国家 公務員 法 改正 案。 超難解な〈検察庁法改正法案〉の条文を分かりやすく読み解く【訂正あり】(園田寿)

総務省|国会提出法案

【185 KB】• 【92 KB】• 裏を返せば、地方公務員も国家公務員と同じタイミングで定年延長を開始させるためには、 本国会で成立させないと、時間が足りないわけです。 【122 KB】• 関係者によると、定年の引き上げペースは2年に1歳ずつとする案と、3年に1歳ずつとする案があり、与党の意見などを踏まえ、最終的に判断する。 【230 KB】• 定年延長が開始されるのはあくまで「年度」ですから、生年月日が1月、2月、3月の早生まれの人は、少しややこしいことになります。 【233 KB】• 確かに、今年1月の黒川氏の任期延長は、「検察官には国家公務員法の適用はない」としてきた検察庁法施行以来の政府の立場を、閣議決定だけで解釈変更してしまったのですから、いくら政府が今回の法改正で「検事も行政官なのだから、一般法である国家公務員法が適用されるのは当然」と主張しても、やはりちょっと無理があると思います。 公務員の定年を延長するためには、国家公務員法などの関連法を改正する必要があります。 【566 KB】 (所管課室名) 情報流通行政局情報流通振興課 平成28年2月12日 国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律及び公職選挙法の一部を改正する法律案• 【143 KB】• この点について議論するならば、別の2つの大きな問題点についても議論すべきなのです。

>

公務員の定年延長【早見表】何年生まれから退職金や給料が段階的に減るの?

【351 KB】• ) まず、検察官の定年は、現行よりも2歳引き上げられて一律 65歳になります(22条1項)。 【134 KB】• 1 前条第1項の規定により退職すべきこととなる職員の職務の遂行上の特別の事情を勘案して、当該職員の退職により公務の運営に著しい支障が生ずると認められる事由として 人事院規則で 内閣が定める事由 2 前条第1項の規定により退職すべきこととなる職員の職務の特殊性を勘案して、当該職員の退職により、当該職員が占める官職の欠員の補充が困難となることにより公務の運営に著しい支障が生ずると認められる事由として人事院規則で定める事由 2 任命権者は、 前項の 前項本文の期限又はこの項の規定により延長された期限が到来する場合において、 前項各号 前項第1号に掲げる事由が引き続きあると認めるときは、 人事院の承認を得て 内閣の定めるところにより、これらの期限の翌日から起算して1年を超えない範囲内で期限を延長することができる。 1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。 【59 KB】• 【22 KB】• 【47 KB】• 【182 KB】• 【112 KB】• 【309 KB】• ただただ働き損といいますか。 あくまで努力義務と言い張るでしょうが、「自由という名の強制」の典型的な例です。 【46 KB】• まとめ 60歳が定年退職の年齢だったわけですが、2030年度には確実に5年延長され65歳になります。

>

国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げ 役職定年制も導入(国家公務員法等の改正法案を国会に提出)

国家公務員法などの改正案について、来年の通常国会への提出を目指す。 【155 KB】• つまり、 遅くとも2022年度からは、公務員が実力で評価されるということです。 両改正案は、先の通常国会に「束ね法案」として提出された。 これからは公務員の世界が実力主義に変わる? 公務員の世界は、すべて「年功序列」です。 この改正法案は、平均寿命の伸長や少子高齢化の進展を踏まえ、知識、技術、経験等が豊富な高齢期の職員を最大限に活用するため、次のような改正を行おうとするものです。

>

公務員の定年延長、22年度から 来年通常国会に法案提出―政府検討:時事ドットコム

この事件があってから出てきた検察庁法改正法案は、定年引き上げと役職定年制だけではなく、内閣の判断による定年延長と役職延長を認めるというものでした。 そして、とくに検事総長と次長検事、それに検事長は、内閣に任命あるいは罷(ひ)免する権限があり、天皇が認証(正当な手続きによったものだと確認すること)することとなっています。 【192 KB】 (所管課室名) 自治財政局交付税課 平成30年2月6日 地方税法等の一部を改正する法律案• 【253 KB】• 給料は現役時代の7割となり、退職金にいたっては不透明な状況。 【308 KB】 (所管課室名) 自治税務局市町村税課 平成31年2月8日 特別法人事業税及び特別法人事業譲与税に関する法律案• 1961年度生まれの方は、2021年度に60歳で定年退職• 【363 KB】• 5年あれば退職金が減った分は十分に取り戻せる計算です。 【518 KB】 (所管課室名) 総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課 令和2年2月28日 電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律案• 【34 KB】• 60歳に達した局長などの管理職を下位のポストに移す「役職定年制」の導入 給料の減額やポストの降格は当然で、定年が延長されるということは総人件費が増加しますから、これを抑制するためには必要なわけです。 【126 KB】• 【333 KB】 (所管課室名) 総合通信基盤局電波部電波政策課 令和2年2月4日 市町村の合併の特例に関する法律の一部を改正する法律案• 内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。

>

検察庁法改正案 政府・与党が再提出見送りへ

【327 KB】• 【253 KB】• 【2037 KB】• 給料や手当もそうですよね。 。 【214 KB】• 【551 KB】• 【296 KB】• 【539 KB】 (所管課室名) 総合通信基盤局電波部電波政策課 平成29年2月7日 地方交付税法等の一部を改正する法律案• さらには、検察庁法改正が溶け込んでいる国家公務員法改正については、ある意味で検察庁法改正以上に問題があるにもかかわらず、与野党共に意図的に国会でもまともに議論していないし、メディアもしっかりと報道していないからです。 Contents• 【125 KB】• (その他の経過措置の政令への委任) 第三条 前条に規定するもののほか、この法律の施行に関し必要となる経過措置は、政令で定める。 国家公務員の定年延長スケジュール 国家公務員の定年が2022年度から2年ごとに1歳ずつ延長されることを盛り込んだ国家公務員法改正案が審議に入りました。

>

公務員の定年延長、22年度から 来年通常国会に法案提出―政府検討:時事ドットコム

(もちろん60歳から受け取ることは可能ですが、受給額が大幅に削減されてしまいます) 5年の無給区間を埋めるために嘱託職員として、再任用職員として、65歳まで働いているのです。 【62 KB】• 【192 KB】 (所管課室名) 自治行政局市町村課 令和2年2月4日 地方交付税法等の一部を改正する法律案• 【179 KB】• 【347 KB】• 来年の通常国会に提出する場合、年度内は予算案の審議などがあり、成立は20年度になる可能性が高い。 【46 KB】• 【559 KB】• 第二〇一回 参第二二号 国家公務員法の一部を改正する法律案 国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)の一部を次のように改正する。 仮に、給与と同様に、退職金も7割程度とするとなれば、 退職金は、 退職する段階の給与月額に応じて決定しますから、このままでは単純に3割減となってしまいます。 【372 KB】• 【346 KB】• 【454 KB】• 【809 KB】• もちろん、交渉(ゴネる)ことは可能です(住居手当や休暇の制度は国や地方でバラバラですよね) しかし、定年延長はゴネる要素がありません。 ただ、次期国会以降に再提出されたとしても、 当初想定していたスケジュールはずれ込む見通しですね。

>

●国家公務員法の一部を改正する法律案

【144 KB】 (所管課室名) 情報流通行政局郵政行政部郵便課 平成27年3月3日 株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構法案• あと1年、、、というはざまの年齢にいた人はある意味ラッキーかもしれません。 であれば、65歳で定年延長となっても、70歳まで働く未来はもうそこまできています(年金も70歳から支給になることも確実でしょう・・・)。 【356 KB】• 改正法案の条文がかなり複雑で難解なものになっており、一般国民も一読しただけではその内容が明確に把握できないことも議論が混乱している一因ではないかと思われます。 。 法律案理由()• 今年の2月8日が誕生日で、その日に退職する予定であった黒川検事長は、定年が半年延びました。 【512 KB】 (所管課室名) 総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課 令和2年2月7日 電波法の一部を改正する法律案• 【368 KB】• 【246 KB】• 特に今の20代から30代の世代は要注意です。 当初は次期国会へ継続審議として仕切り直す方針だったが、自民党内から「公務員だけ定年延長されていいのか」(世耕弘成参院幹事長)などと再考を求める声が上がり、安倍晋三首相も廃案の判断に傾いた。

>