、弟子の大名たちが利休奪還を図るおそれがあることから、秀吉の命令を受けたの軍勢が屋敷を取り囲んだと伝えられる。 田中仙堂『千利休 「天下一」の茶人』宮帯出版社、2019年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 同年完成した内に屋敷を構え、築庭にも関わり、も3,000石を賜わるなど、茶人として名声と権威を誇った。

>

松屋創業150周年記念 利休のかたち 継承されるデザインと心展

利休の茶室に見られる近代的とも言える合理性と自由さは、単に数奇屋建築にとどまらず、現代に至るまで日本の建築に大きな影響を及ぼしてきた。 今年最後の松屋さんへ。 195-198• 『日経大人のOFF』2013年12月号、、。 母は宗恩。 もうこれ以上どこもいじれない、という緊張感に満ちています。 展示内容は主に2章立てで、利休が直接関わったとされる道具を中心とした「利休の道具」と、利休が好んだ寸法やデザインなどの「利休形」で構成されます。 茶の湯の文化は、鎌倉時代に抹茶を飲む習慣が、禅宗文化とともに中国から伝来し発達したものです。

>

利休からつながる、美意識と作意 ― 松屋銀座で「利休のかたち 継承されるデザインと心」

従前の決まりにとらわれず、自分の眼で美しいと思うものだけを信じ、それがいつの間にか「正統」になり、今日の日本人の美意識の底流にまでなっているー凄いですね。 山田宗徧『茶道要録』付録 元禄4年(1691年)• ジャンルでさがす• 展覧会の構成は次の通りです。 はが茶人の利休を慕っていることを疑問に思い、その後忠興に誘われ利休の茶会に参加した。 母は宝心妙樹。 秀吉と利休(、1964年、) - 新潮文庫・で再刊• 日本文化の礎の一つともいうべき「茶の湯」。 代金は各カード会員規約に基づきご指定の口座から自動引き落としとなります。 (1978年 )• 11年()ごろに利休に嫁ぎ、一男四女をもうけた。

>

「利休のかたち ―継承されるデザインと心 展」松屋銀座で、千利休ゆかりの茶道具など約80件

2020年は、創業150周年を記念し、日本文化の礎の一つともいうべき「茶の湯」がテーマです。 先祖より田中氏に而御座候。 三の逸話は一説には彼女のこととも言われる。 この展覧会だから、という訳ではなく、茶道のお稽古でも茶道の本でもそうなのですよね。 また村井康彦は、「利休の祖先が義政の同朋衆であったとするなら(中略)千阿弥は利休の祖父というより曾祖父」でなければ時代が合わないと疑義を呈している。 125• このとき、薮内紹智に宛てた書状(天正10年11月14日付)に「迷惑なること」を秀吉から頼まれた、と記している。 (1996年 NHK大河ドラマ )• 権力者である秀吉と芸術家である利休の自負心の対決の結果という説。

>

松屋創業150周年記念 利休のかたち 継承されるデザインと心展

利休の「こころ」とともに受け継がれてきた「かたち」の軌跡をたどる。 利休七哲の1人である細川忠興創建の大徳寺にはこの利休屋敷の一部と伝えられる書院が残る。 第一章 利休の美意識と作意 利休にまつわる貴重な現存作例を通じ、あらためてその美意識をたどります。 現在でも「(同種の菓子に利久饅頭の別名もあり)」というお茶受けのお菓子が各地にある。 ご利用いただけるカードは次の通りです。 しかし宗套は禁中茶会の17年前に示寂しており、彼が関わったとすれば利休が宗套から与えられたのは「利休宗易」の名であり、若年時は(いみな)の「宗易」を使用し、少なくとも与四郎と称していた天文4年(1535年)4月28日から天文13年(1544年)2月27日以前に宗易と号したと考えられる。

>

利休のかたち / 伊住 禮次朗/三笠 景子【編】

それまでは4畳半を最小としていた茶室に、庶民の間でしか行われていなかった3畳、2畳の茶室を採りいれ、(潜り)や、土壁、五(四)尺床などを工夫した。 同展は、利休が好み、つくり出した作品の数々から、利休の美意識とそれに基づく作意をご紹介。 天正15年()には、を主管。 天正6年()かねてより縁のあった利休が前年に妻を亡くしていたため、利休と再婚した。 堺のに参禅し、その本山である郊外紫野のとも親しく交わった。 東北・九州 935円• ただし、「阿弥」号は当時の門徒などにはきわめてありふれたものであり、必ずしも同朋衆に結びつくものではない。

>