自覚 類語。 わきまえるの類語・言い換え

「職責」の意味と使い方、類語「職務」との違いを例文付きで解説

子供の頃なら、自分の感情のまま、思ったままに言葉を発したり、行動をしたりしても許されるところがあったでしょう。 他人への優しい気持ちを持っていれば、他人へ迷惑をかけるような行動は自然と避けられるはずですから。 自覚という言葉は、「受験生としての自覚を持つ」「病気の症状は無自覚だった」などの使い方で、自身の置かれてる状態や能力などをはっきりと理解することを意味する言葉で、自負や自信のように信じるという意味はありません。 ですので、覚える(=自然にそう思える。 自覚をもって, 自覚を各国のペンクラブに求めている, 自覚を持ちはじめた, 自覚を持つて居た, 自覚を望む, 自覚を伴わない, 自覚をもちはじめた, 自覚をもっていたと思われる, 自覚をもつた, 自覚を公表せられ, 自覚を持っている, 自覚を持ち得た, 自覚をもっている, 自覚を回復した, 自覚を持つ, 自覚を失って, 自覚を回復したが, 自覚を持って疑わぬ, 自覚を得た, 自覚を伴わぬ, 自覚を獲得すると共に, 自覚を促す, 自覚を促し, 自覚を持っているし, 自覚を得る, 自覚を通路とすればこそ, 自覚を産む, 自覚をとりもどし, 自覚をうながしてやりたい, 自覚を持ち, 自覚をもつ, 自覚をうながし, 自覚をもほとんど不可能にしてゐると, 自覚を持つてゐる, 自覚をも与え, 自覚を伴っているだけに, 自覚をもたない, 自覚を拒んではいなかっただろうと思う, 自覚を起さしたり, 自覚をもってきた, 自覚を持ち出した, 自覚を抱いて頂いた, 自覚を持つた, 自覚を発し, 自覚を高め得れば, 自覚を有していなかった, 自覚を去る, 自覚を失わなかった, 自覚を与えてくれる, 自覚を有する, 自覚を既にもつ, 自覚を持たない, 自覚をいだいてゐた, 自覚をもつてゐる, 自覚をあたえ, 自覚をいだいて, 自覚を与えられた, 自覚を一切の人間が出発点にすれば, 自覚を持たされた, 自覚を持て, 自覚を忘れていたから, 自覚を与える, 自覚を自分に強いるという, 自覚を持ってかからねばならぬと思われた, 自覚を有っている, 自覚を心ねたく思う, 自覚を超越した, 自覚をもっていた, 自覚を持って来たからです, 自覚を深くした, 自覚をもって生きてこそ, 自覚をすら意味する, 自覚をちゃんと思って, 自覚を得たか, 自覚を内容づける, 自覚を当然持つ, 自覚を伴った, 自覚をあやまっていた, 自覚を一層高められる, 自覚を直に歓喜の生に代える, 自覚をもつてゐない, 自覚を他に伝へ得べき, 自覚を有っていなかった, 自覚をもてと云われるなら, 自覚を振りかざして, 自覚をうながす, 自覚を通って, 自覚を見た, 自覚を待って, 自覚をあつめている, 自覚を叫ばれ, 自覚を欠いておられる, 自覚を欠いた, 自覚を失ってはならぬ, 自覚をもち始める, 自覚をつよめられて行って, 自覚をはっきり持って, 自覚を加えられたとして, 自覚をもち, 自覚を意味し, 自覚をもち得ないでいる, 自覚を示した, 自覚を得て, 自覚を立証するであろうか, 自覚を持ちはじめる, 自覚を与へようとするかの, 自覚を悪魔から与へた, 自覚を失ふまいとして, 自覚を引きずり歩かないというだけである, 自覚を放棄した, 自覚を唆りあげて, 自覚を見せてゐる, 自覚を妨げて, 自覚をもたざるを得なくなった, 自覚を高めている, 自覚を強くして, 自覚をもつてでも, 自覚を加えて, 自覚を得ました, 自覚を与えており, 自覚を持って貰いたい, 自覚をそのように迄苦しめている, 自覚をもって云われた, 自覚を明らかにして, 自覚をつよめられた, 自覚をもたなければなりません, 自覚を失った, 自覚を加え, 自覚を証明する, 自覚を離れて, 自覚を呼び, 自覚を基礎とする, 自覚をしさえすれば, 自覚をもって踏みしめられなければならない, 自覚と存在意義の自覚をまだもっていなくて, 自覚をハッキリと持ち, 自覚を発した, 自覚を超越する, 自覚を彼に対してもっていた, 自覚を得, 自覚を主張し出した, 自覚を説いた, 自覚を伴う, 自覚を知る, 自覚を深めて下さい, 自覚を持ちながら, 自覚を打ち割って示した, 自覚を意味する, 自覚は必然的に正法時の自覚を喚び起す, 如上の自覚に そこを自覚 価値を自覚 自由な自覚 一市民と自覚 感覚として自覚 新聞記者としての自覚を 洋介は自覚 内部に自覚 祐一は自覚 哲也は自覚 彼は自覚 邦子は自覚 事を自覚 涙をとおして自覚 芸術家と自覚 個人の自覚の 運命を自覚 態度をもっていたという自覚は 先生自身を自覚 不幸を自覚 さが自覚 区別して自覚 新たに自覚 私は自覚 ことを自覚 老衰を自覚 力への自覚も 実力の自覚の 使命を自覚 孤独であると自覚 それを自覚 必要の自覚を ところあるを自覚 人々を自覚 責任者として自覚 四階級の自覚が 四階級の自覚の こと自体の自覚の 力量を自覚 ためとも自覚 自分のひろがりとして自覚 明瞭に自覚 十二分に自覚 注入を自覚 人間だとの自覚を それは自覚 世界史的価値を自覚 生活感情で自覚 文学的意味を自覚 歓喜とを自覚 素質は自覚 精力とを自覚 のだという自覚すら さを自覚 主題の自覚など 区別を自覚 点も自覚 異状をも自覚 戯作者を自覚 一単位として自覚 権利とを自覚 のを自覚 デリケートな自覚の 選挙に対する自覚を 願望とを自覚 芸人の自覚といった ように自覚 当人たちの自覚の 尊重を自覚 瑛子が自覚 良心の自覚や 限界を自覚 芸術家自身には自覚 人間的権利についての自覚は 責任を自覚 両親たちの自覚が 政治的見解として自覚 ことが自覚 危険として自覚 彼等が自覚 犯罪性を自覚 社も自覚 一般人にも自覚 真面目な自覚を 社会的孤立化に対する自覚と 自我の自覚の 特性を自覚 能力の自覚に 自我の自覚として 我の自覚への 身にひき沿えて自覚 青春の自覚とか 一夜ちょッと眠った自覚しか 支那人としての自覚を 歴史を自覚 一内容として自覚 恋愛を自覚 婦人の自覚という 明らかに自覚 徹底した自覚により 本化上行菩薩であるという自覚に 使者本化上行だという自覚を 義務を果すという自覚を 視野を自覚 信念と自覚を 熱意を自覚 迷信的に自覚 扱いをうけて来た自覚を 威厳を自覚 権利を自覚 性の自覚を はつきりと自覚 重大さの自覚 国民の自覚と アイヌであると自覚 自己を自覚 関係を自覚 さの自覚の 文化的使命を自覚 抱負を自覚 今どこを通っているかという自覚も ためにつくしたといふ自覚を 十分に自覚 意味が自覚 創始者たちが自覚 確信として自覚 創造性を自覚 限界について自覚が 文学の自覚 科学者に自覚 ことでは自覚 責任感の自覚という 国民全体の自覚と 彼女自身が自覚 娘たちに自覚 苦悩を自覚 明示し自覚 理論的にも自覚 過程を自覚 科学的研究過程を自覚 ことを知ったらしい自覚の 世界史的使命の自覚という 世界史的使命の自覚 各自世界的使命を自覚 世界史的使命を自覚 親らしい自覚も ような自覚を以て 現在に生きようとする自覚が 明らかな自覚を 充分に自覚 使命の自覚は 民族的使命の自覚は 体現した自覚を 国民の自覚 キリストと自覚 上行菩薩を自覚 任務を自覚 社会的使命を自覚 自分を自覚 大衆として自覚 責任の自覚は 時代遅れを自覚 影響だと自覚 本人の自覚を 大袈裟に自覚 ものを自覚 のっぴきのならぬ自覚にまで 真の自覚 傑作の自覚など 自身を自覚 さは自覚 ふしぎさを自覚 病気を自覚 衰えを自覚 日本民族としての自覚の 素直に自覚 文人の自覚は 罪を自覚 日本人としての自覚を 勢力を自覚 学者たる自覚を 日本国体の自覚の 点を自覚 恐怖を自覚 反省する自覚が 不心得を自覚 人間に片付いたまでと自覚 潮流に押し流されている自覚は 農民の自覚を 労働階級の自覚が 弱みを自覚 闘争を通じて自覚 患者であると自覚 明かに自覚 奮起と自覚を ものは自覚 抛棄している自覚と 社会的と自覚 多くは自覚 独自性が自覚 これを自覚 犠牲社会の自覚によって 武器として自覚 一員として自覚 夫を自覚 程度に自覚を 一つの自覚を 意識的に自覚 積極的な自覚さえが 国体を自覚 弁証法は自覚に 弁証法の自覚でしか 意識や自覚 高揚期だとして自覚 階級としての自覚を 如何に自覚 直接には自覚 感覚を自覚 かすかに自覚 国民としての自覚を 評価の自覚において のだという自覚は 民族の自覚を 無知を自覚 ことの自覚が なんの自覚も 茶番を自覚 敗残兵の自覚が 貧乏すらも自覚 多忙を自覚 思考力を自覚 女性の自覚と 平和を待ち受ける自覚が 形で自覚 社会的な自覚と 妻とを自覚の かたちでしか自覚 そのものの自覚をも 矜りを自覚 勝利者だという自覚を 認識し自覚 腹を見抜かれたという自覚に 半間であると自覚 膨脹を自覚 青年という自覚が のは自覚だけ 姿を自覚 人間と自覚 我の自覚の 美徳を自覚 さの自覚 程度の自覚を 欲求の自覚と 人間一人一人の自覚と 参与を自覚 事をしたと云う自覚を 自我しか自覚 後進性は自覚 言葉において自覚 進歩的勤労者の自覚 権利を以て生きようと自覚 代弁者にすぎないとの自覚にまでは 十分の自覚と 臣民道の自覚に 痛切に自覚 中に自覚 どれだけの自覚から 誇りの自覚 社会的な自覚をも ひとたちは自覚 さより自覚を 品位を自覚 真の自覚は 本人たちが自覚 民主的社会への自覚が 欲求をも自覚 社会的意義の自覚と 内部的変化として自覚 偶然を自覚 一つであるという自覚 当時では自覚 作者の自覚 必要が自覚 必要を自覚 氏神の自覚を 生の自覚を 兵役に対する自覚が 活躍したといふ自覚を 責任の自覚の 地盤が自覚 個の自覚が 自由の自覚が 文化的貧困を自覚 人間性の自覚と 社会矛盾を自覚 責任とを負わされている自覚を 不透明とを自覚 真価以上に自覚 これだけの自覚が 事をまで自覚 境遇を自覚 谷村の自覚の ことをしたという自覚が 一九三〇年代の自覚 是非共細君を呼んで死んでるという自覚を 正確に自覚 此の自覚と ことは自覚 罪の自覚では 男への自覚 判然たる自覚を 詩人としての自覚を 必要とを自覚 頂点の自覚を 実在を自覚 一九〇三年には自覚の 生存を自覚 ほんとうの自覚 現実では自覚 それが自覚 全体として自覚 拒否せられるべきであると自覚 人間たる自覚は 微力という自覚からも 認識を自覚 科学は自覚 理論として自覚 体系として自覚 文化領域が自覚 方言としての自覚を 誠を自覚 かなり力のこみあげを自覚 何の自覚も 人間性の自覚の 漱石の自覚に 力をもっていないという自覚に 手段を自覚 方が自覚 不満を自覚 危険を自覚 ものと自覚 過去の自覚は 結果だけしか自覚 こんにち自覚 反映だけでは足りないと自覚 座談会をみてもこんにち自覚 成熟であるという自覚が 河村さんには見えたろうという自覚 同伴者だと云う自覚が 巫女としての自覚は 考慮に入れて置かねばならぬといふ自覚を 宗教的な自覚を 死を自覚 痛切なる自覚 第一義的に自覚 仕事であると自覚 満足の自覚 道に自覚 其人の自覚によ 山を自覚 悲しみの自覚 美点についての自覚を ような自覚に いた事を自覚 話を聴いているという自覚を 苦痛の自覚だけ 存在しておると云う自覚を 身になったと自覚 臆病と云う自覚は 単純な自覚が 当人達も自覚 勤労者層の自覚と 長距離を走った自覚が 所有者になったという自覚を ものが自覚の 娼婦とに自覚 衛生思想を自覚 不徳を自覚 日本の自覚 無力の自覚から 最大の自覚に対する 社会的責任の自覚とを 人自身それを自覚 百姓議員だという自覚を 謙虚な自覚を 事が自覚 澄明を自覚 裡に自覚 優者であるという自覚が 多量に有っていると自覚 差を自覚 座に堪えないほど自覚 新たな自覚 側の自覚からは 代表しているなどと自覚を 自身が自覚 世界観を自覚 主観的に自覚 文学的だと自覚 ものとして自覚 作者が自覚 私かに自覚 上に自覚 インテリジェンスの自覚としての 常識家と自覚 女であると自覚 狂気を自覚 所以を自覚 意義を自覚 実験としての自覚の ピカソの自覚が 性の自覚と 潜在意識を自覚 天職を自覚 主を自覚 急に自覚 二流人の自覚でしか BrainDiseaseを自覚 就て自覚を 当人が自覚 文化人の自覚とか 人々に自覚 任務を尽してゐると自覚 優越感として自覚 満足を自覚 云ふ自覚が 川島は自覚 油断を自覚 問題だと言う自覚が 観察し自覚 フィヒテの自覚は 観念を自覚 点の自覚が 誤謬を自覚 主観的には自覚 蔵し自覚 制限を自覚 俳優自身が自覚 地位を自覚 意味を自覚 正太は自覚 芸術的無力を自覚 のだという自覚が あたしだけの自覚が 十分日本人であるといふ自覚を 国民の自覚が 邦国たる自覚が 違和を自覚 安価な自覚 謙遜な自覚が 本体を自覚 自ら反省上の自覚を 私が自覚 自ら意識的に自覚 象徴の自覚を 性格について自覚 一の自覚 欠乏を自覚 ために嫌われた自覚を 存在を自覚 乞食の自覚を それに就いての自覚も 意義の自覚に かくの如き自覚をもって 徹底して自覚 婦人の自覚が 権威を自覚 当時は自覚 感情において自覚 人は自覚 髄溶液を自覚 生れを自覚 仕事は出来ないという自覚を 官員たる自覚を 慾情を自覚 ボケた自覚しか 悪人だとは自覚が 責任に当らねばならぬ自覚に 責任者だといふ自覚が 親を自覚 生活の自覚に あれだけ自覚 ざるを自覚 早晩之れを自覚 身分を自覚 必要なりと自覚 之れを自覚 挙ぐるに足らざるを自覚 座を自覚 責任の自覚を 帝国軍人たる自覚と 個人の自覚が 充分の自覚を 充分の自覚と ところを自覚 通りに自覚 衰弱を自覚 個人の自覚によって 表象として自覚として 学的価値をさえ自覚 科学自身は自覚 論理機能を自覚 能く自覚 之を自覚 於て自覚 面が自覚さえ 傾向を自覚という 一般に自覚 人類全体が自覚 東洋人に還つたと自覚 悪癖を自覚 罪という自覚も 歴史的運動の自覚を 併しながら自覚 個人の自覚 性格を自覚 個人が自覚 正当に自覚 道の自覚が 明白には自覚 虚偽として自覚 批判性を自覚 連帯を自覚 天命を自覚 貞操に関する自覚の 自己の自覚 結果とを自覚 おぼろげに自覚 文学という自覚の 老嬢の自覚を 言葉だと自覚 私の自覚を 遊戯であるという自覚 抽象が自覚 明白な自覚の 一般が自覚という 恐怖とを自覚 隅々まで自覚 母親としての自覚を 自分が自覚 日が近づいたと自覚 人間の自覚という 満足の自覚の 明白な自覚を 力に自覚を 公器性を自覚 運命を見届けねばならないという自覚で のだといふ自覚が 中に活きていると云う自覚は 証拠だろうと自覚 六に嫌われていると云う自覚が 宗助は自覚 細君を喜ばせてやった自覚が 仄かに自覚 得意がって自覚 のだという自覚を ような自覚が ものとしての自覚を 血肉をもって自覚 短歌は自覚 普通それを自覚 時は自覚をすら 自分たちに自覚 幸福を自覚 ほんとうの自覚では 因縁の自覚に 法を自覚 仏陀は自覚 道は自覚と 存在だと自覚 子であるという自覚をもって 実力を自覚 日本国民が自覚 社会的感覚の自覚が 構成しているかを自覚 ことによって自覚 明白に自覚 真の自覚が 旅人が自覚 暗黙の自覚を 生の自覚が いのちの自覚が ことに自覚が 位置に就いての自覚が 不利を自覚 権威とを自覚 つたものとの自覚 なかから自覚 はつきりそれと自覚 道義の自覚から 健気な自覚を 罪の自覚に 罪の自覚とは 個の自覚とか ものだと自覚 限界に自覚が 高まりを自覚 ものだという自覚を 建前を自覚 社会的権威を自覚 高水準な自覚の 近代的民主主義の自覚と 兵隊性を自覚 彼女は自覚 罪悪を重ねているとは自覚 領域を自覚 充分な自覚が 傾向を自覚 ジェネレーションの自覚に 観客は自覚 満足に自覚 才能についての自覚を 人間が自覚の のを自覚の エナージーを自覚 意識を自覚 梅野十伍自身は自覚 日本人であるといふ自覚を われわれの自覚から 利益を自覚に 啓蒙活動という自覚の 瀕死を自覚 劇的伝統を自覚 修養も自覚も ように自覚の 十分な自覚と 器量を自覚 ことを自覚も 存在物として自覚 悲痛の自覚を 蠕動をもって自覚の 心に自覚の 人間の自覚の ことを語っているという自覚を 自分自身を自覚 力をも自覚 駒井が自覚 今まで自覚 みんなが惜しんでいるという自覚が 無茶を自覚 大衆の自覚と ものであるという自覚 可能の自覚の 敗北を自覚 責任の自覚や 位置を自覚 ものとは自覚 独立する自覚と 個人の自覚と 喪失したと自覚 確乎たる自覚を 使命とを自覚 転機を自覚 無能を自覚 努力を自覚 鴎外自身は自覚 技術として自覚 明瞭な自覚の 禅師が自覚 一種の自覚の ことの自覚と 明かな自覚を つた心で自覚 監視を自覚 民主的な自覚が 婦人のもたなければならない自覚を 困難性を自覚 部分には自覚 飽喫から得た自覚を 冷静に自覚 移民の自覚を 力を自覚 ものが自覚 一般的危機の自覚の それは自覚の 弁証法を自覚や 所有し自覚 のか自覚 自らを自覚 イデオロギーとして自覚 イデオロギー性の自覚と 不自由として自覚 安全を自覚 のだと云う自覚が 近代的個性の自覚の 一つの自覚から 選まれたという自覚を 能力を自覚 人の自覚 文化主義の自覚を 努力に自覚を 封建的伝統と自覚 私たちに対して自覚を 個人各自の自覚の 点に自覚 理想について自覚が 生活理想に自覚を 恋をしていると自覚 ことも自覚 二流だと自覚 会員の自覚まで ジャーナリズムの自覚など 社会的意義を自覚 失望を自覚 原罪の自覚などに関する 自ら大罪を自覚 蒙昧を自覚 原罪を自覚 心を自覚 罪人たるを自覚 内部反抗を自覚 戯作者の自覚が 思想を自覚 戯作者の自覚も さの自覚によ 戯作者の自覚と 大阪の自覚の 思想性の自覚と 本人が自覚 区分の自覚も 環境を自覚 ものであるという自覚に モメントさえ自覚 ものの自覚において 本質の自覚が 精神の自覚の 牝を自覚 単純に自覚 綜合的に自覚 仕方で自覚 必然性を自覚 自己同一性として自覚 自己同一性を自覚 存在上直接に自覚 直接的同一性を自覚 自己同一性の自覚の 同一性を自覚 具さに自覚 主観や自覚の 論理を自覚 表現形式に対する自覚が 微かな自覚と 事として自覚 悪化を自覚 母たるの自覚を 意としない自覚が 病状を自覚 死の自覚を 僕は死ぬという自覚で 国主という自覚も 作者も自覚 情熱と自覚とは 芸術上の自覚としての 表現について自覚 鮮やかに自覚 女に自覚 明瞭に自覚さえ 生活上の自覚を 弟との自覚 職業としての自覚を 作家として自覚 社会生活への自覚に 両面から自覚 ものの自覚に 目的を自覚 うちに自覚 理解が自覚 人たちの自覚を 面だけを自覚 成熟感が自覚 風に自覚 効力を自覚 文学を自覚 近代人としての自覚の ことを自覚さえ 経済的な自覚を 女の自覚とも 女の自覚を 社会的な自覚が 生活のおくれを自覚 姿として自覚 意義などを自覚 血筋の自覚が 社会人としての自覚を 社会人としての自覚の 価値をもっているかを自覚 個人個人に自覚 心内の自覚を 夫としての自覚では 区別さえも自覚 彼自身も自覚 歌人としての自覚を 者同様の自覚に 使命の自覚を 死期を自覚 母親は自覚 労働者の自覚が 権利の自覚に 厳粛に自覚 推進力として自覚 国家的任務を自覚 本質を自覚 教学としての自覚が 障碍とさへ自覚 生命の自覚を 私は生きてゐる自覚を 生命の自覚に 自分で自覚 道をつけつつ進み得たという自覚が 自我とか自覚とか 女子の自覚とは 貞操を守ろうとする自覚は 誠実に自覚 場合には自覚 霊長であるといふ自覚を 幸福とも自覚 からだの自覚から 人に自覚 知識人たる自覚を 民主的要求が自覚 すべての自覚 消息を自覚 言ふ自覚を 境涯を自覚 当を得たるを自覚 急速に自覚 不安をもって自覚 ピオニェールや自覚 天職と自覚 子という自覚から 破綻を自覚の 大に悟つたと自覚 信念と自覚によ 立場だといふ自覚が 原理を自覚 いた事も自覚 彼女が自覚 仏陀の自覚に 全体生命の自覚に トモは自覚 ホミは自覚 呼吸を自覚 険悪であるかを自覚 ものに自覚が 魂を自覚 潜伏者を自覚 経過を自覚 境遇とを自覚 実感であると自覚 急に崩したと云う自覚は 変化する自覚の 堕落したと自覚 女も自覚 恋を自覚 社会への自覚という 明確に自覚 昏酔を自覚 夢として自覚 行為としてしか自覚 夢と自覚 私の自覚 可能性を自覚 階級的活動と自覚と それまでは自覚 ような自覚を 新たな自覚への 革命的大衆の自覚に 当代同胞としての自覚が 成長で自覚 生長も自覚 罪の自覚の 才能を自覚 ことの自覚を ちがいとして自覚 義務の自覚による 責任は自覚 期がせまったと自覚 人間の有する自覚が 作家に自覚 意図は自覚 広汎に自覚 問題として自覚 存在価値を自覚 通用性を自覚 間で自覚 欲求を自覚 無力を自覚 容貌を自覚 子の自覚と 革命的任務の自覚が 女給の自覚が 訪問記者であるという自覚を 生活刷新に対する自覚と 変調を自覚 誇りを自覚 男子に対する自覚が 忍耐を自覚 内在的原因を自覚 魂の自覚に 均衡をとり戻した自覚が 押しの自覚が 下向として自覚 努力が自覚 分泌が自覚 可能が自覚 苦痛に自覚 限界性が自覚 痛みの自覚にも 創作態度を自覚 なつた自覚に 対処するだけの自覚が 自主的な自覚が 本当の自覚が やつぱり自主的な自覚が 自主的な自覚の 屈服せしめるだけの自覚が 伝統の自覚によ 婦人は自覚が 使命の自覚の 夫婦愛が自覚 方法との自覚の ような自覚も われらの自覚の 此研究や自覚は 重荷として自覚 目標を自覚 国民的な自覚の 我在りと自覚 貧困の自覚を 歴史的特質と自覚 者としての自覚から 勘と自覚 人間性の自覚 万人各自の自覚を 衝動を自覚 並並の自覚と 生活では自覚 源泉的相異の自覚が 任務の自覚に 作家の自覚を 文学の自覚を 一人として自覚 作家であるという自覚を 虎蔵も自覚 ものの自覚が それも自覚 眠から醒めたという自覚さえ 尋常の自覚の 何事が起りつつあるかを自覚 免かれたと自覚 文化伝統に対する自覚 ものであるかを自覚 基をなす自覚が 個人の自覚も 明白な自覚こそが 社会的責任を自覚 自主的文化財として自覚 きりした自覚を やつぱりその必要を自覚 客観的には自覚 教育者の自覚としては 今になって始めて自覚 苦戦を自覚 真実に自覚 事すら自覚 所謂科学性の自覚の 方法的に自覚 方法を自覚 バレンチノを自覚 勝利を自覚 のだと自覚 主語を自覚さえ 本質的な自覚で 十分の自覚を 持ち味を自覚 ものを感じると自覚 渇望をも自覚 気持を自覚 くせそれを自覚 無理なるを自覚 彼自身にはつきりと自覚 行員が自覚を しんから自覚 可憐さを自覚 解放とか自覚とかいふ 予の自覚 偉大な自覚 民衆の自覚を イギリス人たる誇の自覚から 会員の自覚と 各人の自覚によって それぐらいの自覚も 貧困を自覚 誠実な自覚が 人間の自覚が 人間を自覚 社会人として自覚 作家が自覚 秘密を自覚 突発的に自覚 文学上の自覚としての 美の自覚 頃から自覚 感情を自覚 余計者の自覚により 区別されて自覚 展開の自覚 使命の自覚などと 自己の自覚を デカルトが試みた如く自覚から 方法は自覚 アウグスチヌスの自覚の 人格的に自覚 科学的自己の自覚の 我々の自覚は 自己の自覚が 我々の自覚の 超越我の自覚に 自己の自覚の 新なる自覚の 意志的自己の自覚の 歴史的行為的自己の自覚の 我々は自覚 身心一如的自己の自覚の 悲劇を自覚 使命についての自覚が 重の自覚を 重の自覚 不愉快な自覚 ものであると云う自覚によるばかり ような自覚についての 変な自覚に 徹底的に自覚 哲学的に自覚 自立性を自覚 理性の自覚に 個人の自覚に 主体とか自覚とかの 自己を知るという自覚の ところに自覚の 根拠を自覚 現実を自覚 主体的に自覚 主体的な自覚 経験の自覚 先験的な自覚に 絶対的真理があるとの自覚が 主体性の自覚において 停滞を自覚 話題が自覚 認識論としての自覚に 欠陥を自覚 犠牲を自覚 各々に自覚を ゆたかさを自覚 幸福の自覚が 瞬間の自覚を 命の自覚の 真情が自覚 かたでは達しられないという自覚に 大切さを自覚 深刻とは自覚 性格への自覚と 意義の自覚を 偉大さを自覚 方へ動きつつ自覚としては 女が自覚 発展した自覚 習癖を自覚 其を自覚 生活内容の自覚との 点が自覚 インド人が自覚 推進させてゆく自覚 階級を自覚 小角が自覚 実状を自覚 当人に自覚が 瓦斯中毒になっているという自覚が 失敗を自覚 彼らの自覚 教育家たちの自覚を 態度を自覚 卒業したという自覚が 敵でないと自覚 時だけは恐るるに足りないという自覚を ような自覚 女性によって自覚 特権を自覚 領域なりを自覚 彼女を自覚 政府主義者としての自覚を 婦人の自覚を 皆んなが自覚 世間的に自覚 積極性も自覚 満足は自覚 誠実を以てしても自覚 科学的な自覚の 建前として自覚 体験によって自覚 あれだけの自覚と 独立を自覚 愉快なる自覚を 人間性の自覚によって 一人一人国民としての自覚が 豊富さについての自覚から 非凡さについての自覚が 十分な自覚の 尖端を自覚 人間の自覚を 只一遍も自覚 さが目立って自覚 重大さにおいて自覚 短所を自覚 観念の自覚の 内部の自覚と 内部の自覚とを さの自覚さえ 妙な自覚を 機の自覚を 機とは自覚 人間性の自覚は 歴史の自覚と 現在に自覚 これに処すべきかという自覚が 全体を自覚 末法であるという自覚が 現実の自覚の 現実の自覚における 時代を自覚 時代において自覚 末法の自覚は 正法時の自覚を 歴史観に基づく自覚が 罪の自覚において 悪人として自覚 凡愚として自覚 末法の自覚と 罪の自覚は 救済の自覚 意図も自覚も 深刻な自覚が 無力に対する自覚は 兆候の自覚が 後進子弟の自覚を プロレタリアートの自覚 半ば敗勢を自覚 よく自覚 もう自覚 新しく自覚 その自覚 篤い自覚 はっきり自覚 まるで自覚 まったく自覚 こういう自覚 この自覚 充分自覚 どんなに自覚 益々自覚 再び自覚 深く自覚 どうしても自覚 一度自覚 最も自覚 力強い自覚 新しい自覚 いわゆる自覚 先ず自覚 恐らく自覚 もっと自覚 あまり自覚 未だに自覚 すでに自覚 ハッキリ自覚 特に自覚 大いに自覚 いかなる自覚 深い自覚 痛ましい自覚 正しき自覚 全然自覚 真に自覚 なつかしく自覚 どうして自覚 どう自覚 若い自覚 一々自覚 寂しい自覚 苦しい自覚 まだ自覚 始めて自覚 そんな自覚 何らかの自覚 淡い自覚 漸く自覚 切に自覚 いたましい自覚 そう自覚 今や自覚 折角自覚 こう自覚 決して自覚 うすうす自覚 愈々自覚 ほんとに自覚 如何なる自覚 本当に自覚 しっかり自覚 それだけ自覚 初めて自覚 到底自覚 遂に自覚 折々自覚 ようやく自覚 予め自覚 こうした自覚 早く自覚 未だ自覚 そういう自覚 逸早く自覚 必ずしも自覚 ほとんど自覚 根強い自覚 全く自覚 ある自覚 強い自覚 常に自覚 つよく自覚 わが自覚 より自覚 正しい自覚 実に自覚 ふかく自覚 なぜ自覚 たやすく自覚 ちっとも自覚 ちゃんと自覚 夙に自覚 まして自覚 たしかに自覚 激しく自覚 てんで自覚 既に自覚 次第に自覚 大きな自覚 一層自覚 もし自覚 とうから自覚 小さな自覚 鋭く自覚 きわめて自覚 まず自覚 自覚的 はつきり自覚 此自覚 社会的自覚 国民的自覚 個人的自覚 社会自覚 社会主義的自覚 人間的自覚 自覚症 十人自覚 自覚性 文化的自覚 民族的自覚 自覚的無自覚 まま自覚 自覚復興 自覚ぢ 自覚症状 十分自覚 自覚的体系 国家的自覚 世界的自覚 つて自覚的 自覚上気 文明史的自覚 宗教的自覚 民族的自覚心 自覚前 政治的自覚 階級的自覚 自覚以上 充分自覚 大分国民的自覚 充分自覚的 何等自覚的 自覚的存在 自覚的一般者 自覚的限定 自覚的論理 インテリ自覚者 自覚派 民主的自覚 言つた自覚 づまりの自覚 自覚ゆえ シミジミ自覚 経済的自覚 職業的自覚 自覚的献身 自覚的行為 人格的自覚 判然自覚 ざる自覚 肉体的自覚 自覚上 自覚反省 完成スルハ君ガ天ト人トヨリ賦与サレタル天職ナルヲ自覚サレヨ 自覚心 意識的自覚 人たち自身自覚 自覚的努力 自覚能力 イコトヲ自覚シテヰル人間 自覚自重 差別者自覚自重 能力自覚説 自ら自覚 自覚者 一瞬自覚 自覚努力 一自覚 自覚妙諦 最初此自覚 反省的自覚 自覚的実践 自覚的謙譲 自覚時代 歴史的自覚 自立自覚 自覚自信 作家的自覚 市民的自覚 自覚後曙覧 つまり自覚以前 人間嫌ひと自覚 自覚内省 的自覚 多く自覚 いふ自覚 幾つ自覚 優越的自覚 半分自覚 十分の自覚 やつぱり自覚 自覚みたい 自覚感情 自覚自責 自身自覚 所謂自覚 自覚的自己 絶対否定的自覚 懐疑的自覚 否定的自覚 自覚的分析 自覚的原理 自然的自覚 否定自覚 知的自覚的自己 自己否定的自覚 自覚的独立性 自覚的直観 自覚存在 情意的自覚 場所的自覚 主体的自覚 道徳的自覚 反省的自覚的 自覚生活 階級的自覚者 自主的自覚 自覚シナイカラツマラナイ 自覚発奮 宗教的自覚状態 徹底自覚 原始歴史的自覚 性的自覚 前後の言葉をピックアップ 動詞をランダムでピックアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 形容詞をランダムでピックアップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・. でも理解出来ない人に出会えば、その原因を探りたくなるのが人というものなんですよね。 社会人になりたがらない、大人になりきれない大人たち。

>

自覚を持つとはどういうこと?社会人なら気をつけるべき!

そして、10年は社会に出られずに苦しんでいたのです。 「自覚的運動強度」の意味 二つ目の「自覚的運動強度」とは、自身が行なっている運動がどのくらいきつく感じるかを自覚しながら運動の強さを推定する方法を意味する言葉です。 でも社会人になったら、自己管理や健康管理は、全て自分の責任の上で行わなければなりません。 働くうえで、とても大切なことですよね。 皆さんも自分自身を振り返りながら、社会人が持つべき自覚について、一緒に考えてみませんか? 「自覚」を持つことは社会人のルール 先ほどもお話したように、「自覚」を持つことは社会人としてのルール。 でも成長する中で、自分に責任を持つことを学んでいるはずなのです。

>

自覚の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「寒さをおぼえる」といった場合は、感覚の意味になりますよね! 覚を使った言葉にはほかに、「覚悟・覚醒・発覚・不覚」なども挙げられます。 社会人って、いつから? 子供のころは許されるけど、社会人になれば自覚を持つのがルール。 自分自身の状態や置かれている立場、能力や価値を認識すること。 しばしば「責任をわきまえる」なんて言い方がされますよね。 人は名前を背負い、社会人としての立場を背負い、会社の肩書きを背負い…大人としての責任を背負って生きています。 一見プライドが高くて大人として成熟しているように思えるのに、実は内心傷つきやすくて臆病者。 姉に自立してもらうのが父の願いでしたが、その基準はやはり就職して安定収入を得ることでした。

>

【自負】と【自覚】と【自信】の意味の違いと使い方の例文

筆者は…社会人としての自覚はあるけど、責任を果たせていない。 自分で捉える自分と、社会で求められるものにはギャップがあるかもしれません。 部長として、職責を全うしたまでです。 探しだす• そのため、自負は自分の能力を頼りにするといった言葉になります。 自分で自分を支えられるようになって初めて、自立したと言えるのだと思います。 ついに昇進をすることが出来、職責を果たすためにより尽力したい。 多義的な漢字ですが、「自覚」においては 「みずから、自分ひとりで」という意味で用いられています。

>

「自覚が無い」の意味とは!類語や言い換え

部長の職責、課長の職責、など役職ごとの職責がひと目で分かるようになっています。 「職責」の意味は「職務上の責任」 「職責」の意味は「職務上の責任」です。 先日も、市役所の税務課職員による横領が発覚した事件がありました。 自分で立っていられる。 飲酒運転ほどのあきらかな悪質さは無いにしても、やはり自覚が出来ていないと言えますよね。 「かける」の漢字は「賭ける」です。

>

わきまえるの類語・言い換え

「自覚症状」の意味 一つ目の「自覚症状」とは、患者自身が感じる病気の症状を意味する言葉で、生活していく上で大きな変化はないものの、痛み、苦しみ、倦怠感などを指します。 最後までやり終えること」です。 もちろん平社員の方々が行う職務にも責任はありますが、部下の責任を上司が取るように「職責」は役職のある人たちに使うことが多くなっています。 さぐり当てる• 社会人の自覚には、「他人へ迷惑をかけないこと」もありましたよね。 私たちは普通、この社会のルールを、成長していく中で自然と身につけていくものです。

>