養老 町 商工会。 商工会の支援実例

【超お得観光キャンペーン!】「Back to the YORO」キャンペーンについて

販路開拓の実現を通した売上向上・利益改善・事業承継の実現など、事業者様へ経営上の付加価値を提供する支援を実施します。 本条例に基づき市町村単位での各種商工業政策が企画遂行される。 2、 申請書に添付する書類 1 誓約事項確認書 ご本人様がご記入をお願いいたします。 養老町では、養老町商工会との連携により、町の産業振興及び活性化を図るため、新たに法人や個人事業主として事業を開始する創業者に対して、「養老町創業支援事業補助金」を交付します。 加入の流れ. 2.養老町役場に必要書類を提出し、申請してください。 。 4.町は内容を確認し、利用金額に応じて地域商品券を送付します。

>

【超お得観光キャンペーン!】「Back to the YORO」キャンペーンについて

3 本人確認書類の写し 本人確認のために、申請日時点の住所の記載された次の書類等の写しを提出してく ださい。 「Back to the YORO」キャンペーンの応募について 1.養老町外にお住いの方が養老町内の飲食店、レジャー施設、観光施設等を利用してください。 対象となる方 町内において新たに創業する者であり、次の各号のいずれにも該当する者とする。 これら事業の推進によって商工会が地域事業者の皆様に提供する経営支援は大きく変化する事になります。 開業当時和臣氏は市内企業に勤務しており、奥さんを事業主として開業した。 (先述のタグ付けは必須)なお、申請後投稿が確認できるようにしてください。

>

入会のご案内

(1)町内に居住し、住民基本台帳に登録されている者。 【支援のきっかけ】 創業資金調達の相談を地元金融機関にしていたが、計画のブラッシュアップを商工会にしたらどうかとアドバイスを受け、高山西商工会を訪問された。 6 経営発達支援計画 各商工会が地域事業者の売上増加や販路開拓を中心とした経営発展・持続的発展の実現を目指し、支援方策を取りまとめた計画 7 事業継続力強化支援計画 災害等発生の折、着実に経営活動を継続できる様、事業者の事業継続力強化を促す事を目的とした支援方法を取りまとめた計画• セミナー・講習会への参加 商工会が主催・共済する経営に役立つセミナー・講習会等に関して、無料または会員優待で参加することができます。 申請回数 ・申請は、月単位で申請することとし、1ヶ月につき1人1回までとします。 本条例に基づき県の各種商工業政策が企画・遂行される 4 小規模企業振興関連条例 岐阜県市町村単位で定める地域内小規模事業者の支援に係る条例。

>

商工会の支援実例

それが 経営発達支援事業と 事業継続力強化支援事業です。 お土産品・お弁当等をご購入の方は必ず観光した行先での写真を添付してください。 必ず申請者名が記載された領収書および利用内訳(品名・品目)がわかるレシート等をもらってください。 ・申請は1ヶ月につき1人1回までです。 (5)補助金の交付を受けようとする者が、この要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと。 経営発達支援事業 経営環境の分析、事業計画の策定を商工会が支援。 SNS投稿をしていただいた方は、利用金額に応じさらに上限2,000円分の地域商品券を交付いたします。

>

商工会組織について

3.再度、養老町へ来訪し、地域商品券を使用してください。 (2)次のいずれかに該当する者であること ア 個人事業主は、創業の日までに町内に事業所を有していること イ 法人の代表者は、創業の日までに町内を本店所在地とした法人登記が行われていること。 静岡県出身の和臣氏であるが当地の自然環境が気に入り20年前に移住した。 5.利用者の方は、再度、養老町へ来訪し、地域商品券を使用してください。 ただし、単なる生活用品の購入は除きます。 補助対象経費 交付決定日から創業日までに要した経費のうち次に掲げるもの (1)設備費 (2)調査委託費 (3)広報・広告費 (4)創業に必要な官公庁への申請書類作成等に係る経費 補助金の額 補助の対象となる経費の1/2以内の額とし、上限を50万円とする。 商工会は地域事業者様の経営活動に伴走し、経営パートナーとして持続的な経営活動に貢献して参ります。

>

養老町創業支援事業補助金制度のご案内

万が一の「リスク」に備える 全国80万会員の商工会のスケールメリットによる団体割引等が適用された割安な掛金・保険料で、万が一の際の補償を提供する「共済」や「保険」を取り扱っています。 2.SNSのうちインスタグラム、フェイスブック、ツイッターのいずれかの利用者の方は訪れた先の写真を Back to the YORO とタグ付けし、投稿していただきます。 地域の事業者にやりがいと付加価値を提供するための方策を計画化したアクションプランとなり、県下商工会が経営発達支援計画や事業継続力強化支援計画を着実に遂行するための5つの戦略と具体策で構成されている。 部会活動を通じた人脈づくり 成年経営者・後継者が加入する青年部、事業に携わる女性が加入する女性部のほか、同業種の会員が交流する部会活動に参加することで、人脈が広がります。 5 商工会未来創造プラン 小規模企業振興基本法、岐阜県の振興条例の理念を汲み取ながら、岐阜県の商工会組織の方向性を示す総合計画。 ・さらに上記に加え、SNSのうちインスタグラム、フェイスブック、ツイッター投稿をしていただいた方は、交付金額以上の利用金額と同額の地域商品券(1,000円未満を切り捨てとし、上限を2,000円とする)を交付します。 災害リスクの周知やリスクファイナンス、BCP策定を支援します。

>

商工会の支援実例

地域商品券での利用は不可とします。 内容等を審査し養老町商工会加盟店で利用できる地域商品券を交付します。 ・運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカード等の書類 4 アンケート 5 写真(SNS未利用等の理由で投稿できない方のみ) 必ず写真をA4の紙に貼り付けし、添付してください。 1 小規模企業振興基本法 経営環境の変化の影響により多くの課題を抱える小規模事業者の持続的な経営活動の経済的・社会的重要性を鑑み、小規模事業者支援の総合的な施策体系を定める法律 2 小規模支援法 小規模企業振興基本法の理念に基づいて商工会・商工会議所が小規模事業者の意欲的な取り組みを支援する体制整備・支援制度(支援の在り方)を定めた法律 3 中小企業・小規模企業振興条例 岐阜県経済の担い手となる県内中小・小規模企業の積極的な事業活動を支援するため県の責務、各市町村、中小企業団体等の役割と務めを定める条例。 申請書添付書類について 1、 「Back to the YORO」キャンペーンの申請ができる方と申請回数上限 ・申請対象者は養老町外に住民登録のある者です。 国の施策・制度の活用 平成26年度に制定された小規模企業振興基本法に基づいた国の施策・制度につきまして、商工会では常に最新の情報をご紹介・ご案内いたします。

>