オルファ アウトドア。 アウトドアブランド「OLFA WORKS」誕生│キャンプのおかげ

アウトドアブランド「OLFA WORKS」誕生【カッターナイフのオルファ】

でも、MADE IN JAPANの高い品質で、鋭い切れ味と耐久性を誇る。 どれにするか迷っちゃうな! 今回紹介しなかったのこぎりタイプは、 カッターの手軽さでのこぎりを使える優れもの。 だが、それ以外は……。 替刃も同時に発売されます。 今日は2月29日。 使用するブレードはクラフトナイフを同じくステンレス(SUS420)の同じ替え刃となってます。 親指が痛いんじゃぁぁぁぁーーー!!! 役立たずがっ!! フィールドナイフ キャンプ場でペットボトルを切る機会は今までもありませんでした、これからも無いと思いますが、まぁパッケージに書いてあるのでやってみるよ。

>

OLFA WORKS|オルファ株式会社【公式サイト】

替刃の品番は「OWB-BK1」。 FS1は、写真に写ってるカーキのFK1よりもっとのこぎりに近い刃がついています。 もちろん各刃は替刃も同時にリリースされます。 枝の切断などに1つあれば結構働いてくれるでしょう。 フィールドソー 見た感じは普通のノコギリの刃とあまり変わりはない、万能目と書かれており、木材だけではなくプラスチックなども切ることを前提に設計されているのだろうか、目は細かい気がする、なので目詰まりはしやすそうですね。

>

カッターナイフのオルファのアウトドアブランドOLFA WORKS登場【キャンプ ナイフ】

しかし!! ダメです!使い物になりません!! 刃が小さいので木に食い込むとそれ以上叩くことができません!! 本体をたたけば行けそうですが、壊れそうなのでここで中止!! フェザースティック ブッシュクラフトナイフという名前のくせにまともにバトニングができなかった、、ならばフェザースティックぐらいは作れて当たり前だよな?? ってなわけでやってみます。 従来の刃が先端から5mmくらいずつ折りながら使えるのに対し、フィールドナイフの刃は折る構造にはなっていない その代わり、フィールドナイフは刃のエッジが波形に研磨されている。 ウェーブ研磨の刃は素晴らしいがこの刃も通常のカッターの様に折って使えるようなものがあれば素晴らしいアイテムだと思うが、アウトドア向きではない、工具箱に一つは欲しいアイテム バトニング、フェザースティックには使えない、 使うと危険な気がするので使用しないほうがいい フィールドソー これも薪拾いや薪の切断で太い木材は切れないので使い物にはならない、小さな薪ばかり切るキャンプなど効率が悪すぎる、 どちらかというとこれも木製粗大ごみなどを捨てるときに小さくするのにちょっとあればいいなというときに使うのに便利そう、 キャンプ、アウトドア、ブッシュクラフトで使うならこの商品はお勧めしません、(あくまで個人的感想です) YouTube チャンネル登録いただけると喜びます チャンネル登録は. 衝撃焼入により耐久性と靭性を備え、刃先の切れ味が長持ちします。 刃厚1.2mmの替え刃2枚入りです。 ただ、それを実現するかどうかはメーカーが決めることだけれど、今度はカッターナイフのオルファが、アウトドア用の刃物を出すんだって。

>

アウトドアブランド「OLFA WORKS」誕生【カッターナイフのオルファ】

価格は1,300円から2,000円。 キャンプなどの理由があれば問題ないので、 理由があるときだけ持ち出して使いましょう! (詳しく知りたい方はをご覧ください!) ¥1,540 他にも種類があるよ 今回OLFA WORKSシリーズでは、紹介したもの以外に二種類が発売されています。 まずは、「替刃式フィールドナイフ FK1」(以下、フィールドナイフ)だ。 OLFA WORKS 替刃式フィールドナイフFK1 ¥2,109(Amazonでの価格) 見慣れたOLFAらしいルックスの 替刃式フィールドナイフFK1。 (刃渡り106mm)• 折る刃式ではないが、ダイヤルを回してロックを解除すれば、好きな長さに固定できるシステムなのは黄色いカッターナイフと同じ。 刃を交換できる、現代的な切り出しナイフ 一言インプレ• 本体後部には多用途に活躍する便利なツメが付いています。

>

オルファ クラフトナイフ

スライド式の刃は使用しないときはハンドル内に収納されるので安全性も高いですね。 焚き火をするなら1本は持っていたいナイフ。 ハンドルの材質はステンレス(SUS430)です。 カット断面を触ってみましたが、さわり心地がよく目の細かい、細目の刃という感じですね まとめ 通常商品を少し色とデザインを変えただけで値段が高すぎる。 見た目のシンプルさから想像できない使い勝手の良さです。 この も黒を基調にした都会的なデザインです。

>

【速攻レビュー】「OLFA WORKS」のWILDなアウトドアナイフを買ってみた!そして木を切ってみた!

僕が所有している「クラフトナイフ L型」と比べると、ハンドルには大きな違いはない。 針葉樹の薪は難なく切れた。 また、写真はないが、ブッシュクラフトナイフの刃の交換はダイヤルをゆるめるだけ。 ¥599(税込) 使用する替え刃はこちらです。 替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1 多用途に活躍する替刃式のブッシュクラフトナイフで特製のステンレス 1. 多用途に活躍し、水洗いも可能です。

>