持続 化 給付 金 よく ある 質問。 【持続化給付金】俳優だけどバイトもしてる場合は?私が申請した流れをまとめました

持続化給付金をわかりやすく説明

自分で電子申告した場合、e-taxのメッセージボックスに「受信通知」が届いているはずです。 ご自分での申請が難しそうな方は迷わずにご連絡ください。 白色申告の場合と同様に、売上が50%減少しているかの判定を 前年同月比ではなく「前年の月平均の売上」と比較することになります。 質問4. 予算が無くなった場合、給付金を受け取ることができないのか(法人・個人事業者) 回 答 予算が無くなればその時点で一旦打ち切られるものと思われます。 紙の出力又はコピーしたものをご持参ください。 対象者の条件に当てはまれば申請可能で、最大100万円の給付金がもらえます。 特例で申請しようとしているのですが計算結果が合わないです。

>

持続化給付金よくある質問

もちろん、デタラメな数字を申請してはNGです。 なお、そもそも副業としての収入を事業所得として申告すべきかどうかは、実はとても奥深い論点です。 2.補助事業の完了・実績報告書等の提出 実績報告 Q2-2 実績報告をする際は何を提出すればよいのか。 本給付金を申請するにあたり、給付額の算定及び証拠書類(提出書類)等で特例を設けるものがあります。 ご持参いただく証拠書類の状況、特例の適用など申請いただく内容で変化しますが、おおむね30分から1時間を要します。 消費税の申告書類は証拠書類としてお使いいただけません。 ただし、予算が不足する場合、第二次補正予算、第三次補正予算などで 手当される可能性は高いと思います。

>

令和元年度補正予算 日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 :: 申請時によくあるご質問

Q2-18 インターネット上での取引なので発注書と請求書がないのですがどうしたらよいか。 正直あまり日の目を浴びることのなかった書類ですが、ここにきて突然脚光を浴びることになりました。 持続化給付金の支給要件に関わるような内容の確定申告の修正の場合、持続化給付金事務局に対して、手続きが必要となる可能性もありますが、今回のような「預金の金額」の変更のための修正申告の場合、持続化給付金事務局に対しての手続きは不要です。 通帳の写し 個人事業者名義• Q3.今年創業したが対象になるのか。 資金繰りが厳しい中、余計な出費はできるだけ控えたいものですよね。

>

持続化給付金に関するよくあるお問合せ (METI/経済産業省)

2 個人番号カード(オモテ面のみ)• 対象月の【事業収入】の【合計】を記載してください。 。 質問3.持続化給付金の申請はいつまでにやらなければならないのか? 回答3.申請の期限は2021年1月15日までとなっています。 29「B-1新規開業特例」と同様の扱いをすることができます。 (明瞭な写真でも申請可能です。

>

申請における「よくある不備」について

もちろん、デタラメな数字を申請してはNGです。 どのようなものを指しているのか、例を下記に示します。 申請は、法人又は個人事業者単位で認められるため、事業所や部門などが個々に申請することはできません。 お金周りの専門家、身近な相談相手として是非ご活用ください。 詳しくは、ページをご確認ください。 対象になりますか。 開業月の途中からの開業でも、ひと月分の売上として計算します。

>

持続化給付金をわかりやすく説明

幣所は、電話、メール、LINEにて 日本全国の持続化給付金の申請をサポートしております。 大家さんに多いのですが、 社名の印鑑では不備になります。 [3]納品・完了・検収について 補助対象として計上したい広告が、いつからいつまで広告が掲載され、その広告に対し、いくらのコストが発生しているかがわかる管理画面などを提出いただきます。 給付金の給付額は、 100万円を超えない範囲で、 2019年の年間事業収入から、 対象月の月間事業収入に12を乗じて得た額を差し引いたものとします。 補助対象経費としては500枚分が認められるのか。 (本経費支出に限ることではありませんが)いつ、誰が、どのような方法で、何の広告を掲載し、その結果、いくらのコストが発生し、いつ支払が済んだのか、という一連の流れを補助事業者が補助金事務局に説明できるよう、証拠書類をそろえ、必要に応じて補足説明資料を提出するようにお願いいたします。

>

【持続化給付金】よくあるご質問のまとめ【申請方法や赤枠、不備修正など】

申請内容を証明する書類等(証拠書類等)を添付して申請してください。 より フリーランスとして活動していますが、雑所得として確定申告していました。 事業収入額が0円の場合は、【対象月】の事業収入額が【0円】であることを明確に記載してください。 「税理士による押印及び署名がなされた、対象月の属する事業年度の直前の事 業年度の確定申告で申告した又は申告予定の月次の事業収入を証明する書類。 この点、要領やQAにもなんのフォローもなく、 制度の不備と言わざるをえません。

>