球磨 川。 球磨川漁業協同組合 オフィシャルサイト

球磨川の氾濫による被害の状況は・芦北町や球磨村など浸水被害広範囲か

。 2月3日 - 蒲島郁夫熊本県知事が、を撤去する方針を表明。 事業を見直すのが当たり前」と述べ、川辺川ダム建設事業の中止の意向を明言 、首相も同様の意見表明を行った。 建設省に対策を迫った。 建設省はここにおいて五木村との交渉を行うことができ、55項目についての話し合いが行われた。 そのうち「二俣の瀬」「修理の瀬」「網場(あば)の瀬」「熊太郎の瀬」「高曽(たかそ)の瀬」が「球磨川5大瀬」と呼ばれている。

>

球磨川漁業協同組合 オフィシャルサイト

73トンであるので、この豪雨では通常の約85倍という水量が押し寄せたことになる。 の前身。 - 支流• 矢上の辞職に伴う相良村長選挙ではダム事業に「保留」の立場を示す徳田正臣前町議が「ダム反対」「ダム推進」の2候補を破って当選している• さらに翌(平成18年)5月には従来の両案に加え川辺川ダムに水没予定となっているチッソ所有の川辺川第二ダムから取水する「 川辺川第二ダム取水案」を呈示。 ここにおいて川辺川ダム計画は事実上白紙の状態に陥った。 その後の国交大臣に就任したも川辺川ダム中止方針を踏襲したことにより、川辺川総合開発事業の全面的見直し、すなわち 川辺川ダム建設事業の中止が決定した。 (昭和38年)8月 - 家屋損壊・流出281戸、床上浸水1185戸、床下浸水3430戸。

>

球磨川水系のヤマメ(マダラ)と支流概略絵図

(平成16年)8月 - により49戸が浸水。 からは週末や夏休みを中心に「」が運転されている。 川辺川総合開発事業としてダム建設に着手した。 河川水位の様子は 河川水位の様子 球磨川水系のうち、氾濫危険水位を超えていた場所のカメラの様子。 この時、すでに川の水位は堤防と同じ高さになっており、茶色い水が堤防を越え、陸側に流れ込んでいた。

>

背後で堤防が切れた音 恐怖で足震える中、撮影した動画:朝日新聞デジタル

財団法人『ダム年鑑』1991年版()• また太陽光発電にはコスト・発電効率の面でまだ難があり、風力発電にしても常時かなり強い風が吹いていなければ電力を賄うことは容易ではない。 — 和 rin34619881 覚悟の上の、ダム建設反対だったのだろう。 この間、川辺川ダムと八ッ場ダムの中止の公約を掲げて政権をとった民主党は、八ッ場ダム建設継続に切り替え、五木村を意識した特別措置法は廃案にしてしまいました。 または「慢性的に水害の被害を受けており、対策としてはダムによる水位低下しかない」として人吉市などに反発。 市房ダム直下にある市房第一発電所の逆調整池であるがの水源でもある。

>

川辺川ダム

(15年)7月 - 井出(農業用取水施設)2か所が全壊。 いずれは大規模水害が発生することが予想できたはずでは… 世間の声は非常に厳しいものだった 2008年の熊本県知事選では、5人の候補のうち4人がダム反対の中、中立の蒲島知事が当選されたとか。 (昭和24年)- ・によるで被害。 同村の球泉洞の付近にて流れは北向きとなり、蛇行を繰り返しながら八代平野と三角州を成して、八代海に注ぐ。 宮崎県の耳川とともに九州ヤマメの聖地として人気・実績は高い。 委員会のアドバイザーを務めたオランダのは、ダム事業を含めた川辺川の治水計画について、 での結論として、川辺川(球磨川水系)の治水対策として「ダムを当初の計画通りに建設」するか「ダムを取りやめ人吉地域で河川の大幅拡幅と河床の掘り下げ」を行うかの二者択一であるとし、ダムによる治水の有用性を指摘している。 『朝日新聞』2020年8月26日• 球磨川水系の概要 球磨川の源頭は、球磨郡水上村の石楠越(標高1,391m)及び水上越(標高1,458m)とされ、市房ダムまで南流し人吉盆地に入ると西に向きを変えて流れる。

>

球磨川水系の水位情報

川の水は、流域内の約14,000に及ぶ耕地の農業用水や、八代平野の臨海工業地帯における・やなどの工業用水、流域内の20箇所で行われているなどに利用されている。 中流部・上流部において堤防の嵩上げを行う。 「令和2年7月球磨川豪雨検証委員会」の設置について 、3. 事業中止による影響 [ ] 一方で、生活再建に関する補償法や特措法の国会での成立は、前原大臣による事業中止直後から度々延期が繰り返されてきた。 現在凍結中。 人吉市内付近は流れが比較的ゆるやかなため、の大会が開かれることもある。 お問い合わせ くま川ハウス (手渡す会事務所) 住所 〒868-0037 人吉市南泉田町25 電話 0966-24-9929 FAX 0966-24-9929 e-Mail kumagawahouse gmail. 年間を通しての川の実態調査と豪雨がもたらす災害調査の継続、川辺川ダムによらない河川整備計画を実現させる取り組み、瀬戸石ダム撤去をはじめ清流球磨川・川辺川の再生に向けての取り組み、子どもたちに語り継いでいく「森と川」学校の取り組み、脱基本高水の取り組みの重要性を展開していく取り組み等々です。

>