ミニ クーパー gp。 並行輸入 新車|新型ミニ ジョンクーパーワークス GP 2020(MINI John Cooper Works GP/JCW GP)を予約受付致します。

2020年の新型ミニクーパーの魅力5つ|ミニクーパーモデルの将来

ラップタイムを見る限りで、新型ミニ JCW GPがかなり向上されているのがわかりますね。 ヘッドライトの外観は、おなじみの丸型デザインで、可愛らしさを象徴していますが、この丸型にはLEDライトが設置されます。 クロスオーバーの大型化されたボディは賛否両論がありましたが、4輪駆動(ALL4)を武器にF1と並ぶラリーの世界最高峰「WRC」に参戦したのはかなりの話題となりました。 通常、乗り心地が悪化するパーツをメーカーが標準装着するケースは少ないので、ここまで過激なチューニングをしたマシンが市販車として買えるのはジョンクーパーワークスGPだけだと思います。 リアは、左右をセパレートした大型のルーフスポイラーのほか、センター出しのエキゾーストを採用することで特徴的な外観に仕上げ。

>

並行輸入 新車|新型ミニ ジョンクーパーワークス GP 2020(MINI John Cooper Works GP/JCW GP)を予約受付致します。

LEDヘッドランプ• 3列シート• R50,53用の「JCWチューニングキット」がそのはじまりです。 そしてなにより、ステアリングを握る者に、軽い疲労と生きる元気を与えてくれる。 エンジンもビビッドなら、ステアリングもビビッド。 サスペンション(10mmダウン)とキャンバー角の最適設定• ジャーミン 3ドア• グリルのデザインを大幅に変更してフロントのルックスを一新。 エアコン• 左側がプレスの席。 2秒」を記録。 そのままではないにせよ、このクルマにはMINIのワンメイクレース、「MINIチャレンジ」で鍛えられたテクノロジーが注ぎ込まれている。

>

これぞ一番速いMINI。2座の「ジョン クーパー ワークス GP」が日本へ上陸!

また、パフォーマンス重視のエア・インテーク・システムによってエンジンのスムーズな吸気を実現した。 スターターボタンを押してアクセルを踏み込むと4WDの助けなど必要ないほど高いトラクション性能でダッシュを始める。 ストリートで使用すると直ぐに無くなりそうなタイヤですw サスペンションは ノーマルJCWから10mmダウン。 ハンドメイドで成型されたカーボンファイバー製ホイールアーチカバーを装備する。 ミュージックサーバー• また、重厚なサウンドを生み出すスポーツ エキゾースト システムも搭載した。

>

MINI ジョン・クーパー・ワークス GP 史上最速ミニがデビュー!世界限定299台

The New MINI John Cooper Works GPには、50年以上にもわたってレースで培ってきた豊かな経験と知識が活かされている。 最高出力218psを発揮するメーカー系コンプリートカーと言える存在です。 サヴィル・ロー• また、仕様、諸元等は予告なく変更されることがあります。 ヒーターを内蔵しており、寒い日でも快適にドライブを楽しめる。 SDナビ TV• 2020年5月2日の販売分から、燃費効率に優れ、環境に優しいMINIの価格が値下げ(BMWも同様)。 サスペンションの変更• 新生MINIの日本販売は2002年3月からスタートしたが、当初の売り上げ目標は「1万台」。

>

MINIジョンクーパーワークスGP(FF/6MT)【試乗記】 MINIの皮をかぶったリアルスポーツ

見る角度や光の当たり方によってライトグレーからブルーバイオレットへの深い色味を魅せる。 ハッチバックよりも出力を高めた218psのMINI最高出力のエンジン(当時)を搭載しています。 写真だと分かりにくいですが、上側には ガーニーフラップまでついています。 連続するタイトコーナーでは、もちろんドライバーにはそれなりの緊張感が要求されるが、それをマスターした時の達成感はまさにスポーツドライブの醍醐味である。 クランクシャフトやベアリング、ピストン、コネクティングロッド、クランクプーリーなどを最適化し、ベースモデル「MINI John Cooper Works(以下、JCW)」比でプラス75ps増強した。 ちなみにスタンダードの「ジョンクーパーワークス(JCW)」はそれぞれ6. 2020年に限定販売では、どれくらいの数が日本で販売されるかも少し楽しみです。 6Lでした。

>

【海外試乗】「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP」ついに公道へ解き放たれたリトルモンスター!

これらに加え、パフォーマンスに磨きを掛けるべく、遮音材の変更によってさらなる軽量化も図った。 リヤにはセンター2本出しのステンレススチール製テールパイプを装備。 一方、赤いアクセントラインが目立つインテリアはそれほどブッ飛んでいないが、後ろを振り返るとリアシートの代わりに真っ赤な補強バーが只者でないことを強調する。 専用サスペンションとキャンバー角の最適設定化• 横滑り防止装置• アルミ製のパドルシフトの採用をはじめ、専用のメータークラスターや赤いシートベルトを採用。 クーパー クリスタル• エアクリーナーむき出しタイプではなく、ボックス形状のままで吸気効率を高めているあたりは、流石メーカー直系のチューニングマシンといった感じでしょうか。 TV ワンセグ• これは、「アウディTT」の「2. ボディには専用開発の「レーシンググレーメタリック」が採用され、空力性能も重視したカーボン製オーバーフェンダーにより拡大し、迫力のある外観に。 さらに、ボディ剛性を高め、ボディ構造からエンジンマウント、フロントアクスルからリアアクスルに至るサスペンションシステムを再設計。

>