一世 一代 読み方。 「一世一代」とは?意味や使い方を解説!

一世一代の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

The first and last experience of lifetime! 「The first and last experience of lifetime」は「人生の中で、最初で最後の経験」という意味です。 昔の歌舞伎役者は、 引退を覚悟してのぞむ最後の舞台で、最も得意とする芸を演じていました。 一世一代の冒険 一世一代の冒険という言葉をご存知でしょうか?この様な表現の仕方もあります。 彼は気球での世界一周という、 一世一代の大旅行を無事に成し遂げた。 一世一代 いっせいちだい : 一生でたった一度の、非常に重要な出来事 「一世一代」の意味を詳しく 「一世」と「一代」は、 どちらも人間の一生のことを指します。 一生のうちにたった一度というのはそれほど経験できるようなものではないのです。

>

四字熟語「一世一代(いっせいちだい)」の意味と使い方:例文付き

仕事などではよくチャレンジをすることが大事ということがありますが、「挑戦」となると戦いに挑むということになるのです。 今日は一世一代の結婚披露宴になるだろう。 ですが、その様なことがなく、自分にとってはチームメイトもその時の一世一代の出来事になっていたのかもしれません。 この言葉は存在しないということになりますが、この言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか? この言葉は結婚式の時に使われる言葉であり、一世一代という単語は存在しないものの、聞いたことがあると言う人が多いです。 「子育て」だって大変です。

>

「一世一代」の意味や語源とは?使い方の例文、英語・類義語表現をご紹介!

その時に勝ち上がったチームでしか戦うことができないというのは一世一代の大勝負になると思います。 当人にとってそれが一世一代と感じたならば、周りがどう感じようとそれは一世一代と言えるのでしょう。 長く時間をかけて新しいものを作り、それ以上のものは作らないということもあるのではないでしょうか? よくマラソンなどでも12. 一世一代の文章・例文 例文1. 例えば「宝くじがあたった」というのは一世一代の出来事といっても良いでしょう。 テレビや映画、マンガなどでこの様な表現を使うことが多いです。 一世一代の大勝負というのは、賭け事などで言ったりしますが、少し使い方としては違うということもあります。 」という意味です。

>

一世一代とはどういう意味?よくある使い方やその勝負をすべきポイントとは!?

この様なことになってしまうととても辛い思いをするし、悔しい思いをしますよね。 the first ans last experience of lifetime 人生のなかで最初で最後の経験 まとめ 以上、この記事では「一世一代」について解説しました。 一世一代の挑戦 一世一代の挑戦という言葉を使う時もあると思います。 一生一代という言葉はない 一生一代という言葉は辞書などを調べても実は無いのです。 前代未聞に近いような形になりますが、例えば「新しいゲーム機を新たに作る」というのはその時にしか味わえない挑戦といっても良いでしょう。 一世一代の大仕事。

>

一世一代とはどんな意味?「一世一代の告白」はあり?読み方や「一世一代の勝負」の使い方、類語、英語も解説!

限界を超えるという言い方が正しいでしょう。 さて、まとめとして一世一代を簡単にまとめますね。 そして失敗をしないというのが何よりも一世一代で大事なことです。 結婚の話でしか使えない語句なので、一般的なシチュエーションでは登場しません。 基本的にはこの出来事というのはとても誇らしく思ったり、華やかであるという意味もあるのです。

>

一世一元の制

この生涯のうちにたった1回あるようなこと、二度とこのようなことが無いというような重大なことが一世一代という意味になるのです。 言うのであれば必ず成功をさせたいという気持ちでいっぱいになるはずです。 時には暴風になったり、時には雨や雷など、その時期によって大きく猛威を振るうことになるでしょう。 仕事やスポーツの試合などもそうですが、いかに本気かというのは見ているこちら側にも伝わってくるくらいの気迫や意気込みがあると思います。 それでも、「もう一度経験したい!」と思ってしまいます。 その時はこれ以上に無いことが今から起こるという意味でもあるので、見ている側からするとワクワクしたりしますよね? 一世一代というのは使い方にもよりますが、基本的にはこの様なことで使われることが多いのです。 甲子園などでも同じです。

>

一世一代とはどういう意味?よくある使い方やその勝負をすべきポイントとは!?

その時にとても晴れ晴れとして誇らしい演技が見れるのではないかと思います。 気をつけて使うようにしましょうね。 数々の役者さんが今までに引退をしてきましたが、どの役者もとても熱演をしていたと思います。 例えば高校生の引退試合で優勝をすることができた、となればそれは一生のうちに二度とないような重大なことになるのではないでしょうか? 甲子園なども良い例ですよね? 引退となる晴れ舞台のような場所で、活躍をしてそのままプロになった選手もいます。 生涯というのは時間にするととても長いですよね? 時には良いことがあったり、悲しいことがあったりと人生というのは楽もあれば苦もあるという状況になると思います。

>

一世一代の意味や語源とは?その使い方や例文、類義語は?

例えばロケットの発射の瞬間というのはその時にしか味わえないものですよね? その映像を見るというだけでももしかしたら一世一代の出来事になるのかもしれません。 我が校の投手が、 一世一代の完全試合を成し遂げた。 大逆転を狙い。 例えば試合などが良い例です。 ましてや一回きりということであれば、その先にどんなことがあっても試すチャンスというものを失ったということになるのです。

>