大塚屋 市ヶ谷。 大塚屋

「大塚屋」で「辛味噌ラーメン(750円)」

列には、学生さんばかり。 わりと激辛ラバーなすすり子ですが、この辛味噌ラーメンはなぜだか刺激増ししたくならない。 有名ラーメン店のラーメンを食べたいけど忙しくてなかなか並べない、食べに行きたいけど遠くて気軽には食べられないという方!あっさり・こってり、太麺・細麺、とんこつ・魚介、醤油・塩・味噌、など様々な種類のラーメンからお好きな味のラーメンをお選び頂けます。 赤みがかった味噌スープの上には、スープと一緒に炒めたもやし、コロチャー、ネギ、味玉がトッピングされています。 スタンプカードは提示するだけでも味玉が無料サービスで付いてきます。

>

『超ドロッドロ!行列必至の濃厚辛味噌ラーメン』by ゆきまど : 大塚屋 (【旧店名】麺処 くるり 市ヶ谷店)

日曜定休。 白髪ネギ、チャーシュー、おろしショウガがトッピングされた 辛味噌ラーメンは、ドロリ濃厚スープが麺に絡んで美味しいです。 営業時間は、11時~15時30分、17時~21時。 なかなか、減らない。 麺は太目で噛みごたえが充分なので存在感があり、スープに負けていない。 というわけで、みなさんに一度はすすってほしい、すすり子のラブなタイプの「濃厚」をご紹介します。

>

大塚屋

スタンプ10個でラーメン一杯無料!そしてカードの提示で必ずあのうんめえ半熟卵がもらえます。 引用: *この画像は特に関係ありません。 具は、白髪ネギ、炒めもやし・ニラ・玉ねぎ・刻みニンニク、チャーシュー。 ここだけで地道にやっていく。 2015年9月4日の再開店以降は、辛味噌ラーメンの専門店として営業。 スープがドロドロなので、ご覧のようにどこを食べてもしっかりとこの辛旨いを体験することができますよ。 このもやしはまるでナムルのような濃厚な味わい。

>

写真 : 大塚屋 (【旧店名】麺処 くるり 市ヶ谷店)

調理工程から分かる濃厚さに自然と期待が膨らみます。 辛いのが苦手なので、どうかな?と思っていたが辛さは強くない。 尊さが止まらない。 チャーシューはブロック肉のため食感が新鮮。 体が温まりそうじゃ。 主なメニューは、辛味噌ラーメン750円、辛味噌つけそば800円、豚味噌丼250円、他。 店内は、L字型カウンター6席。

>

【大塚屋】市ヶ谷(飯田橋)でお口に優しいマグマを食べよう!いや嘘です、絶品辛味噌ラーメンを食べよう。|ぶらりぼっち日和

外観 大勝軒を目指して独学で習得したという研究家。 蔵前駅より徒歩4分。 「」が屋号を変え辛味噌ラーメン専門店としてオープン。 しまった。 この「辛い!」も、いわゆる激辛店のアホみたいなからさではなく、ウマ辛いを味わうのに十分な程度の辛さ。 このようにメニューが二種類だけなんですね。 そして新たに別のラーメンを開店しようということで生まれたのがこの「 大塚屋」です。

>

『◎辛味噌ラーメン【大塚屋@東京都新宿区・市ヶ谷】』by Tamagooo : 大塚屋 (【旧店名】麺処 くるり 市ヶ谷店)

800円でこの満腹感はコスパ最強です。 「味も含めて、いろいろな意味で初心に帰ろうと思った。 具は「もやし・にら・白髪ねぎ・鶏肉」。 しかしこのドロドロがすぐさま「旨い!」を運び込んできます。 ヌフフフフ。 今後は店舗を増やす考えは全くないとし、「全てを自分で担当するには限界がある。

>